北朝鮮ミサイル発射!金正恩の暴走!ミサイル情報まとめてみた(随時更新!)

●政府発表、北朝鮮が日本方面へミサイル発射

政府は人工衛星を通じて自治体などに緊急に情報を伝えるJアラートで、午前5時58分ごろ次のように伝えた。

 

「北朝鮮西岸からミサイルが東北地方の方向に発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい」

 

その後、6時6分頃に画面が次のように更新された。

 

「ミサイル通過。ミサイル通過。先程、この地域の上空を通過した模様です。不振な物を発見した場合には決して近寄らず、ただちに警察や消防などに連絡してください」

緊急情報ネットワークシステム(エムネット)は「ミサイルは3つに分離し北海道襟裳岬東方約1180キロメートルの太平洋上に落下したと推定」と報じている。

 引用:政府発表、北朝鮮が日本方面へミサイル発射 | 安全保障 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

●北朝鮮がミサイル発射、日本上空を通過

政府が29日午前6時すぎ、北朝鮮からミサイルが発射された模様だと発表した。警戒対象地域は北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、群馬、新潟、長野の各県。

 

また、政府は午前6時14分ごろ、ミサイルがこれらの地域の上空を通過したと発表した。

 

ミサイルは3つに分離し、北海道の襟裳岬の東方沖約1180キロメートルの太平洋上に落下したとしている。

 引用:北朝鮮がミサイル発射、日本上空を通過 - 産経ニュース

 

●襟裳岬東方の太平洋上落下か

f:id:kanifkdlljdl:20170829074537j:plain

政府は、自治体などにメールで連絡するエムネット=緊急情報ネットワークシステムで、情報を発信し「北朝鮮西岸から北東に向かってミサイルが午前5時58分ごろ発射されたことを確認しました。ミサイルは3つに分離し、3つとも、午前6時12分ごろ、北海道の襟裳岬東方の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したものと推定されます。破壊措置の実施はありません」と伝えました。

 引用:緊迫 北朝鮮情勢|NHK NEWS WEB

 

 ●菅義偉官房長官が緊急記者会見「深刻かつ重大な脅威」「最も強い表現で断固避難」

菅義偉官房長官は午前6時40分ごろから緊急会見を行い、「わが国の安全保障上、これまでにない深刻かつ重大な脅威。北朝鮮の度を超した挑発行為に対し、厳重に抗議し、最も強い表現で断固非難した」と述べた。

引用:【北ミサイル発射】菅義偉官房長官が緊急記者会見 - 産経ニュース

 

●国民の生命守るため万全期す=北朝鮮のミサイル発射で安倍首相

安倍晋三首相は29日朝、北朝鮮のミサイル発射を受けて、ただちに情報を収集・分析し、国民の生命を守るため万全を期すと述べた。官邸で記者団に語った。

 引用:国民の生命守るため万全期す=北朝鮮のミサイル発射で安倍首相 | ロイター

 

●仙台市でも携帯に緊急速報

f:id:kanifkdlljdl:20170829075701j:plain

政府が29日午前6時すぎ、北朝鮮からミサイルが発射されたもようだと発表、警戒対象地域とされた宮城県の仙台市では、午前6時2分、携帯電話が鳴り、「緊急速報 政府からの発表 2017/08/29 『ミサイル発射。ミサイル発射。北挑戦からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい』(総務省消防庁)」という文面が表示された。

 引用:【北ミサイル発射】仙台市でも携帯に緊急速報、地下鉄などは一時運行停止 - 産経ニュース

 

●専門家「火星12号の可能性も」

f:id:kanifkdlljdl:20170829083301p:plain

海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは「発射されたミサイルは3000キロ前後飛行したと見られ、グアム島周辺に発射すると予告した火星12号の可能性もある。発射からおよそ14分で落下しているということなので通常より高く打ち上げるロフテッド軌道ではなく通常の軌道で発射したと見られる」と指摘しています。

  引用:緊迫 北朝鮮情勢|NHK NEWS WEB

 

