【アニメ】ガヴリールドロップアウト!サターニャの魅力と悪魔行為を紹介!宿題をわざと忘れるサターニャ!犬と全力で戦うサターニャ!1人飯するサターニャ!あなたはどのサターニャがお好みですか?

サターニャの魅力と悪魔的行為を紹介

1、フタをつけたままペットボトルを捨てる(悪魔的行為)

f:id:kanifkdlljdl:20170916191235j:plain

サターニャはゴミ箱にペットボトルを捨てた。フタをつけたまま捨てた。

 

捨てたあとのサターニャの表情はこちら。

f:id:kanifkdlljdl:20170916191626j:plain

ドヤ顔!

「ペットボトル、フタをつけたまま捨ててやったぜ!」という誇らしげな態度!

 

サターニャ「ペットボトルのフタをつけたまま捨てるなんて、悪!」

 

と、ペットボトルを捨てたあと、サターニャはドヤ顔で言ったのです。

 

可愛いですね。

 

2、ジュースこぼれてるわよ!

f:id:kanifkdlljdl:20170916192153j:plain

ガブリールがゴミ箱に投げ入れようとしたジュース入りの缶。だが、缶はゴミ箱に入らず、廊下に落ちてしまう。そして中に残っていたジュースが外に流れ出て、廊下を汚してしまう。

 

ガブリールはそれに気づかない。気づかないまま歩いていく。

 

そんなガブリールを呼び止めるサターニャ。そして言った。

 

サターニャ「ジュースこぼれてるわよ」

 

ガブリール「あっ、ほんとだ!それじゃ、じゃーんけーんぽん」

 

と、2人はじゃんけんする。結果はサターニャの負け。

 

負けたサターニャはジュースで汚れた廊下を磨く。雑巾でごしごしと磨く。

f:id:kanifkdlljdl:20170916192753j:plain

 

サターニャ「はあ~、ピカピカになったわ」

 

と、言って額の汗を拭う。

f:id:kanifkdlljdl:20170916192925j:plain

 

だが、このあとサターニャは気づく。ガブリールに嵌められたことに。

 

サターニャ「なんで私が!(廊下をピカピカにしなければならないんだ!ガブリールが汚したのに!)」

f:id:kanifkdlljdl:20170916193138j:plain

 

だが、すでに廊下にガブリールの姿はなかった・・・

 

サターニャさま!お疲れ様です!

 

3、紙がない!(トイレットペーパーがない!)

f:id:kanifkdlljdl:20170916193733j:plain

とある平日。

サターニャは学校のトイレで用を足していました。

 

用を足し終えたサターニャは紙に手を伸ばしました。

 

そこで気づきました。紙がないことに。

 

紙がないことに気づいたときのサターニャのリアクションはこちら!

f:id:kanifkdlljdl:20170916194024j:plain

 

サターニャ!アウト!

 

4、超ド級悪魔行為!

f:id:kanifkdlljdl:20170916194835j:plain
f:id:kanifkdlljdl:20170916194836j:plain

ガブリールが椅子に座ろうとしたとき、椅子を引き、ガブリールに尻餅をつかせる!

 

これがサターニャが考えた超ド級悪魔行為!

 

この超ド級悪魔行為を考えついたときのサターニャの表情はこちら!

f:id:kanifkdlljdl:20170916195143j:plain

自分の考えついた超ド級悪魔行為に体が震えるほど興奮しております。

 

5、先生が恐くて悪魔がやってられる?

友達のヴィーネに「サターニャもちゃんと宿題やったら?先生に怒られるわよ」と言われた。

 

そのとき、サターニャはこう言ったのです!

 

サターニャ「先生が恐くて悪魔がっやってられる?」

f:id:kanifkdlljdl:20170916200259j:plain

サターニャ「人間なんて下等生物、私の敵じゃないんだから」

 

そう言ったあと、サターニャは「なあっはっはっは!」と笑いました。

f:id:kanifkdlljdl:20170916200514j:plain

 

授業が始まり、宿題を提出するときがきた。

 

サターニャは先生に言った。

 

サターニャ「私、宿題やってないわ。わざとやらなかったの」

 

そう言ったあと、サターニャは席を立ち上がる。そして言った。

 

サターニャ「そしてそれをわびる気もないわ。どう?最高に悪魔的行為でしょ?」

 

そう言ったあと、サターニャは笑った。「なあっはっはっは」と笑い続けた。

f:id:kanifkdlljdl:20170916201316j:plain

笑ったのだ。「宿題をわざと忘れた。わびる気もない」と言ったあと笑い、笑い続けたのだ。

 

このスキンヘッドの恐い顔の先生の前でそう言ったあと、笑い、笑い続けたのだ。

f:id:kanifkdlljdl:20170916201526j:plain

 

で、結果はこちら!

f:id:kanifkdlljdl:20170916201851j:plain
f:id:kanifkdlljdl:20170916201854j:plain

廊下に立たされました。バケツを持った状態で。

6、逃げる?この私が?

f:id:kanifkdlljdl:20170916202447j:plain

サターニャ「逃げる?この私が?私は大悪魔サタニキア。私の辞書に逃げるという文字は存在しない!」

 

と、サターニャはかっこいいセリフを敵に対して言った。

 

サターニャが戦っている敵はこちら。

f:id:kanifkdlljdl:20170916203208j:plain

犬です。白い犬です。

 

この犬とサターニャは戦っていたのです!

 

自分のメロンパンを守るために!

