悪口を言う人の心理

f:id:kanifkdlljdl:20160303142627j:plain

悪口を言う人の特徴

ナルシストである

 

f:id:kanifkdlljdl:20160304142013j:plain

ナルシストは過大評価してしまうケースが多い

大抵、ナルシストな人は「自分はかっこいい」「自分は仕事が他の人よりも出来る」などと、自分を過大評価してしまうケースが多い。でも、残念ながら世間はナルシストのことを過大評価はしてくれません。


自分が高く評価しているのに、他者は低く評価している。
これが悲劇を生む源泉になります。


悪口ばかり言う人というのは、おそらく他人の悪口か、自分の自慢話しかしません。 他人を持ち上げたりするのは苦手というよりも、危機感を感じるからです。

 

「他者が評価される」 ⇒ 「自分の評価が相対的に下がる」 ⇒ 「劣等感刺激&危機感」 ⇒ 「他者を下げるために悪口」という論理がナルシストの中にはあります。

 

ネットなどで他人の揚げ足をとったり、炎上させて喜んだり、成功している人をこきおろしたりしてる人の中には上記の論理に支配されている人がいます。これは生産的な行動ではありませんし、自分の評価が上がる行動でもありません。むしろ評価が下がる行動です。醜い行動だといってもいいでしょう。

 

たとえ悪口によって他人の評価を下げたとしても自分の評価が上がるわけではありません。つまり、ナルシストの人は悪口を言えば自分の評価が上がると錯覚しているだけなのです。

 

なぜナルシストは自分の評価が上がると錯覚してしまうのか?

悪口を言うことで相手の評価を下げたことに勝利感と優越感を感じるからです。。その感覚がナルシストに自分の評価が上がったと錯覚させるのです。実際は少しも自分の評価など上がってないのに・・・。でもナルシストはその感覚を錯覚だと思わない。自分の評価が上がったと思い込んでしまう。だからまた悪口を言ってしまう。自分の評価が上がったという錯覚を得るために。ナルシストは独善的です。自分の考え方が間違っているとは思いません。自分の独善的な世界観・価値観を愛しているからです。だから自分の自己評価が上がったというのは錯覚だと気づけないのです。

 

自分のナルシストな気質に気づかない限りナルシストは永遠に悪口を言い続けるでしょう。自己評価を上がったという錯覚を得るために。その錯覚を錯覚とも思わずに求め続けるでしょう。

 

劣等感が強い

f:id:kanifkdlljdl:20160304142136j:plain

劣等感の強い人の中には他人を評価できない人がいます。他人を評価すれば自分の評価が相対的に下がってしまうからです。だからある種の劣等感の強い人は自分より評価されている人のことを批判することによって自分の評価を上げようとします。そんな方法で自分の評価は上がらないのに・・・

 

劣等感の強い人の中にもナルシストと同じ論理、「他者が評価される」 ⇒ 「自分の評価が相対的に下がる」 ⇒ 「劣等感刺激&危機感」 ⇒ 「他者を下げるために悪口」という論理があるため他人を悪口を言って自分の評価を高めようという愚かな行為を繰り返してしまうのです。

 

それに劣等感の強い人は嫉妬心も強いので、その嫉妬心を原動力にして他者の悪口を言ってしまいます。優越感を得るために。まがい物の自己評価を得るために。まがい物でも少しの間は劣等感を忘れさせてくれます。でも所詮はまがい物。すぐ消えてなくなってしまいます。再び劣等感に苛まれはじめます。その劣等感を忘れるために再び誰かの悪口を言って、優越感とまがい物の評価を得ようとします。

 

①悪口を言う⇒②優越感とまがい物の評価を得る⇒③まがい物の評価の効果が消える⇒④再び劣等感に苛まれる⇒①に戻る

といった悪循環をある種の劣等感の強い人は繰り返してしまう。

 

関連記事

嫉妬は人を狂わせる! 嫉妬の感情を抑えるための方法!

