ママレードボーイ』が実写映画化!『きっと面白いに違いない。だから気になる』人はとりあえずアニメ版を見てみよう。

あの少女漫画誌「りぼん」で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数1000万部を記録し、アニメ化までされた大人気漫画「ママレードボーイ」が帰ってくる!

 

「甘くて苦いママレードボーイ、だから気になる」で有名な「ママレードボーイ」が帰ってくる!

 

実写映画化されて帰ってくる!

 

主演は桜井日奈子と吉沢亮。

f:id:kanifkdlljdl:20170822103038j:plain

 

●桜井日奈子のコメント

初めてのヒロインを演じられる興奮と緊張、主演を務めさせていただくにあたっての責任、まだまだ新人の私に、こんな大役を任せてくださった方々への感謝、

 

いろんな思いが渦巻いています。

 

「ママレード・ボーイ」は20年以上も前の少女漫画なので、私は出演が決まってから作品のことを知りました。

 

私みたいに、作品のことを知らなかった人にも、そして原作ファンの方にも、たくさんの方に観てもらえるように精一杯頑張ります!

 

またひとつ、新たな挑戦です!

 

応援してください。よろしくお願いします。

 桜井日奈子 公式ブログ Powered by LINEより引用

 

●吉沢亮のコメント

今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。ついにこの顔面をフル活用する時が来たな。若い世代で頑張って作り上げます。どうぞ温かい目で見守ってください。

 

●ママレードボーイのストーリー

物語は、ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生の男女の恋模様を描いている。

f:id:kanifkdlljdl:20170822104705j:plain

小石川 光希は、ある日突然、両親から「離婚する」ことを告げられる。さらに両親は「ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚する。そして松浦夫妻の息子の松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らす」と言い出す。その非常識な言葉通り両親は、再婚し、奇妙な同棲生活を始めてしまう。非常識な生活の中、光希は一緒に暮らす松浦遊に惹かれ始めていく。

 

やがて、二人は付き合うようになるが、遊は『自分の本当の父親』を探していた。そして両親たち4人が、ハワイ旅行で出会ったのではなく、学生時代からの友人であったことを知り、自分と光希が『血のつながった兄妹』である可能性を疑うようになる。遊は光希に別れを告げて、進学先を『京都工業大学』に決める。

 

大学に進学しても、遊を忘れられない光希は、遊に会うために京都に行くが、遊は「彼女がいる」と嘘をつく。しかし、夏季休みで帰省した際、気持ち抑えきれなくなった遊は、自分達が『兄妹』であることを光希に打ち明ける。最後の思い出として、北九州への旅行をした二人は、たとえ禁断の関係であっても結婚することを誓い合う。

 

帰宅した二人は、両親たちから『過去についての真実』を聞かされる……。

ママレード・ボーイ - Wikipediaより引用 

 

小石川光希と松浦遊は『血のつながった兄妹』かもしれない。

 

なかなか重いテーマを扱っている物語です。

 

さらに、

小石川光希の両親が離婚。
松浦遊の両親も離婚。

そして光希の父親との母親が再婚。
光希の母親と遊の父親が再婚。

 

そしてみんないっしょに暮らす。
再婚した光希の両親、
再婚した遊の両親、
そして光希と遊。
計6人の同居生活。

 

複雑な家庭環境ですね。

 

すごい設定の物語です。

 

このすごい設定と思いテーマがどう実写化されるのか?楽しみですね。

 

ああ、久しぶりにアニメ版「ママレードボーイ」見たくなってきた。とりあえずyou tubeでママレードボーイのOPでも見よっと。

 

 

「甘くて苦いママレードボーイ、だから気になる」のところがいいね。食い気味に「だから気になる」って歌うところがいい。ついマネしたくなる。

 

実写でもこの歌使ってくれないかな。ママレードボーイにこの歌は欠かせない要素だと思うのだけど。そう思うのは僕だけかな?

 

いや、僕だけじゃない。ママレードボーイにこの歌は欠かせないと思っている人はたくさんいるはずだ。

 

そう思っている人たち。
製作者さんに伝えましょう。
実写版ママレードボーイにこの歌を使ってください、と。

 

「ママレード・ボーイ」は、2018年から全国公開予定です。