食べすぎは肥満のもと!食べすぎを抑える方法を紹介

食べすぎを抑える方法

方法1、ストレスを溜めすぎない

ストレスが溜まると過食しやすくなります。ストレスが溜まると感情的になりやすくなるからです。感情的になると欲望をコントロールするのが難しくなります。そのため過食しやすくなってしまうのです。

 

ストレスが溜まると、
ああ、イライラする。
むしゃむしゃバリバリ!

という感じに食べ物を食べてしまいやすくなります。

ストレスが溜まれば溜まるほど食べてしまいやすくなります。

 

だからストレスを溜め過ぎないようにしましょう。

 

方法2、テレビを見ながら食べない

テレビを見ながら食べているとついつい食べ過ぎてしまうリスクが上昇してしまいます。

 

音楽を聴きながら食べたり、歩きながら食べたり、勉強をしながら食べたりする行為も食べ過ぎてしまうリスクを上昇させてしまいます。

 

方法3、よく噛んで食べる

よく噛んで食べるということは味わって食べるということです。

食べ物をしっかりと味わって食べる。

それができるようになれば食べすぎないようになれると思います。

 

食べすぎ防止のほかにもよく噛んで食べる行為にはメリットがあります。

 

●よく噛んで食べることのメリット

メリット1、美肌・若返り効果
よく噛んで食べるとたくさんの唾液が分泌されます。
この唾液には、若返りホルモンと言われているパロチンというものや、EGFと呼ばれる美容成分が含まれています。


そのためよく噛んで食べれば美肌&若返り効果や肌荒れ&ニキビ予防を期待できるというわけです。

 

メリット2、免疫力アップ・病気の予防
よく噛んで食べるということは食べ物を噛み砕くということです。噛み砕かれた食べ物は胃腸の消化・吸収の負担を軽くしてくれます。負担が軽くなれば、その分だけ胃腸の疲労を軽減することができます。胃腸の疲労を軽減することができれば胃腸の病気になるリスクを下げることができます。

 

メリット3、ダイエット効果
食べ物をよく噛むと、満腹中枢が刺激され、満腹感で得られるために食べすぎを予防することができます。食べすぎを予防できればダイエット効果も期待できます。

 

方法4、野菜を食べる

野菜は肉や米や菓子やジュースなどに比べ、カロリーが低く、栄養価の高いものが多く存在します。

 

野菜をたくさん食べる習慣を身に付けることができれば、カロリーが多い食べ物を食べる量を減らすことができます。

 

●みじん切りキャベツを食べよう

f:id:kanifkdlljdl:20170720122422j:plain

ポテトチップスを食べるよりみじん切りのキャベツを食べたほうが健康にいい!コンビニにもみじん切りのキャベツ売ってます。このキャベツならテレビを見ながら食べても問題ありません。たとえ食べすぎてもポテトチップスのように太るということはありません。すばらしいですね。手軽にコンビニでも買えるみじん切りキャベツ。おススメの野菜です。

 

あっ、でも、野菜にドレッシングやマヨネーズをかけて食べる人は注意してね。かけすぎると太るから。ドレッシングやマヨネーズもカロリーが高いからです。カロリーオフのドレッシングやマヨネーズもかけすぎれば太る原因になる場合があります。注意してね。