「7~8時間睡眠」の睡眠が良いみたい!適度な睡眠時間とは?

「7~8時間睡眠」の睡眠が良いみたい!

良い事1、7~8時間睡眠が最も肥満になりにくい

●海外での研究結果

肥満度は7~8時間眠る人が最も低い。

 

それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が上昇する。

 

5時間睡眠の人は肥満率が50%上昇し、4時間以下の睡眠の人では73%も上昇する。

 

日本人の健康診断のデータを分析した研究でも、同じような結果が出ている。


●睡眠時間が短いと肥満になりやすい理由

「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからです。

 

レプチンは食欲を抑えてくれるホルモンです。

 

グレリンは食欲を増進するホルモンです。

 

睡眠時間が短いと、レプチンが減り、グレリンが増えてしまいます。睡眠時間が5時間の人は8時間の人に比べて、レプチンが16%少なく、グレリンが15%も増えています。

 

つまり、睡眠時間が短い人は、食欲が増して太りやすい身体になってしまうということです。

 

●グレリンが多いとラーメンなどを食べたくなる
さらにグレリンが多いと、高脂肪食や高カロリー食品を食べたくなります。睡眠不足のときに、お菓子やラーメンが食べたくなるのはこのせいです。

 

このように睡眠不足だと食欲が増し、高カロリーな食べ物を欲するようになるため肥満になるリスクが高くなってしまうのです。

 

良い事2、7~8時間睡眠が最も糖尿病になりにくい

●糖尿病ではない人を10年間にわたって追跡した調査の結果
7時間睡眠の人が糖尿病になる確率を1とすると、
6時間以下の睡眠の人は約1・3倍、
5時間未満の人は約1・6倍、
8時間を超える長時間睡眠の人は約1.5倍、
という調査結果が報告されているそうです。

 

●なぜ睡眠時間が短いと糖尿病になりやすくなるのか?

理由1、インスリンの効果が低下するため

インスリンというホルモンがあります。これは体内の糖分をコントロールするために必要なホルモンです。

 

睡眠不足になるとこのインスリンの分泌量や効果が低下させてしまいます。インスリンの分泌量や効果が低下すれば効率よく体内の糖分をコントロールできなくなります。そのため糖尿病を発症するリスクが高くなってしまうのです。

 

理由2、睡眠時間が短いと肥満になりやすいため

先ほど述べたとおり、睡眠時間が短いと肥満になりやすくなります。

 

肥満になると糖尿病になりやすくなります。

 

●睡眠時間が長すぎても糖尿病になる

8時間以上の睡眠は中性脂肪を増やし、善玉コレステロールを減らすそうです。

 

中性脂肪とは、体についたぶよぶよ贅肉、皮下脂肪のことです。この中性脂肪が寝すぎると増えてしまうそうなのです。増えれば肥満になるリスクが高まります。肥満になれば糖尿病になるリスクが高まります。

 

以上の理由で寝すぎると糖尿病になる場合があるそうです。

 

さらに眠りすぎは脳の機能低下を早めたり、老化を早めたりするリスクがあるそうです。

 

+++++++++++++++++

 

以上のように睡眠時間が長すぎても短すぎても体に問題が生じるようです。もちろん、最適な睡眠時間は人それぞれ違います。だからこの記事は参考に留めておいてください。そして経験的に自分の最適な睡眠時間を見つけてください。