YOSHIKI!「VOGUE JAPAN」の表紙飾る!日本人男性初の快挙!この快挙を知ったとき僕はYOSHIKIが天皇さまの前で名曲「Anniversary」を弾いたことを思い出した。

なんと「X JAPAN」のYOSHIKIが「VOGUE JAPAN」の表紙飾ってしまいました。これは日本人男性で初めてのことらしいです。

 

(日本人女性はこれまで、女優の菊地凛子(36)、モデルの冨永愛(35)、秋元梢(30)らが表紙に起用されているそうです)

 

f:id:kanifkdlljdl:20170821114926j:plain

 

●YOSHIKIの快挙はこれだけじゃない

かつてYOSHIKIは天皇さまの前で「天皇陛下御即位10年奉祝曲 "Anniversary"」というピアノ協奏曲を弾いたことがありました。 それは日本人ロックミュージシャンとして初の快挙でした。

 

そのピアノ協奏曲はロックミュージシャンとは思えないほどにクラシカルで荘厳な曲でした。とてもロックミュージシャンが作った曲とはおもえませんでした。

 

たぶんこの先、YOSHIKIのような曲を作れるロックミュージシャンは現れないのではないかと思います。それくらい完成度の高い曲でした。

 

僕はその曲をリアルタイムで聴いていました。聴いているうちに僕は感動のあまり泣いてしまいました。それくらいすごい曲だったのです。

 

 

天皇さまの前でピアノを弾いたとき、YOSHIKIは「日本人ロックミュージシャンとして初」というの伝説を作りました。

 

そして今度は世界で「日本人男性初」という伝説を作りました。

 

すごいですね。YOSHIKIは。次々と伝説を作っていく。

 

もちろん、伝説はこのふたつだけではありません。

 

再結成が絶望的だった「X JAPAN」が再結成したのも伝説です。

 

解消不可能と思われていた幼馴染のToshiとの長年の確執が解消されたことも伝説です。

 

カレーが辛くて仕事をキャンセルして帰ってしまったという伝説もあります。

 

ホテルの壁をぶちぬいたという伝説もあります。

 

そしてロックの聖地と言われている英国ウェンブリーでコンサートをしたという伝説もありました。

 

YOSHIKIはこんなにも伝説を残してきた人なのです。将来、歴史の教科書の教科書に載ってもおかしくないくらい伝説を残してきた人なのです。

 

きっとこれからもYOSHIKIは多くの伝説を作ってくれると思います。

 

あっ伝説といえばCDがなかなか発売されないというのもある意味伝説です。

 

来年は発売するとYOSHIKIは語っています。

 

僕はCDが発売されないほどに伝説性が増すと思っているので、わくわくしながら新作アルバムの発売を待っています。