 

視野狭窄である

f:id:kanifkdlljdl:20160304142330g:plain

ナルシストや劣等感の強い人たちは、他人との比較においてしか自分を位置づけられません。

 

彼らは評価にばかり意識を奪われているせいで視野が狭い。そのため自分にとってプラスにならない状況にはまり込んでいることに気付きません。悪口を言っても自分の評価は上がらないことに気付きません。自分の評価が下がっていることにすら気付きません。

 

傲慢で、プライドが高く、対抗意識が強い

f:id:kanifkdlljdl:20160304142646j:plain

プライドが高く、対抗意識の強い人は好戦的な人が多い。そのため相手を批判して、その評価を下げようとする傾向が強い。好戦的な政治家を見れば、好戦的な人間がいかに批判をする傾向が強いかがわかると思います。

 

テレビで政治家同士の討論会が放送されるときがあります。討論会は討論をする場です。口論をする場ではありません。でも、感情的になった政治家同士が討論ではなく、口論を始めてしまう場合があります。口論では議論は深まりません。議論が深まらない間もその政治家には給料が支払われています。その給料は税金から負担されているのです。それを政治家が自覚しているなら、口論なんて無駄なことをしないはず。でも、残念ながらその自覚のない政治家はいつの世もいます。

 

実害のない口論ならいくらでもやっていいと思います。でも実害のでる口論はやめてほしいものです。政治家はもう立派な大人なのですから。

 

傲慢でプライドの高い政治家は口論を始めやすい

傲慢でプライドの高い政治家は独善的な傾向が強いです。自分の考えが絶対に正しいと思う傾向が強いです。だから相手に批判されるとカッとなって反論してしまいます。さらに批判されればさらに感情的になり、やがて口論を始めてしまいます。相手の政治家も傲慢でプライドが高いとこの口論の時間は長くなります。

 

もちろん、傲慢でプライドの高い一般人も独善的な傾向が強いです。そのため批判されると感情的になりやすいです。

 

体調が悪かったり、イライラしているとき

f:id:kanifkdlljdl:20160304142801j:plain

体調が悪かったり、イライラしているときは誰でも攻撃的になってしまい、ついつい他者の悪口を言ってしまいます。

 

ストレスを上手に解消しないと常に攻撃的な状態が続いてしまいます。その攻撃性を自分に向ければ自己否定や自傷行為をしてしまいます。その攻撃性を他人に向ければ、悪口を言ったり、意地悪をしたりしてしまいます。どちらも良い行為ではありません。

 

ストレス解消するために意図的に他人を攻撃する人もいる!

自分のストレスを他人を攻撃することによって解消する人もいます。その他人攻撃は無意識の場合もあれば意識的の場合もあります。意識的に他人を攻撃してストレスを解消する行為は非人道的です。それは自分の性的欲求不満を解消するために痴漢などの性犯罪する人と本質的に同じです。そんな卑劣なストレス解消をしないでください。ストレスは他人に迷惑をかけない方法で解消してください。

 

悪口を言う人の心理

自分をよく見せたいと強く思っている

f:id:kanifkdlljdl:20160304142926j:plain

たとえば、目の前に綺麗なドレスを着た女性が二人います。この二人の女性は双子です。顔もスタイルも同じです。おまけに着ているドレスも同じです。街中でこの二人の女性を見かけた人たちはどう評価するでしょうか?ほとんどの人が同レベルの美しさだと思うでしょう。甲乙つけがたい美しさだと思うでしょう。

 

でも、片方の女性が心無い男にバケツいっぱいの泥水をかけられてしまいます。女性は泥だらけになってしまいます。一方の女性は綺麗なドレスのままです。泥だらけの女性と綺麗なままの女性。この2人を街中で見かけた人たちは、どんな評価をするでしょう?ほとんどの人が泥水をかぶってない女性のほうが美しいと感じるでしょう。

 

