「お金が貯まらない!」と嘆く人の損な5つの習慣 習慣を見直さないと損をし続ける!?

f:id:kanifkdlljdl:20180913103304j:plain

 

お金が貯まらないと嘆いている人いませんか?

 

いつも給料日前にお金がほとんどなくなり、生活が厳しくなる人いませんか?

 

それ生活習慣に問題があるからかもしれませんよ。

 

今回は金銭的に損をする習慣を紹介します。

 

それを知れば、あなたの金欠症や嘆きが解決するかもしれません。

 

金欠症や嘆きを解決したい方はぜひこの記事のつづきをお読みください。

 

きっと参考になると思います。

 

「お金が貯まらない!」と嘆く人の損な習慣とは?

損な習慣1、現金払い

「クレジットカードなんて信じられない。現金払いが安心」

 

と、思っている人いませんか?

 

そう思っているから現金払いをずっと続けている人いませんか?

 

いますよね。

 

その習慣、損をしてますよ。

 

クレジットカードで支払いをするとポイントがつきます。

 

楽天カードだと商品を購入すると1%のポイントがつきます。1000円の商品を購入すると10ポイントゲットできます。

 

10ポイントは10円です。

 

つまり1ポイント=1円ということです。

 

このポイントが買い物をするたびにこのポイントがもらえるんです。

 

14800円分の買い物をすれば148ポイントもらえるんです。148円もらうことができるんです。ただクレジットカードで買い物をしただけで148円もらうことができるんです。

 

クレジットで買うたびにポイントをもらうことができるんです。

 

素敵だと思いませんか?

 

1回1回の買い物でのポイントは大した金額にはなりませんが、カード購入を続ければチリも積もれば山となるでどんどんポイントが貯まっていきます。

 

1ヵ月トータルで10万円の買い物を楽天カードですれば、1000ポイントもらうことができます。

 

12ヶ月間、月10万円の買い物を続ければ12000ポイントもらうことができます。

 

1年で12000ポイント。つまり12000円分のポイントをゲットすることができるんです。

 

まさにチリも積もれば山となるです。

 

12000円ものポイントがあれば、美味しいものも食べられるし、大切な人にプレゼントを買ってあげることができるし、読書家なら好きな本を10冊くらい購入することができます。

 

すごいと思いませんか?

 

ただクレジットカードを使っているだけでそんなすごいことが起きてしまうんです。

 

まるで錬金術のようです。

 

カードの年間費は、無料のものがたくさんあります。つまり、無料でカード所有者になることができて、無料で所有し続けることができるということです。

 

ポイントという錬金術があるカードを無料で所有し続けることができて、無料で使い続けることができるんです。

 

無料で・・・素敵な言葉だと思いませんか?

 

カードを使えばこの無料を実感できるし、ポイントという錬金術も実感できますし、得したという感覚も実感できるし、このポイントで何を買おうという感覚も実感できます。

 

そのすべてを実感したくありませんか?

 

実感したい人はカード登録するだけでその実感を体験することができます。

 

僕のおすすめするクレジットカードは楽天カードです。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180913085834p:plain

 

楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると特別ポイントがつく場合があります。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180913084930j:plain

 

ポイント5倍です。通常100ポイントが貰える買い物をした場合、その5倍の500ポイントを貰うことができるということです。

 

仮に10万円の商品を購入した場合、通常では1000ポイントです。でも5倍デーのときに購入すれば5000ポイントです。

 

つまり5000円分のポイントが1回の買い物でゲットできるということです。

 

すごいと思いませんか?

 

楽天カードには特別ポイントがつくイベントが多いのですごくお得なんです。

 

楽天市場をよく利用する方はぜったい楽天カードを使ったほうがお得です。

 

楽天カードをお持ちでない方はぜひ楽天カードを所有してみてください。

 

きっとお得な生活を実感できますよ。

 

楽天カードの登録はこちらからどうぞ!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

カードを使って、ポイントを貯めて、お得な生活をしましょう♪

 

損な習慣2、レシートをすぐ捨てる

f:id:kanifkdlljdl:20180913092357j:plain

 

レシートを受け取って、すぐにゴミ箱に捨てる人。

 

それ損してますよ。

 

