「女の子」が好きな男性に会いたくなる瞬間。「新しい服を買ったとき」「一人の夜のとき」

女子が好きな男性に会いたくなる瞬間

1、新しい服を買った時。

f:id:kanifkdlljdl:20170517190751j:plain

新しい服を買った。
その服が自分にとても似合っていた!

 

そういうとき「好きな男性に会いたい」と思う女の子が多いそうです。

 

似合っている服を着た自分を見て褒めてもらいたい。

もっと好きになってほしい。

そういう気持ちがこのタイプの女の子の中にはあります。

 

●新しい下着

新しい下着を購入し、それがとてもセクシーだったり、可愛かったりしたときにもこのタイプの女性は好きな男性に会いたいと思います。

 

「彼にこの下着を見せたらどんな反応を示すのかな?喜んでくれるのかな?きっと喜んでくれるはず。だってこんなに似合ってるんだから」
そう思うとますます会いたくなってしまう。
このタイプの女性にはそういう可愛い一面があります。

 

男性諸君!もし、女の子が新しい服や下着を身につけてきたら必ず褒めてあげましょう。「似合ってるよ」とか「俺のためにこんな素敵な服を着てきてくれてありがとう」と言ってあげましょう。彼女はそれを望んでいるのですから。

 

2、恋愛ソングを聴いている時。

f:id:kanifkdlljdl:20170517190930j:plain

恋愛ソングが大好きな女の子は恋愛ソングを聴いているときに好きな男性に会いたくなります。恋愛ソングのような素敵な恋愛を好きな男性としたいと思っているからです。

 

男性は彼女の好きな恋愛ソングを知り、その恋愛ソングのような恋愛を演出する努力してみましょう。きっと彼女は喜んでくれると思いますよ。

 

「愛してるの響きだけで強くなれる気がしたよ」という歌詞の恋愛ソングがかつてありました。その曲を好きな女の子にある男性は「愛してる」と言いました。彼女はとても喜びました。そういう話を聞いたことがあります。

 

女の子にはドラマのような恋愛ソングのような恋愛に憧れる女の子が多いです。その憧れを叶えてあげるのは男性の務めです。だから男性の方、がんばって彼女の憧れを現実にしてあげてください。

 

3、恋愛ドラマ、アニメを見ている時

f:id:kanifkdlljdl:20170517191055j:plain

先に述べましたが、女の子にはドラマのような恋愛ソングのような恋愛に憧れる女の子が多いです。

 

そういう憧れを持っている女の子にはドラマやアニメを見ているとき好きな男性に会いたいと思う女の子も多いです。

 

もし、そういう女の子が男性に会いにきたときはしっかりと男性はその女の子を愛してあげましょう。恋愛ドラマのように。アニメのように。

 

男は皆、俳優にならなければなりません。女の子の憧れを叶えてあげるために。

 

NHKの連ドラで「戦争に行く彼を見送る女の子」に感動した女の子がいたら、彼氏には戦争に行く彼の演技をする義務があります。その義務を果たすことが彼女の憧れを叶えることになるからです。

 

はい。男性諸君!今からでも遅くはありません。俳優のような演技力を身につけましょう。

 

4、一人の夜

f:id:kanifkdlljdl:20170513143044j:plain

一人の夜。ふいに寂しさや不安に襲われることがあります。そういうときは誰だって好きな男性に会いたいと思います。

 

男性はそういう彼女の気持ちを敏感に察して彼女に会いに行ってあげましょう。そうすれば好感度アップすること間違いなしです。もしかしたら女の子が結婚したくなるくらい好感度がアップするかもしれません。

 

男性には超能力的な察知能力が求められています。そういう能力を身につける努力をしましょう。女の子のために。滝にうたれたり、瞑想をしたり、刀で居合い切りをしたりすればそういう能力を身につけられるかもしれません。

 

5、悲しいことがあった時。

f:id:kanifkdlljdl:20170517140821j:plain

「会社で嫌なことがあった」「可愛がっていたペットが亡くなった」「友達とケンカした」
という理由で悲しみに暮れている女性の中には好きな男性に会いたいと思う女性がいます。

 

人は悲しいときは誰だって好きな人にそばにいて慰めてほしいと思います。慰めてほしいという思いがあるから悲しいときは好きな人に会いたいと思います。慰めてほしいという思いが強いほどに会いたいという気持ちも強くなります。

 

彼女がそういう心理状態のときに彼女が会いたいと言わなくても彼女の気持ちを察して会いにいける男性は素敵だと思いませんか?素敵だと思った男性は今からそういう男性になれるよう努力しましょう。