風邪をひきやすい人の生活習慣

毎年、流行する風邪

f:id:kanifkdlljdl:20160215131951j:plain

冬にかかりやすい風邪やインフルエンザ。どちらもウイルスが引き起こす病気ですが、風邪とインフルエンザでは原因となるウイルスの種類が異なり、症状にも違いがあります。

 

風邪は1人当たり1年間に平均6回をひいているともいわれ、人間にとって最も身近な疾患
 

風邪(かぜ)は、正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。

 

病原体、特にその8割を占めるウイルスは、冬に多いもの(ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス)以外にも数百種類はあります。そのため体に抗体ができず、1シーズン中に何度もかかったり、症状や経過がその時々で違います

 

インフルエンザの原因となるのはインフルエンザウイルスです。インフルエンザウイルスにはA型やB型、A型の中にもソ連型や香港型などのタイプが あり、毎年流行するタイプが異なります。インフルエンザは、急に38~40度の高熱が出るのが特徴で、お年寄りでは肺炎などを引き起こすことも多く、症状 が重くなると死にいたることもあります。

 

インフルエンザは国が監視する重要感染症の1つで、毎シーズン日本の人口の5~10%に当たる、約1千万人が感染しています。

 

 

風邪をひきやすい人の生活習慣

身体が冷えているのに気にしない

f:id:kanifkdlljdl:20160215123221j:plain

「体を冷やすのが風邪をひきやすくする」

 

身体が冷えて体温が下がると腸の働きが低下してしまう

 

真冬でもアイスクリームや冷たい飲み物を好む人……これは間違いなく体を冷やして、免疫力を低下させてしまいます! 他にもおうちタイムに薄いパジャマのままでずっと過ごしている人も要注意。

 

ストレスや疲れが溜まりやすい

f:id:kanifkdlljdl:20160215123413j:plain

精神的・神経的な事は、私たちの体調と密接な関係があります。

 

どんなに健康な人でもストレスが溜まると体調を崩してしまいがち

 

仕事が大変になると、ストレスに反応してコルチゾールが分泌される。実はここで風邪を引いているのだが、症状はすぐには出ない。

 

 

身体を動かさない、座ってばかりいる

f:id:kanifkdlljdl:20160215123632j:plain

運動しない人は運動する人より2倍もかぜをひきやすい

 

運動すると、エネルギーの消費、疲労物質の産生、体温上昇、などがおこり、身体内部の環境が大きく変化します。

 

1日中動かずに過ごしていると新陳代謝が鈍り、せっかく摂った栄養素を体が吸収しにくくなることも。

 

 

カフェイン入りの飲料をよく飲んでいる

f:id:kanifkdlljdl:20160215123735j:plain

コーヒーや紅茶が好きな人は、カフェインが持つ利尿作用によって、体が冷えてしまいがち。1日に何杯も飲む……という方は、できるだけカフェインレスのものを選ぶのがおすすめ。

 

たとえホットでも、利尿作用が体を冷やします。

 

カフェインを摂取しすぎると覚醒状態が長く続き、寝付けなくなる

 

偏った食事、睡眠不足など不規則な生活

f:id:kanifkdlljdl:20160215124401j:plain

私達の体にはさまざまな栄養素が必要不可欠。
それがなければ体の機能も正常に作動しません。

 

生活が不規則な人や、睡眠不足の人は風邪をひきやすい

 

しっかり睡眠をしないといつまでも免疫力は回復せずに、ずっと風邪をひきやすいままになります。

 

質の良い睡眠をとれないと、体に不調が起こりやすくなる。睡眠不足の人が風邪をひく確率は休息を十分にとっている人より4倍以上

 

 

姿勢が悪い

f:id:kanifkdlljdl:20160214073838j:plain

普段の姿勢が崩れていると、体内の筋肉や内臓に負荷がかかってしまいます。すると、風邪をひきやすい状態になってしまいます。

 

姿勢が悪い人は、程度が酷くなるにつれて筋肉の硬直を起こしている部分を多く持つことになり、その部分は血行不良を起こしているわけですから、いろんな症状がでてくるのは避けられない

 

暖房をガンガンつける。換気をしない

f:id:kanifkdlljdl:20160215124605j:plain

空気は目に見えないから分かりにくいですが
実は部屋の空気ってとーっても汚れている

 

過度の暖房は本来人間が持っている体温調節能力を失わせてしまう危険性があるので、あたためすぎは基礎体力が弱る原因にも……!

 

冬場は暖房器具を使うため、室内の二酸化窒素濃度が増加しやすい傾向があります。効率的な換気で空気質を良好に保つことは、風邪対策だけでなく健康にとって必要なこと

 

動物性たんぱく質を摂りすぎる

f:id:kanifkdlljdl:20160215133354j:plain

動物性たんぱく質の過剰摂取は、成長ホルモンとして大事な“IGF-1ホルモン”を過剰分泌させ、かえって体の老化を促し、免疫力を低下させてしまうと言われています。

 

1日のカロリーのうち動物性タンパク質は10%以下に保つ様に心がけましょう。

 

風邪を引きにくくするには、毎日の生活習慣を正しましょう

どうしても免疫力が低くなってしまう生活習慣や、生活環境で過ごしてきているという人はその環境自体を改善しなければならない

 

生活スタイルを見直すだけでも、免疫力を高めることができます。

 

現代人は免疫力が低下している!?

 24時間社会と呼ばれる現代社会は、不規則な生活に陥りやすく、ストレスも多いのが特徴です。さらにきれいで衛生的な生活環境が整っていますから、病原体に侵される機会は少なくなりました。その結果、現代人の免疫力は昔のヒトに比べて低下していると言われており、高齢でも特殊な病気でもないのに免疫力が低下したヒトが増えています。

 

 以下のような症状があれば免疫力が低下している可能性があります。

  • しっかり寝ても、なかなか疲れがとれない
  • すぐに口内炎やヘルペスができる
  • どことなくシャキッとしない
  • 風邪をひくとなかなか治らない
  • 花粉症やアトピーの症状がひどくなった
  • 重要な会議や試験当日など、いざ!という時(直前)に体調を崩した
  • 季節の変わり目など、寒暖の差が激しい時に調子を崩した
  • 久しぶりに激しい運動をした後に、風邪をひいた