レシートは自分が何を買ったか?どれだけお金を使ったが記載されている紙です。

 

お金を貯めたいなら『自分が何を買い、どれだけお金を使ったか』を把握することは大事なことです。

 

それを把握することができれば、無駄を省くことができるようになるからです。

 

自分の買ったもの・使った金額を把握しないということは、反省をしないということでもあります。

 

反省をしなければ人は成長することはできません。

 

反省をするから人は成長することができるんです。

 

自分の買ったもの・使った金額を把握しない人はその成長に必要な反省をしていないということになるんです。

 

それでは浪費癖は治らないし、金欠症も治りません。

 

万年金欠症に悩みたくないのならば、レシートはしっかりと所持して、反省材料にしましょう。

 

それを習慣化すればきっとお金が貯まるようになります。

 

反省なくして成長なし!

 

レシートなくして節約なし!

 

そう認識してください。

 

そして家計簿をつける習慣も身につけてください。レシートによって得た情報を家計簿にまとめる習慣をつければ、自分のことをより理解することができます。

 

損な習慣3、光熱費や携帯代など「口座引き落とし」にしている

携帯電話料金、電気料金、ガス料金などを口座引き落としにしている人いませんか?

 

現金払い至上主義の人は口座引き落としの人が圧倒的に多いと思います。

 

口座引き落としの人はクレジットカード引き落としの人より確実に損をしています。

 

なぜそう断言できるのか?

 

それはクレジットカード引き落としの人はポイントがつくからです。

 

楽天カードを使えばポイントがつくと先に述べました。

 

このポイントシステムは公共料金や携帯料金にも適用されるんです。

 

たとえばスマホ使用料金に5000円使っている人は、楽天カードで支払いすれば50ポイント貰うことができます。年間トータルで600ポイント貰うことができます。

 

1年間でコンビ二弁当一個買うことができるポイントをゲットすることができるということです。

 

ショボイ!と思った人は節約精神のない人です。

 

節約精神のある人は『なるほど年間600円も得できるのか』とポジティブに考えます。そのポジティブさが次の節約に繋がっていきます。

 

逆にショボイ!と批判した人はそのあとも節約精神は身につかず、浪費ばかりを繰り返すリスクが高くなります。

 

リスクが高くなれば当然、そのリスクが現実になることが多くなります。つまり、浪費してしまうことが多くなるということです。

 

そんな人生を送っているのにお金が貯まらないと嘆いている人は自分の状況や行動の意味をまったく理解していないということになります。

 

前述したとおり節約するには反省力が必要です。

 

ショボイ!と言っている人にはその反省力が欠けています。だから自分の状況も行動の意味も理解できないのです。

 

そんな状態では浪費をしてしまうのは当然です。

 

浪費をしないためにもショボイ!と思っている金額をゲットする努力をしてみましょう。

 

それを繰り返していればその行動が習慣化され、当たり前のようにできるようになります。

 

そうなればお金を貯めることができると思います。

 

 小額でも馬鹿にしないでゲットする努力をする

 

これはお金を貯めるには大事な考え方です。

 

 よくお金はたくさん使ったほうが得できると言っている人がいます。あんなのです。お金をたくさん使えば浪費癖がつくだけです。お金持ちなら浪費癖があっても問題ないと思いますが、一般人に浪費癖がつけば悲惨な人生を送るリスクが高くなります。

 

ギャンブル依存症になったり、買い物依存症になったり、車を何度も買い替えたり、グランドもの狂いになったりするリスクが高くなります。実際、浪費が原因で悲惨な人生を送った人が何人もいます。実際に今現在悲惨な人生を送っている人も何人もいます。

 

そうならないためにも浪費癖はつけないほうがいいんです。節約精神をつけたほうがいいんです。

 

損な習慣4、 特売品を見るとつい買ってしまう

「今だけ半額」「3日間だけ3割引」「100名様限定商品」

 

という言葉を見るとつい買ってしまう人いますよね。

 

そういう人は損をする可能性が高いです。

 

必要のない特売品まで買ってしまう可能性が高いからです。

 

その可能性が高いと「あれ?この特売品で買った食べ物、美味しくない」という経験や「あれ?この特売品もう壊れてた。保障期間切れてるし、損した」という経験をしやすくなります。

