アニメ化希望!【漫画】現代魔女の就職事情が面白い!主人公の名前は玉城禰子(たましろねこ)!15歳です!未熟な魔女です!

みなさん、現代魔女の就職事情って漫画ご存知ですか?

 

この漫画は玉城禰子(たましろねこ)という魔女が活躍する物語です。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170820175258j:plain

この女の子が玉城禰子ちゃん(15歳)です。
特技は占いと空を飛ぶことです。
まだまだ未熟な魔女です。
一人前の魔女になるために修行中です。

 

これだけの情報では禰子ちゃんがどんな女の子なのかわかりませんよね。

 

なのでコミック第一巻のあらすじや感想を書きながら禰子ちゃんがどんな女の子なのかを説明していきたいと思います。

 

コミック第一巻のあらすじと感想など

物語の冒頭で禰子ちゃんは夢を見ていました。夢の中で禰子ちゃんは人気者でした。女子高生に憧れの目で見られるような魔女でした。

 

でも、それは夢。現実はその夢とは正反対でした。

 

禰子ちゃんは得意のタロット占いを通りすがりの女子高生たちに披露しました。占った結果がこれです。

f:id:kanifkdlljdl:20170912171513j:plain

なんと禰子ちゃんは女子高生の晩ごはんを予言したのです。

 

女子高生宅の晩ごはんは、カレーだと予言したのです。

 

女子高生たちはポカーンとしました。

f:id:kanifkdlljdl:20170912172245j:plain

当然のリアクションです。

 

今時の女子高生が晩ごはんを占ってもらってもうれしいわけがありません。

 

これが禰子ちゃんの現実でした。魔女として人気者だった夢とは正反対の現実。それが禰子ちゃんの現実でした。

 

 でも禰子ちゃんはこの後も現実の厳しさに直面することになります。

 

禰子ちゃんはホテルに泊まることにしました。でも泊まれませんでした。財布を落としてしまったため一文無しになってしまったからです。

f:id:kanifkdlljdl:20170912173431j:plain

いくら探しても財布は見つかりませんでした。

 

次から次へと現実の厳しさに直面した禰子ちゃんは落ち込みます。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170912175007j:plain

 

 落ち込んでいるとき実母の言葉を思い出します。

 

母「魔女は義務教育を終えたら独り立ちして自分の仕事を見つけなければいけない。魔女の力はたくさんの人を救うからさ。占いで困ってる人の未来を見たり、薬草で病気を治したりね。禰子も大人になったら人の役に立てる立派な魔女にならないとね」

 

無理よ、と禰子ちゃんは思いました。占いや空を飛ぶことぐらいしかできない自分には立派な魔女になんかなれないと思いました。そう心のどこかで思った禰子ちゃんはこう思いました。

 

「あたし、どうして魔女なんかに生まれたんだろ」と。

 

心が折れそうになる禰子ちゃん。

 

でも禰子ちゃんは涙を堪えて、自分を奮い立たせようとします。

f:id:kanifkdlljdl:20170912175657j:plain

そこに一人の女の子が現れます。

f:id:kanifkdlljdl:20170912180033j:plain

彼女の名前は中嶋菊花(なかじまきっか)

 

菊花ちゃんはなんと禰子ちゃんの財布を拾ってくれたんです。そしてその財布を落とし主に渡すため、禰子ちゃんの後を追いかけてきてくれたんです。

 

このことがきっかけで禰子ちゃんと菊花ちゃんは仲良くなります。

 

仲良くなって禰子ちゃんは菊花ちゃんの夢を知ります。

 

菊花ちゃんの夢はパイロットでした。

f:id:kanifkdlljdl:20170912181231j:plain

どうして菊花ちゃんはパイロットになりたいと思うようになったのか?

 

それは「(菊花ちゃんの)父親がパイロットだったから。その血を引いているから自分もパイロットに憧れるようになった」そう菊花ちゃんは言いました。

 

でも菊花ちゃんがパイロットになれる可能性は極めて低かった。

 

成績が悪いし、背が低い。
それがパイロットになれる可能性を低くしている原因だった。

f:id:kanifkdlljdl:20170912182213j:plain

 

厳しい現実。でも菊花ちゃんは自分の夢を諦めることができずにいた。

 

身長なんて簡単に伸びるものではない。だから普通の人ならパイロットの夢を諦め、別の夢を探す。でも菊花ちゃんは諦めきれない。諦められない理由があった。

 

父の死だった。パイロットの練習中、父は事故で帰らぬ人になったのだ。そういう悲しい過去があったから菊花ちゃんは諦めきれなかったのだ。

 

父の遺志を継ぎたい。そんな気持ちが菊花ちゃんの中にあるんだと思う。あるからパイロットの道をあきらめきれないんだと思う。(ここは僕の推測です!)

 

菊花ちゃんの母親は娘がパイロットになることに反対している。娘に父親と同じ危険な道を歩ませたくないからだ。

 

でも菊花ちゃんはあきらめられずにいた。母親に反対されても、成績が悪くても、身長が基準に満たなくてもあきらめることができなかった。

 

だから菊花ちゃんはあきらめるために禰子ちゃんにお願いをした。「魔法で私を空に連れてってくれませんか?」

 

禰子ちゃんは菊花ちゃんの話を聞いて、その願いを叶えてあげることにしました。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170912183940j:plain

 

菊花ちゃんは大興奮!興奮しながら言った。

 

菊花「私、このまま飛んでいたい!どこか遠くへ行ってみたいよ!」

 

そう言った菊花ちゃんに禰子ちゃんは言いました。「ダメだよ」と。そしてダメな理由を話し始めます。

 

禰子「菊花には自分の力で飛んでもらいたい。そのほうが気持ちいいと思うから」

 

さらに禰子ちゃんはこう言いました。

 

禰子「あたしはね、夢なんかもってないし、魔女になんかなりたくなかった。魔女の力なんてちっぽけでこの先なんの役にも立たないじゃない。だから魔女のあたしより菊花のほうがすごいんだよ。あたしのないものをちゃんと持ってる。菊花は夢を追うべきなんだ」

f:id:kanifkdlljdl:20170912185120j:plain

 

この禰子ちゃんの言葉に感動する菊花ちゃん!

 

f:id:kanifkdlljdl:20170912185827j:plain

 

こうして菊花ちゃんは禰子ちゃんのおかげで夢を追う力を取り戻しました。

 

禰子ちゃんは確かに未熟な魔女かもしれません。でも、このときの禰子ちゃんは立派な魔女に僕には見えました。魔法という見えない力で菊花ちゃんの心を良い方向へと変えた立派な魔女に見えました。

 

基本的には未熟な魔女なのにときどきすごく立派な魔女に見えることがある。それが禰子ちゃんの魅力ではないかと僕は思います。

 

こんな未熟だけどときどき立派な魔女に見える禰子ちゃんの活躍を「現代魔女の就職事情」って漫画を読めば知ることができます。

 

禰子ちゃんの活躍を知りたくなった方はぜひコミックを購入して読んでみてください。