 

この犬はメロンパンが大好きなのです!だからサターニャのメロンパンを奪いとろうとしているのです!

 

そして犬とサターニャのラストバトルが始まる。

f:id:kanifkdlljdl:20170916203614j:plain

犬がオオカミみたいになっていますが、これはサターニャのイメージ映像です。サターニャには犬がこう見えているだけです。実際は可愛い顔をしたワンちゃんです。

 

ラストバトルの結果、サターニャは犬にメロンパンを奪われました。

f:id:kanifkdlljdl:20170916203850j:plain

サターニャ「盗られた・・・」

 

犬にメロンパンを盗られる大悪魔。その名はサターニャ!

 

その名前をときどきでいいから思い出してあげてください。

 

7、1人飯

f:id:kanifkdlljdl:20170916205007j:plain

昼休みになった。

 

サターニャは1人教室を出て行く。弁当を持って。

 

行き先は校内の人気のない階段踊り場。

 

サターニャは階段に座る。

f:id:kanifkdlljdl:20170916205422j:plain

そして昼飯のおにぎりを食べ始める。

 

1人飯だ。ボッチ飯だ。

 

ある特定の人には痛いほどそのせつなさがわかると言われているボッチ飯。

 

画面の前で泣いている人いるんじゃないですか?

 

僕はちょっと泣いてます。身に覚えがあるので。

 

ああ、サターニャ、かわいそうに。

 

そんなかわいそうなサターニャの前に友達のガブリールとヴィーネが近づいてきます。

f:id:kanifkdlljdl:20170916210134j:plain

哀れむような2人の表情。今まで2人はサターニャがボッチでご飯を食べていたことを知らなかったのだ。知って哀れみを抱き、サターニャに近づいてきたのだ。

 

2人の突然の登場に驚くサターニャ。

f:id:kanifkdlljdl:20170916210623j:plain

驚き、二人にボッチを知られたことに狼狽した結果、おにぎりを踊り場に落としてしまう。

f:id:kanifkdlljdl:20170916210838j:plain

 

サターニャはメロンパンも持参していた。でも、そのメロンパンはまたもや犬に奪われてしまう。

f:id:kanifkdlljdl:20170916211332j:plain

 

昼食がなくなってしまったサターニャ。

 

でも、画面の前で泣いているボッチ経験のある人たち、ご安心を。

 

このあと、サターニャはガブリールとヴィーネといっしょに食堂で昼食を食べました。

 

 8、割り箸を知らない

 サターニャは割り箸を知らなかった。

だから割り箸をこんなふうに割った。

f:id:kanifkdlljdl:20170916212047j:plain
f:id:kanifkdlljdl:20170916212050j:plain

こんな斬新な割り方ができるサターニャは素敵だ。

サターニャが知らなかったのは割り箸だけではなかった。七味唐辛子も知らなかった。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170916212851j:plain

サターニャ「ななあじからこ?」

 

「しちみ」を「ななあじ」と読むサターニャ。

 

ガブリール「しちみとうがらし、な」

 

と、つっこみを入れるガブリール。

 

ガブリール「それ七回かけるとちょうどいい辛さになるんだぞ」

 

と、ガブリールは嘘をつく。

 

その言葉を信じるサターニャ。七味唐辛子を7回振り掛ける。

f:id:kanifkdlljdl:20170916213434j:plain

七回振りかけているときもガブリールにだまされ、七回以上七味唐辛子を振りかけてしまったサターニャ。

 

これは辛そうです。

 

サターニャはこの七味唐辛子たっぷりのうどんを食べました。そして言いました。「美味しい」と。

f:id:kanifkdlljdl:20170916213722j:plain

サターニャ「辛さがうどんの味を引き立ててるわ。悔しいけど、なかなかやるわね、ガブリール」

 

そう言ったあとも激辛うどんを食べ続けました。

 

サターニャは辛いもの好きだったようです。

 

9、一流のシェフは食材にこだわってしまうのよね

f:id:kanifkdlljdl:20170916220501j:plain

学校の調理実習のときに言ったセリフです。

 

食材にこだわるサターニャが調理実習のときに持ってきた食材はこちら!

f:id:kanifkdlljdl:20170916220630j:plain

朝一で魔界の湖で捕ってきたそうだ。

 

そんな食材にこだわる一流のシェフであるサターニャがたまねぎをきざんだ。その結果泣いた。たまねぎが目に沁みて泣いた。

f:id:kanifkdlljdl:20170916221111j:plain

サターニャ「ヴィネット!なんか涙が出るんだけど・・・」

 

さすがサターニャ。期待を裏切らない!

 

そんな視聴者の期待を裏切らない天才シェフであるサターニャと愉快な仲間たちが作った料理はこちら!

f:id:kanifkdlljdl:20170916221512j:plain

うん。期待通りの料理だね。

 

そしてこの料理をサターニャだけは美味しくお召し上がりになりました。

f:id:kanifkdlljdl:20170916221744j:plain

さすがサターニャさま。本当に期待を裏切らない!

 

10、天才画伯・サターニャー

f:id:kanifkdlljdl:20170916225854j:plain

美術の時間、サターニャが描いた絵です。

 

これを見ながら描きました。

f:id:kanifkdlljdl:20170916225935j:plain

 

並べてみました。

f:id:kanifkdlljdl:20170916225935j:plain
f:id:kanifkdlljdl:20170916225854j:plain

サターニャ!
天才です!
独創的な絵です!
その独創性はピカソレベルかもしれません!