「セルフ・ハンディキャッピング」 承認欲求とプライドのためにセルフ・ハンディキャッピングを使う人々

f:id:kanifkdlljdl:20170912232632j:plain

セルフ・ハンディキャッピングとは?

セルフ・ハンディキャッピング(Self-handicapping)とは、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。 エドワード・E・ジョーンズらによって提唱された。 自分自身にハンディキャップを付けること、という意味である。

 引用:セルフ・ハンディキャッピング - Wikipedia

 

テストの前などに「今日は調子が悪い」とか「昨日夜更かしして寝不足なんだよね」とか「勉強あまりしてないんだよね」と友達に言ったことありませんか?

 

困難な仕事にとりかかる前に「自信ないんだよね」とか「得意じゃないんだよね」とか「趣味じゃないんだよね」とか「やる気ないんだよね」とか同僚に言ったことありませんか?

 

僕はあります。

 

若い頃はそういうセリフを口癖みたいに言ってました。

 

なぜそんなセリフを言うのか?

 

自分のプライドを守るためです。

 

仕事やテストを始める前に「自分は万全の調子ではない。万全の備えもしていない。だから失敗してもしかたない」と相手にそう思わせるために上記のようなセリフを言うんです。

 

相手にそう思わせることができれば、仕事を失敗したときやテストで悪い点を取ったとき、相手が「ああ、調子が悪かったんだからしかないよな」とか「ああ、勉強してなかったんだからしかたないよな」と思ってくれる可能性が高くなります。

 

そう思ってくれる可能性が高くなるということはプライドが傷つく可能性が低くなるということです。

 

自分のプライドが傷つく可能性を低くするために上記のようなセリフを同僚や友人に言うんです。

 

ひどい人だと周りにいる人すべてに聞えるように上記のセリフを言う人もいます。

 

「今日、俺、調子悪くてさ」

「頭も痛いんだ」

「おまけに寝不足だし」

 

などど大きな声でたくさんの人に聞えるように言う人もいます。

 

これも自分のプライドを傷つくリスクを下げるためにしていることです。

 

Aくんは「調子が悪い」「勉強してない」と友人に言う。

↓ ↓ ↓ ↓

友人が「ああ、調子が悪かったんだからしかないよな」とか「ああ、勉強してなかったんだからしかたないよな」と思ってくれる可能性が高くなる。この可能性が高くなるほどに友人が「ああ、調子が悪かったんだからしかないよな」とか「ああ、勉強してなかったんだからしかたないよな」と思ってくれると信じることができる。信じることができるほどに失敗したときのダメージが小さくてすむ。

↓ ↓ ↓ ↓

Aくんは失敗する

 ↓ ↓ ↓ ↓

ほとんどプライドが傷つかない場合。Aくんは友人が「ああ、調子が悪かったんだからしかないよな」とか「ああ、勉強してなかったんだからしかたないよな」と思ってくれていると強く信じているということになる。

 

このようにある種の人は、自分をプライドを守るために友人や同僚に「調子が悪い」「勉強してない」と言う場合があります。言うだけではなく、怪我をしたと言って、包帯を巻いてくる人もいます。怪我なんてしてないのに包帯を巻いてくる人もいます。

 

すべては自分のプライドを守るためにそんな工作を行っているのです。仮病などの偽装工作をしてまで自分のプライドを守る人もいます。

 

このようなプライドを守るために「自分の不調や準備不足」を他人に主張・強調することをセルフハンディーキャップといいます。

 

言葉や偽装工作などによって、周りの人に失敗してもしかたないと思わて、失敗したときのプライドが傷つくリスクを下げる。

 

それがセルフハンディーキャップです。

 

●プライドを守る以外のセルフハンディーキャップのメリット

セルフハンディーキャップには自分のプライドが傷つくリスクを下げる以外にもメリットがあります。

 

それは普通より強い満足を得ることができることです。

 

 どうして普通より強い満足感を得ることができるのか?

