嫉妬深い男性の特徴 1、他人の批判が多い 2、友達が少ない 

f:id:kanifkdlljdl:20170922150712p:plain

嫉妬深い男性の特徴

1、他人の批判が多い

「なんだあのダサい服装は」「変な歩き方」「オタクってキモイよね」「あの自転車の乗り方はないわ」「ジャニーズのどこがいい?」
「この歌手のどこがいいのかがわからない」

 

このように他人を批判する男性には嫉妬深い男性が多い。

 

●嫉妬深い男性が他人を批判する理由

1、優越感を得るため

他人を批判することによって優越感を得るためです。他人を批判できる俺はすごい。そんな優越感を得るために他人を批判するんです。

 

2、自分のすごさを周りにアピールするため

自分は「アイツのようにバカではない。ドジではない」とアピールするために他人を批判します。

 

または自分は他人を批判できるほどすごい男なんだとアピールするために他人を批判します。

 

他人を批判することで自分の評価を上げようとしているんです。芸能人などの有名な人を批判するのも自分の評価をあげるためです。

 

自分の評価を上げるために他人を批判する。そういう男性の中には嫉妬深い男性がいます。

 

2、友達が少ない

嫉妬深い男性は嫉妬をする頻度が高い。友人が多ければその分だけ嫉妬する頻度も高くなる。だから嫉妬深い男性の中には友人をあまり作らないタイプが多いです。

 

●なぜ嫉妬する頻度が高いのか?

1、勝ち負けにこだわりすぎる
勝ち負けにこだわりすぎる男性は嫉妬しやすい。

 

勝ち負けにこだわりすぎる男性は自分が負けた部分に執着しやすい。その執着心は相手の勝ちの部分にも向けられやすい。

 

勝ち負けにこだわるということは相手の勝ちにもこだわるし、自分の負けにもこだわるということでもあるからです。だから勝ち負けにこだわる人は相手の勝ちにも自分の勝ちにも執着しやすいのです。

 

執着が相手の勝ちの部分に執着が向けられればその執着に嫉妬が混じる可能性が高くなる。

 

嫉妬という感情には相手のものがうらやましいという感情と相手に負けたという感情が混じり合った感情です。だから勝ち負けにこだわる人は嫉妬を抱きやすいのです。

 

2、自分に自信がない

嫉妬深い男性の中には自分に自信がない男性がいます。自信がないため嫉妬してしまうことが多くなってしまうのです。

 

嫉妬はうらやましいという羨望の感情と負けたという敗北の感情が混じり合った感情です。自信のない人はこの感情を抱きやすい。

 

自信がないという状態は自分の能力や人格などが他人より劣っていると思っている状態です。そういう状態の人は他人と自分を比較すれば敗北感を抱きます。同時に相手の良い部分に羨望を抱きます。

 

あの人より自分は劣っている。あの人の能力がうらやましい。自信のない人はそう思ってしまい、嫉妬心を抱いてしまうのです。

 

3、ないものねだりが激しい
ないものねだり、自分にないものを欲する気持ちが強い男性には嫉妬深い男性が多い。