ホントに効果あるの?ネット上の下痢・腹痛を軽減する方法情報。今度、実践してみようと思う。ラマーズ法効果あり!

【役に立つ】急な下痢・腹痛を楽にする方法 - NAVER まとめ
 
この記事を読んで、下痢・腹痛を楽にする方法を学んだ。学んだ中には実践したことがある方法もあった。今度実践してみようと思った方法もあった。
 
とりあえず下痢・腹痛を治す方法にはどんなものがあるのかを紹介しようと思う。
 

下痢・腹痛を軽減する方法

1、反時計回りにお腹をなでる

f:id:kanifkdlljdl:20170824184240j:plain

お腹を反時計回りに5分ほど撫でると、腸の動きを抑制でき、腹痛が和らぐ。

 

このときおなかに当てる手は、地肌または肌着の上から等、なるべく地肌に近い場所がいい。

 

時計回りにさすると、腸の動きがさらに活発化して腹痛が悪化しますので気をつけてね。

 

●僕の意見

この方法は使ったときがある。意外に効果があった気がする。でも、強烈な下痢にはまったく効果がなかった気がする。まあ、強烈な下痢に効果がある方法があるとは思えないが。

 

強烈な下痢に襲われたら、とにかくおしりの筋肉を最大限に利用し、下痢の爆発を防ぎながら、トイレに駆け込むしかないと思う。

 

なぜ時計周りにさすると腹痛が悪化するのかがわからない。反時計回りでも時計周りでも刺激は変わりないと思うのだが。時計周りは縁起でも悪いのだろうか?

 

人は左回りが好きという話は聞いたことがある。トラック競技やスケート競技が左回りなのは人には左回りを好むからだとあるサイトに書いてあった。この原理が本当かどうかはわからない。

 

もしかしたら反時計回りにさするのが下痢に効果があるのはこの原理が関係しているかもしれない。

 

2、深呼吸する

f:id:kanifkdlljdl:20170824184943j:plain

深呼吸で体に酸素を取り込むことでゆっくりと痛みが引いていく。

 

●僕の意見

この方法も実践したことあるな。効果はあった気がする。もちろん、軽い下痢だ。重い下痢にはまったく効果なかった気がする。

 

重い下痢の場合、深呼吸する暇があったらトイレ探したほうがいいと思う。深呼吸という刺激すら下痢の暴発になりかねないからだ。

 

あっ、ラマーズ法を使ったときがある。そのときは軽い下痢だったが、意外とラマーズ法は効果があった記憶がある。

 

みんなも下痢になったときラマーズ法を使ってみよう。

 

とりあえず練習してみましょう。はい。ヒッヒッフー。ヒッヒッフー。はい。そこのキミ、恥ずかしがらないで。恥ずかしがっていたらいざというとき効果的なラマーズ法できないよ。はい。ヒッヒッフー。

 

:ラマーズ法は僕個人が効果があると思っているだけです。僕以外の人に効果があるかは不明です)

 

3、腹部の圧迫をなくす

f:id:kanifkdlljdl:20170824185124j:plain

ベルトなどをはずし、圧迫がなくなれば痛みがおさまる事がある。

 

●僕の意見

これは効果あり。
腹痛に襲われたときこの方法を必ず実践する。

 

ズボンのチャックを下げることさえある。

 

できればズボンを脱ぎたいと思うさえある。でも、それをやれば軽犯罪法で警察に捕まってしまう。捕まってしまったらいろんな意味でアウトだ。だからズボンはぜったい脱がない。パンツも脱がない。トイレに入るそのときまで。

 

4、ツボを押す

下痢、腹痛に効果的なツボがある。

 

●下痢点(げりてん)

f:id:kanifkdlljdl:20170824180115j:plain

出典:下痢に効く3つのツボNone
 

押しやすく即効性もあるツボ。
このツボを親指でグリグリと強めに押したり揉んだりする。


下痢をしているとき、この下痢点を刺激すると強い痛みが現れることもあるそうだ。

 

ツボを刺激すると、
一時的に交感神経が活発になる。
腸の活動を司る副交感神経の働きが弱くなる。
その結果下痢の原因となる腸の異常な活動を停滞させてくれる。

 
●足の三里(あしのさんり)

f:id:kanifkdlljdl:20170824180418j:plain

 出典:下痢に効く3つのツボNone

 

このツボを親指で強めに6~7秒、10回程度押す。

 