 

セルフハンディーキャップは自分に「不調」や「準備不足」などのハンディーをつけることによって失敗してもしかたないという状況を作るという行為です。

 

 ハンディーをつけるということは普通よりシンドイ状態だということです。

 

ハンディーをつけてテストを受けるという状態は、普通の人が何のハンディーもない状態でテストを受けているとき、鉄アレイを持ってテストを受けているようなものです。

 

マラソンで普通の状態で走って優勝する場合と怪我をした状態で橋って優勝する場合、どちらのほうが他人に評価されるでしょうか?

 

怪我をした状態のほうが評価されますよね。

 

怪我をしている、つまり、ハンディーを持って、結果を残したほうが他人に評価されるということなのです。

 

セルフハンディーキャップを使った人はいわばハンディーを負った人と同じ状態です。そんな状態で結果を残せば、他人から普通よりも高い評価を得ることができます。

 

実際はセルフハンディーキャップではそれほど高い評価は得られることは少ないです。

 

でもセルフハンディーキャップを使う人の中には、自分のセルフハンディーキャップの効果が絶大だと思っている人がいます。

 

そういう人は、セルフハンディーキャップを使って、結果を残したとき、周りの人が普通のときより、評価されていると錯覚することができます。

 

そう錯覚することができれば、普通に結果を残したときよりも大きな満足を感じることができます。

 

こういう錯覚を抱き、大きな満足を得るタイプの人は、セルフハンディーキャップが癖になってしまいます。

 

癖になると過剰なまでに「自分の不調・不足」を強調・主張するようになります。

 

 ●自分で自分にセルフハンディーキャップを使う人もいる

自分で自分に「今日は調子が悪いな」「頭痛いな」「勉強不足だな」「自信ないな」と心の中でつぶやく人がいます。

 

そうやって自分にセルフハンディーキャップを使うことによって自分に失敗してもしかたないと思い込ませようとしているのです。

 

そう思い込むことができれば失敗したとき、「ああ、やっぱり失敗したか」とあまりショックを受けずにすみます。

 

自分で自分にセルフハンディーキャップを使うことによってプライドが傷つくリスクをあげる。

 

そういうセルフハンディーキャップの使い方をする人もいます。

 

思い込みが強い人ほどセルフハンディーキャップは効果的になります。効果的な人ほど癖になりやすくなります。癖になった人はセルフハンディーキャップを使い、ハンディーをつけることによって結果を残し、普通より高い自己評価を得ようとする行為も癖になりやすいです。

 

他人にセルフハンディーキャップを使い、自分にもセルフハンディーキャップを使う。習慣的に使う。そしてプライドを守ったり、高評価を得たりする。

 

世の中にはそういうセルフハンディーキャップ常習者がいます。

 

●セルフハンディーギャップのデメリット

セルフハンディーキャップは多い少ないの違いはありますが、誰もが使っています。意識的に使っている人もいれば無意識的に使っている人もいます。

 

ほどよく使うならセルフハンディーキャップはそれほど害はありません。大きな満足感を得られることもありますし、プライドをあまり傷つけずにすみますので上手に使えばメリットが害よりメリットのほうが多いです。

 

でもセルフハンディーキャップを多用するようになると問題が生じます。

 

問題とはセルフハンディーキャップに使う時間と労力が多くなるということです。セルフハンディーキャップの効果を高めるためにはどうしても相手に「不調だ」「準備不足だ」と言う量が増えます。言う人数が増えればさらに言う量が増えます。言う量が増えれば時間・労力も増えます。セルフハンディーキャップに使う時間・労力が増えれば、テスト・仕事前の準備や予習などをする時間と集中力が減ります。減れば、悪い結果をとってしまうリスクが高くなってしまいます。

 

以上のようにセルフハンディーキャップを多用すると肝心なことに使う時間と労力が減り、その結果、失敗する可能性が高くなってしまいます。

 

さらにセルフハンディーキャップを多用する人は他人にうっとおしいと思われる可能性が高いという問題もあります。

 

毎回毎回、同じようなことを言われれば、大概の他人はうっとおしいと思うようになります。

 

中にはセルフハンディーキャップのことを知っている他人もいます。そういう他人にセルフハンディーキャップを使えば「またセルフハンディーキャップを使ってるよ」と思われてしまいます。そう思われて軽蔑される場合もあります。

 

以上のようにセルフハンディーキャップを多用すると人間関係を悪くしてしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

