座り方が悪いと疲れる!太る!病気なりやすくなる!健康を守るために座り方で心がけたいこと。

座る時間が長くなる健康を損なう!?

座り続けることのデメリット

●座った直後。筋肉の電気活動が低下し、カロリーの消費が減り、1分に1カロリー消費するだけの省エネ状態になってしまう。

 

●3時間ほど座り続けると、血管が50%収縮し、血の流れが悪くなる。

 

●24時間座り続けていると、インスリンがグルコースを吸収する率が40%低下する。

 

●一日6時間以上座ることを2週間続けると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)と脂肪細胞が増え、体重が増える。脂肪を分解する酵素が減る。長時間動かないことで、筋肉が弱くなり、心臓の働きも悪くなる。

 

●座りっぱなしの生活が1年続くと、骨密度が減少し、骨がもろくなる。骨折しやすくなる。

 

●動くことは、血流をよくして脳により多くの酸素を送り込むだけでなく、気分を明るくするホルモンの分泌も促す。動かないと脳の機能が衰える。

 

●10年から20年、1日6時間座る生活を続けると、質調整生存年(Quality Adjusted Life years QALY)を7年間失う。QALYとは、病気でもなく、死んでもいない年。単に生存しているだけでなく、人間らしい暮らしをしている状態。

 

●心臓病にかかる率は64%増加。前立腺がん、乳がんにかかる率は30%上昇。

引用:座りっぱなしが寿命を縮める。座りすぎのリスクとそれを回避する方法。

 

座り続けることには、このようなデメリットがあるそうです。

 

ただ座り続けるだけでもこれだけのデメリットがあるとしたら、悪い姿勢で座り続けたとしたらもっと酷いデメリットが生じるということになります。

 

そんな酷いデメリットを生じさせないためには良い座り姿勢を身につける必要があります。

 

正しい座り方の基本

椅子の座り方としては、まず背もたれとお尻がピッタリとつくようにして座ります。そうすると、腰の骨が起きて90度の角度で座ることができるはずです

 

首ですが、デスクワークをしている人は常にパソコンの画面を見ているはずなので、顎を引き正面にディスプレイが来るように、高さと角度を整えると良いでしょう。膝、腕はそれぞれ90度前後で曲げるようにしましょう

f:id:kanifkdlljdl:20160111082443p:plain

 

座り方で心がけたい8つのポイント

ポイント1、足を組まない

f:id:kanifkdlljdl:20160111082520j:plain

足を組んだり、前に投げ出したりしないように気をつけましょう

 

もし足を組む癖や足を投げ出す癖があるなら、古い電話帳など、足元にちょっとした踏み台を置いてみましょう

 

脚を組んでいると体が傾いている状態になっていますから、骨盤だけでなく、インナーマッスルもバランスが悪くなってしまう危険があります

 

ポイント2、足の裏を地面につける

足の裏全体が地面についていないと、上半身の重さがすべて腰に集中してしまいます

 

地面に足がつかない椅子の場合は、足元に足台を置いてみましょう

f:id:kanifkdlljdl:20160111084647j:plain

長距離の移動の際も、腰の痛みが気になる人は、ぜひ試してみてください

 

ポイント3、アゴを前に出さないようにする

f:id:kanifkdlljdl:20170828143749j:plain

猫背の人は自然とアゴが前に出てしまいます。その状態は腰への負担が大きくなります。その負担が原因で肩こりや腰痛になってしまう場合があります。

 

顔はいつも正面、顎をひくイメージで作業をするように心がけましょう。

 

あまり力を入れてアゴをひくと肩こりや首こりになってしまう場合がありますので、肩や背中に力が入らないように注意しましょう。

 

ポイント4、腰にクッションを置く

背中が丸まらないように、腰にクッションを置いてみましょう

 

自然と正しい座り方になります

 

背筋を伸ばすためのクッションもあるので、それを利用してもいいでしょう

f:id:kanifkdlljdl:20160111085551j:plain

ポイント5、休息をとる

f:id:kanifkdlljdl:20160111085807j:plain

休憩もせずにずっと作業を続けていると体にコリが酷くなります。体のコリが酷くなると疲れやすくなったり、ストレスがたまりやすくなったり、血流が悪くなって頭がぼうっとしたりしてしまいます。

 

定期的に休憩を挟み、体のコリをほぐしましょう。

 

座った状態でパソコン操作をしている人は長時間パソコン画面を見ているので眼精疲労が溜まっています。眼精疲労が溜まると肩こりになりやすくなります。

 

肩こりは偏頭痛などの痛みを生じさせることもあります。

 

なのでパソコン操作のため、長時間パソコン画面を見ている人も定期的に休息をとって目を休めましょう。

 

目の疲労は、温かいタオルで目や目の周りの筋肉を温めたり、遠くの景色を眺めたり、目薬をさしたりすると改善が期待できます。

 

ポイント6、水分をちゃんと摂る

座りっぱなしだとむくみが気になって水分を摂らない方がいますが、水分を摂らないと逆に水分代謝が悪くなってむくみを酷くすることもあります。

 

体の60%は水分ですから、適切な水分補給は必要不可欠です。

 

冷たい飲み物は体や内臓を冷やすので、常温から少し暖かい程度の物を飲む事をお勧めします。

 

ポイント7、肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かすことによって冷え性やダイエット効果が期待できます。

 

 

ポイント8、椅子に座ったまま何かをしない

f:id:kanifkdlljdl:20160111090415j:plain

イスに座ったまま足元の荷物を取ったり、ついしてしまいがちです。

 

椅子に座った状態で荷物を持つと腰に負担がかかります。その負担が原因で腰痛やギックリ腰になる場合もあります。

 

座ったままの状態で足元の荷物を足で動かすのも腰に負担がかかりますので、腰痛やギックリ腰になる場合がありますのでやめたほうがいいです。

 

荷物の移動は横着せずに椅子から立って移動させましょう。