下痢・腹痛改善だけでなく、足の痛みやむくみにも効果があるそうだ。

 

●僕の意見

ツボを押した経験はない。

おしりとお腹を手で押さえながら走った経験はあるけどね。
 
あっ下痢・腹痛の対処法だけでなく、下痢・腹痛も知っておいたほうがいいと思うので紹介しようと思う。知っていれば下痢・腹痛を予防できると思うので。
 
スポンサーリンク
 

下痢・腹痛の原因

原因1.冷え
冷たい食べ物を食べると直接的に内臓を冷やしてしまう為、急激に内臓の熱を奪ってお腹の冷えを招きやすくなってしまいます。
 
特に夏は冷たいものを摂る機会が増えるため内臓を冷やすことが多くなる。そのため下痢になりやすくなる。
 
冷えが原因の腹痛改善には、お腹周りを温めるといい。カイロなどを使って温めてみよう。
 
原因2、夏の暑さと湿気
夏の高湿高温は、自律神経のバランスを崩し胃腸を弱らせるため、食欲不振、腹痛、下痢といった胃腸のトラブルが表れやすくなる。
 
さらに夏はO157などの菌が繁殖しやすいため食中毒などになりやすい。
 

O157などの腸管出血性大腸菌は気温が上がると増えやすく、食中毒の発生は夏に多い。国立感染症研究所によると、今年に入り今月13日までに報告された感染者は1696人で前年同期と比べ72人増。ここ3週は急増し毎週200人超の感染が報告されている。

 

厚生労働省によると、O157感染の原因とされた食品は牛肉やサラダ、メロン、漬けものなど様々。菌が付いた食べ物を食べるなどで感染する。主な症状は腹痛や下痢。まれに腎臓や脳に障害がでるなど重症化し、死に至ることもある。

出典:O157、食品15分放置で菌2倍 感染者、夏に急増  - Yahoo!ニュース 
 
今年の夏もO157による食中毒が猛威を振るっている。
 
惣菜店のポテトサラダで8人がO-157 女児が重体 埼玉県熊谷市 | ハザードラボ 
 
横浜の焼き肉店、客2人からO157を検出(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 
 
 
●O157の予防法は病原性大腸菌O157感染症を予防するために|上尾市医師会 というサイトを見るとわかりやすく記載されています。
 
下痢や腹痛のときはO157などに感染している場合がある。O157の知識を覚えておけばこの下痢・腹痛はO157が原因かもしれないと判断できるようになるのでO157の知識を覚えておいて損はないです。
 
原因3、ストレス
ストレスでも下痢・腹痛になる場合がある。
 
試験前・スピーチ前・愛の告白前などに、急な腹痛に襲われたことがある人いませんか?それストレス性の下痢です。
 
ちなみに僕はよくそのストレス性の下痢・腹痛になる。メンタル弱いんです!
 
不安や緊張など強いストレスがかかることで自立神経に乱れる。そのせいで腸の動きが突然活性化したり、腸管が痙攣して腸内の水分調整がうまく行かなくなったりして、下痢や便秘の症状が現れるそうだ。
 

対策は、
生活のリズムを見直すこと。
適度な運動をすること。
趣味に没頭すること。

●生活リズムを見直すメリット

早寝早起きをする、決まった食事の時間をする、朝食後に便意がなくても必ずトイレに行くなど、毎日決まった流れを習慣付けることで排便のリズムが整っていく。

 

●運動をするメリット

適度な運動をすることでストレス解消ができる。
新陳代謝力がアップして腸の状態が良くなる。

●趣味に没頭するメリット

ストレス解消になる。
楽しいことをすると健康に良い。

 

あと栄養バランスの良い食事をすると腸の状態が良くなり、下痢・腹痛にくくなる。

 

原因4、生理

生理周期のうち、生理前は子宮を収縮させるプロスタグランディンの分泌により腸が異常収縮し、腹痛をともなう下痢が起こりやすくなる。

 

生理のときは、心理的にも不安定な状態が続くため、ストレスが原因で腹痛・下痢になることがある。

 

原因5、暴飲暴食

少量のアルコールは腸の働きを活発にする。だが、大量の飲酒は、水分のとりすぎやアルコールによって腸粘膜が荒らされるため、下痢を引き起こしやすくなる。


食べ過ぎの場合、消化不良物や発生したガスが腸の粘膜を刺激して、腸が異常収縮するため、下痢が起こりやすくなる。

 

以上、下痢・腹痛の原因の紹介でした。