心臓病リスクが3割減!?マグネシウムが心臓病のリスクを下げてくれる。マグネシウムが豊富に含まれている食物を紹介!

●食事でマグネシウムを多く摂ると…心臓病のリスクが3割減

食事でマグネシウムをたくさん摂取している人は、少ない人に比べて心筋梗塞などの「虚血性心疾患」になるリスクが3割以上低いとする大規模調査結果を、国立がん研究センターや国立循環器病研究センターが発表した。

 

チームは長野など8県に住む45~74歳の男女約8万5千人を追跡調査。約15年間のうちに1283人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を、4110人が脳卒中を発症した。

 

マグネシウムの摂取量に応じて五つのグループに分けて比較すると、摂取量が多いほど心筋梗塞になる危険性が低かった。男性だけで見ると、最も摂取量の多いグループは最も少ないグループに比べ虚血性心疾患の危険性が34%減少した。女性では、3番目に多く摂取しているグループで39%減少したが、これ以上多いグループでは、統計的に意味のある差を確認できなかった。

 

脳卒中とマグネシウム摂取量との関係も調べたが、関連性は見いだせなかった。

 引用:食事でマグネシウムを多く摂ると…心臓病のリスクが3割減 - 産経ニュース

 

現代の日本人はマグネシウム不足に陥りやすい

ミネラルのひとつであるマグネシウムは、主に野菜類や豆類、海藻類などミネラルを豊富に含んだ食品に含まれています。

 

一汁三菜を基本とした和食は、マグネシウムを含むミネラルをうまく摂取するには最適な食事でした。そのおかげで和食が主な食事であった頃の日本人にはマグネシウムが不足するリスクが低かったのです。

 

ですが、現代では、この一汁三菜を基本とした和食を食べている人が少なくなり、コンビニ弁当、肉中心の食事など栄養バランスの悪い食事をする人が多くなりました。

 

結果、マグネシウムが不足するリスクが高くなりました。

 

食事の前にアイスやお菓子を食べてませんか。ジュースやお酒を飲んでませんか?そういう習慣がある人もマグネシウム不足に陥りやすいので注意が必要です。

 

マグネシウムはどんなときに必要なのか?

・タンパク質の合成
・エネルギー代謝
・筋肉の収縮
・血圧調整
・体温調整
・血糖値の調整

 

これらの体内活動をするときにマグネシウムは必要になります。

 

●イライラを抑える効果もある

マグネシウムには神経の伝達を正常にし、神経が興奮するのを抑える効果があります。

 

マグネシウムが不足するとどうなるか?

●マグネシウム不足の初期段階で起こる症状

学習能力や記憶力など脳の活動低下

原因は脳の酸素不足。マグネシウム不足すると、血流量や血圧が低下し、脳への酸素不足が起こる。その結果、脳の活動力が低下してしまうのです。

 

さらに不足すると、貧血、不整脈や不眠、筋肉のけいれん、疲れを感じやすくなるなどの症状に苛まれるリスクが高まります。


●慢性的にマグネシウムが不足したときの症状

だるさ、食欲低下、腹痛、下痢便秘などの症状になりやすくなります。

 

●マグネシウム不足による睡眠障害

体内のマグネシウムが不足すると自律神経が不安定になりやすくなります。

 

自律神経が不安定になると体がリラックスしにくい状態になるため、不眠を引き起こやすくなってしまいます。

 

●マグネシウム不足による頭痛

規則性の頭痛をもつ人は、血中や脳内のマグネシウム値が低いといわれています。

 

多くの研究で、マグネシウムを摂取することで頭痛の頻度を減少させることが確認されています。

 

ある研究では、1日200mgのマグネシウムサプリメント投与によって、約80%の人に、頭痛の頻度が減少したという報告もあります。

 

●マグネシウムと糖尿病

糖尿病の人は、体内のマグネシウム値が低いことが報告されています。

 

 マグネシウムが豊富に含まれている食べ物

f:id:kanifkdlljdl:20170919122935j:plain

出典: 食で心と体をつなぐ - ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

 

その他のマグネシウムが豊富に含まれている食物について知りたい方は以下のサイトをご覧ください。

 

●マグネシウム摂取基準

血中に含まれるマグネシウムの量は全体の1%ほどですが、不足すればさまざまな病気になるリスクが高くなってしまいます。

 

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」のマグネシウムの摂取基準は、成人の男性が340~370mg、成人の女性が270~290mg。妊婦が、女性の摂取基準よりもプラス30~40mg多くなり、300~330mg。

 

成人の男性が340~370mg

成人の女性が270~290mg

妊娠の女性が300~330mg

 

ミネラル | 日本人の食事摂取基準(2015年版)より | 栄養成分ナビというサイトにより詳しい摂取基準が記載されています。

 

食品からの摂取であれば、多めにマグネシウムを摂取しても問題ありません。ただし、腎機能が弱まっているときやサプリメントや製剤を使用しているときは摂取量に注意が必要です。