●北朝鮮ミサイル 河野外相「もっとも強い形で抗議」

f:id:kanifkdlljdl:20170829083716j:plain

河野外務大臣は外務省で記者団に対し「北朝鮮のミサイル発射を受けて、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮にはもっとも強い形で抗議を申し入れると同時に、ニューヨークではアメリカ、韓国と連携して、国連安保理の議長国であるエジプトに対し、安保理の緊急会合を直ちに開催するよう、申し入れをいま行っているところだ。さまざま情報を集めながら、しっかりと北朝鮮に対し、圧力をかけ続けるように努めていきたい」と述べました。

引用:北朝鮮ミサイル 河野外相「もっとも強い形で抗議」 | NHKニュース

 

●グアム沖向けのミサイルを方向変え発射か 核実験を含む軍事的挑発続く可能性大

北朝鮮が29日、北海道の襟裳岬東方沖に発射した弾道ミサイルは、当初公表していた太平洋の米領グアム沖に向けたものとの見方が韓国でも出ている。発射方向を南南東のグアムから北東に変えただけという分析だ。

 

米国からの圧力への対処や体制維持のため、金正恩氏が取り得たギリギリの選択が今回の日本列島を越えるミサイル発射だったようだ。

 

米国との神経戦の一方で、北朝鮮は今回のミサイル発射によって、予告通りに距離的にはグアムを狙えていたことをほぼ証明した。 

 

北東部豊渓里(プンゲリ)の核実験場では「核実験が可能な状態を維持している」(韓国の情報機関、国家情報院)との分析もあり、核実験を含む軍事的挑発が続く可能性は高い。

引用:グアム沖向けのミサイルを方向変え発射か 核実験を含む軍事的挑発続く可能性大  - 産経ニュース

 

 ●日米首脳電話会談後の安倍晋三首相の発言(全文)

f:id:kanifkdlljdl:20170829112532j:plain

北朝鮮がわが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙を受けて、トランプ大統領と緊急の電話会談を行った。約40分間、今回の北朝鮮のミサイル発射に対する分析、認識、そしてわれわれが取るべき対応について突っ込んだ議論を行った。日米の立場は完全に一致している。今回の北朝鮮のミサイル発射はこれまでにない重大で深刻な脅威であるから、ただちに国連において緊急会合を開催し、北朝鮮に対し圧力をさらに強化していく、圧力を強めていくということで日米は完全に一致した。

 

そして同時にトランプ大統領からは、米国は同盟国である日本と100%とともにある、日本防衛に対するコミットメント、力強いコミットメントもあった。今後も強固な日米同盟の下、しっかりと国民の生命と財産を守るために全力を尽くしていきたいと思うし、また米国、韓国、日米韓で協力し、また中国、ロシアや国際社会にも働きかけを行いながら、北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えなければならないと考えている。

引用:日米首脳電話会談後の安倍晋三首相の発言(全文) - 産経ニュース

 

●韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中

北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルへの日本政府の対処に、韓国メディアは「迅速で正確な対応」(主要各紙)と評価する一方、韓国政府の対応には「3時間も迷った」(東亜日報)といった批判が集中している。

 

韓国政府への評価は酷評一色だ。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がNSCを主宰しなかった」「安倍首相はトランプ米大統領と電話で40分間も話したのに、文大統領は日米首脳とは話さず、外相らとの15分の通話で終わった」「右往左往しているような様子」などと批判的な内容が並ぶ。

 引用: 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中(1/2ページ) - 産経ニュース

 

 ●「次の標的はグアム」 北朝鮮、さらなるミサイル発射を予告

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は30日、日本上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の発射実験について、「太平洋における軍事作戦の第1歩であり、グアム封じ込めに向けた有意義な序章」だったと伝えた。

 

朝鮮中央通信はさらに、「太平洋を今後の標的として、さらなる弾道ロケット発射演習を実施する」と予告している。

 

北朝鮮の30日の声明では、グアムを「侵略の前進基地」と位置付けている。

 引用:「次の標的はグアム」 北朝鮮、さらなるミサイル発射を予告 -

 

ツイッター上の情報まとめ