セルフ・ハンディキャッピングをする回数を減らす方法

1、自分はセルフハンディーキャップを使っていると認識する

セルフハンディーキャップを使っている人の中には自分がセルフハンディーキャップを使っていると自覚していない人がいます。

 

自分の行動を思い返してください。思い返したことをノートなどに書いてください。それを繰り返していれば自分がセルフハンディーキャップを使っているか否かを認識することができるはずです。

 

まず自分がセルフハンディーキャップをいることを認識する。それができないうちはセルフハンディーキャップを減らすことはできません。

 

2、セルフハンディーキャップにはリスクがあると自覚する

セルフハンディーキャップは上記で述べたようにうっとおしいと思われたり、軽蔑されたりするリスクがあります。

 

時間や労力を無駄にするリスクもあります。

 

そんなリスクがあることを自覚すれば、こんなことを多用するのはバカバカしいなと思えるようになってきます。こんなバカバカしいことに時間と労力を使う暇があったら良い結果が残せるように最善を尽くしたほうがいいと思えるようになってきます。

 

実際、セルフハンディーキャップをしている暇があったら、勉強したり、休憩をしたり、音楽を聴いて集中力を高めたりしたほうが得です。そのほうが良い結果を残せる可能性が高いからです。

 

セルフハンディーキャップをやっている時間を英単語を覚える時間に費やせば、その分だけテストで良い点がとれる可能性が高くなります。たとえ良い点がとれなかったとしてもそのとき覚えた英単語は自分の知識として頭に残ります。その知識はどこかで利用できる場合があります。

 

以上のようにセルフハンディーキャップをしているより、普通に勉強したほうが良いことが多いんです。自分にプラスになることが多いんです。

 

●セルフハンディーキャップを多用するとあなり努力をしない人間になる可能性がある

セルフハンディーキャップを使ってプライドが傷つくことを避け続けると「努力をしなくてもプライドを守れるから努力しなくてもいいや」と思ってあまり努力しなくなってしまう場合があります。努力をしないということは怠ける時間や遊びの時間が増えてしまいます。そういう時間が増えると努力をするのが面倒になってしまい、ますますセルフハンディーキャップを使い、楽してプライドを守ろうとするようになってしまいます。

 

セルフハンディーキャップは自分の能力を高める行為ではありません。自分の心の安定・満足のためにする行為です。やろうと思えば誰でもできる行為です。そんな行為をどれだけ続けていても自分の能力は高まりません。

 

自分の能力を高められないでいると失敗の多い人生になってしまうリスクが高くなります。挫折の多い失望に満ちた人生になってしまうリスクも高くなってしまいます。

 

そんな嫌なリスクを高めないためにもセルフハンディーキャップはほどほどにしておいたほうがいいです。

 

セルフハンディーキャップは常習性の高く、依存度も高い行為です。一度癖になってしまうとなかなかやめることができなくなってしまいます。

 

なので癖にならない程度に使用しましょう。

 

お酒でもギャンブルでも適度にやっているなら問題はありません。セルフハンディーキャップもお酒やギャンブルなどと同じように適度に使っているなら問題はありませんし、依存に陥ることもありません。

 

3、失敗しても言い訳をしすぎない

プライドが傷つくことを恐れる人には言い訳をしてしまう人が多い。

 

言い訳を言うことでプライドを守ろうとしているのです。

 

この言い訳も適度に使用するなら問題にはなりません。むしろ、ある程度は使ったほうが心の負担を軽くできるのでお得です。

 

でも過剰に使えばやはり問題が生じます。

 

言い訳を多用しすぎると言い訳を言わないと心の安定を保つことができなくなってしまうリスクがあるということです。

 

こういう人はセルフハンディーキャップも使わずには入られなくなるリスクがあります。

 

言い訳もセルフハンディーキャップも基本的に自分のプライドを守るためにする行為だからです。

 

だから言い訳を多用する人はセルフハンディーキャップを多用してしまうリスクがあるのです。だからセルフハンディーキャップを多用する人は言い訳を多用してしまうリスクがあるのです。

 

自分のプライドを守るために。

 

だから言い訳は多用しないほうがいい。セルフハンディーキャップを多用しないために。

 

同時にセルフハンディーキャップも多用しないほうがいい。言い訳を多用しないために。