以上の例のようにまったく同じ容姿とドレス姿でも、泥水をかぶっただけで他人の評価が変わってしまいます。綺麗なままの女性は何もしていません。評価も上がっていません。泥をかぶった女性の評価が下がっただけです。そのおかげで綺麗のままの女性のほうが綺麗に見えているだけです。

 

悪口を言う人は相手に泥水をかけているようなもの

悪口を言う人は相手に泥水をかけているようなものです。悪口という泥を相手にかけ、相手の評価を下げているようなものです。それで自分の評価が上がっていると錯覚しているだけです。普通に考えればそんな卑劣なことをしても自分の評価が上がるはずがないとわかるはずです。でも自分をよく見せたいという欲が強すぎてわかるはずのこともわからなくなっているのです。普通の人より視野が狭くなってしまっているのです。

 

自己防衛のため

f:id:kanifkdlljdl:20160304143126j:plain

郷に入っては郷に従う

悪口が蔓延している環境で悪口を言わないでいると異分子とみなされ、攻撃される恐れがあるからです。そうならないために周りに合わせて悪口を言うケースがあります。

 

自分の身を守るために悪口を言う。グループの中には悪口なんて言いたくないという人もいるケースがあります。でも、残念ながら、ほとんどの人が悪口を言うのをやめることができません。悪口を言うのをやめれば、仲間はずれにされたり、悪口を言われたり、いじめられたりする可能性があるからです。そんな嫌な思いするくらいだったらグループの中で誰かの悪口を言っているほうがマシと思ってしまうからです。

 

いじめをするグループの中にも悪口を言うグループと同じようにいじめなんてしたくないと思っている人がいることがあります。でも、いじめなんてしたくないと言えば今度は自分がいじめられる可能性があります。いじめられるくらいだったらいじめているほうがマシだ。そう思っていじめに参加している人がいます。

 

人は保身のために残酷なことをしてしまう可能性がある

人は保身のために残酷なことをしてしまう可能性がある、ということです。いじめられないためにいじめをする可能性がある、ということです。悪口を言わないために悪口を言う可能性がある、ということです。

 

仲間との絆の確認のため

f:id:kanifkdlljdl:20160304143627j:plain

 悪口と言う共同作業をすることによって連帯感を高めている

ある程度仲がいいもの同士が集まって、仲の良くない人の陰口を言うことがあります。
これは友達同士の連帯感を高めるのに役立っています。悪口と言う共同作業をすることによって連帯感を高めているのです。同時に「自分はこのグループの一員だ」という安心感も得られます。

 

まるで自分のようで無意識に批判してしまう

f:id:kanifkdlljdl:20160304144330j:plain

自分の欠点や弱点を他者に投影して、悪口を言ってしまうことがあります。

 

自分の中にコンプレックスがあると相手の中に自分と同じ劣った部分を見つけただけでも自分の中にあるコンプレックスが刺激され、不愉快になり、相手の悪口を言ってしまうことがあります。

 

悪口はこんなにも自分を悪くする

聞いていてストレスがたまる会話の内容と言えば?(複数回答可)

1位は「他人の批判や悪口ばかり言う」で59%

2位は「愚痴、不満」で50%

3位は「自慢」で45%

 

 

悪口をいう人間は、他にどんなに魅力的な面があっても好きになれない。

 

悪口を言う人間は、信用されない。

陰で自分のことも悪く言っていると思われるからだ。たとえ言っていなくても他人はそうは思ってくれない。そのため他人に信用されない。信用されたいならまず他人の前で悪口を言わないことだ。そうすれば他人から自分のことも悪く言っていると思われなくなる。

 

他人の悪口を言う人は不満が多いと思われます。不満が多い人は攻撃的です。攻撃的な人はその攻撃性を他者に向ける可能性があります。そんな爆弾のような存在の人を信用するのは困難です。できるならそばに近寄りたくない、関わりたくないと思うのが普通です。