 

そんな経験をするのなんて損ですよね。

 

特売品には特売になる理由があるんです。売れないから特売にしたり、壊れそうだから特売にしたりする場合もあるんです。

 

だから特売に目がない人はそんなろくでもない特売品を買ってしまうリスクが高くなってしまうんです。

 

ろくでもない特売品でなくても、自分が必要としてない特売品を買うと部屋の住みで永遠に眠り続ける特売品になる場合があります。一度も使わず捨てることになる特売品になる場合だってあります。

 

そんなのどう考えても損ですよね。

 

特売品を衝動買いする癖のある人はそんな特売品の残骸のようなものを大量生産してしまう可能性があるんです。

 

だから必要もないのに特売品を買うのはやめたほうがいいんです。

 

アマゾンプライムや楽天セールなどもなるべく見ないほうがいいです。衝動買いの癖のある人はついついポチってしまう率が高いので。

 

冷静に商品を見ることができるようになってから見ましょう。

 

損な習慣5、見栄を張る

f:id:kanifkdlljdl:20180913110234j:plain

同僚がかっこいい車買った。俺はそれ以上にかっこいい車を買ってやる。

 

嫌いな奴が高価な時計をしていた。俺はそれ以上に高価な時計を買ってやる。

 

という見栄のよる競争心。自分のほうが上の立場になり、目立ちたいという欲望。

 

それは誰にでもある欲望です。

 

でも、その欲望の赴くままに毎回行動していたら、浪費家になってしまいます。お金だけでなく、労力も時間も精神力も浪費してしまいます。

 

そんな浪費だらけの人生になってしまうリスクのある見栄を張る行為はほどほどにしておいたほうがいいです。

 

僕自身、見栄のせいでそんな浪費だらけの人生を若い頃は送っていました。

 

友達が200万のスポーツカーを買った。

 

負けられない。目立ちたい。羨ましがられたい。そんな気持ちが僕の中に生じます。

 

そのせいで僕は600万のスポーツカーを買いました。

 

日産のスカイラインGTR(R33)という車でした。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180913111345j:plain

 

当時、総額約600万くらいするこの車をローンで購入しました。

 

当然、600万円もする車ですから月々のローン額はハンパない金額です。大迫ハンパないと言った人がハンパない返済額というような金額です。

 

月々約5万、ボーナス時30万の支払いを5年間し続けました。

 

当時20代の僕は平均的なサラリーマンの給料しか貰ってませんでした。そんな僕が月々5万ものローンを払うのは過酷でした。

 

つらかったです。こんな高い車買うんじゃなかったと思いました。ローンだけでなく燃費も悪いのでガソリン代もかかります。もちろん、レギュラーではなく、ハイオクです。あほみたいに毎月、ガソリン代がかかります。リッター5キロほどしか走れないのですからほとんどガソリンを垂れ流している状態です。月1万円超えるのはザラでした。2・3万が当たり前でした。

 

本当にこんな車買うんじゃなかったと後悔しました。

 

その後悔の最中、『僕は車が好きという気持ちより見栄を満たしたい気持ちのほうが強かっただけなんだ』と悟りました。車が本当に好きだったらローンの支払いくらい屁でもないと思ったはずです。でも僕は後悔ばかりしていました。どう考えても車好きの態度ではありません。

 

僕は見栄を満たしたい気持ちが強かっただけなんです。それでGTRを買っただけなんです。だから後悔をしまくったんです。

 

僕は馬鹿だと思いました。見栄を張るためにこんな無駄につらい思いをするなんて本当に馬鹿だと。

 

だから僕はもう見栄を張ることを優先することをやめました。

 

おかげで今は見栄のために無駄遣いすることも後悔することがほとんどなくなりました。ときどきは見栄を張ることを優先しましたが、GTRを買ったときのような後悔は一度もしたことがありません。

 

見栄は浪費の原因になります。見栄を優先すれば確実に浪費の原因となります。

 

だから見栄を満足させる行為はほどほどにしておいたほうがいいです。

 

見栄のせいでとんでもない浪費をしないために。

 

見栄は浪費のもと

 

そう認識しておいてください。

 

おわりっ