寝起きにコーヒーを飲む習慣があるとカフェインの覚醒効果が低下してしまう!?コルチゾールが原因!?

f:id:kanifkdlljdl:20160317101349j:plain

8時から9時の間はコーヒーを飲まないほうがいいらしい

人間の体にあると言われる体内時計。これには「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが深く関係しています。不快なことがあった際にも分泌されることから「ストレスホルモン」なんて別名もあるコルチゾールですが、実はこのホルモン、自然に体を覚醒させるために朝8時から9時の間に活発に分泌されるのだそうです。

このコルチゾールが大量に分泌されている時間帯にコーヒーを飲むと、カフェインに対する耐性がついてしまうそうです。そういうわけでコーヒーを飲めば飲むほどカフェインによる覚醒効果が得られにくくなるというわけです。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170321142751j:plain

 出典:福腎疲労症候群 

 この図のようにコルチゾールは一般的には朝8時頃に大量に分泌量されます。コルチゾールがたくさん分泌されているときにコーヒーを飲み続けているとカフェイン対して耐性がついてしまうそうなんです。

 

●寝起きでコーヒーを飲むのもダメらしい

何時に起きようとも、目覚めてから1時間のうちはコルチゾールの量は50%増加しているそうです。起床するという行為はストレスを感じる作業のようです。

 

確かに朝、会社に行くために起きるという行為はストレスを感じますよね。ああ、仕事行きたくない、ずっと眠っていたと思う気持ちを我慢して起きるのは本当にストレスを感じますよね。うんざりするようなストレスを感じますよね。そのストレスは尋常なものではありませんよね。

 

その尋常ではないストレスを解消するために大量のコルチゾールが分泌されているそうなんです。

 

コルチゾールが分泌されているときどうしてコーヒーを飲んではいけないのか?

NG理由1、疲れてしまう

コーヒーに含まれるカフェインを摂ると興奮・覚醒するのは副腎のホルモン“コルチゾール”と“アドレナリン”が分泌されるからです。このホルモンをどんどん分泌させてしまうと、体を疲れさせてしまうことになります。

 

NG理由2、カフェインに対する耐性ができてしまう

コルチゾールの血中濃度が高くなる時間帯にコーヒーを飲むとカフェインに対する耐性がついてしまいます。

 

耐性がついてしまうと、今までより多くのカフェインをカラダが欲するようになってしまいます(カフェイン中毒)。

 

コルチゾールが分泌しているときにコーヒーを飲むとカフェイン耐性がついてしまう理由とは?

コルチゾールは人体をストレスから守るために分泌されるホルモンです。このホルモンはカフェインを摂取すると分泌量が増えるといわれています。分泌量が増えるとその分だけ副腎に負担がかかります。その負担が増えるほどに副腎にダメージが蓄積され、機能が低下してしまいます。結果、コルチゾールの分泌量が低下し、ストレス耐性が低下してしまいます。

 

副腎機能が低下した結果、ストレス耐性が低下するとストレスを感じやすくなります。ストレスを感じやすくなるとアルコール好きの酒量が増えるようにコーヒーを飲む量が増えてしまいます。飲む量が増えればその分だけカフェインに対しての耐性がつきやすくなってしまいます。

 

コルチゾールがたくさん分泌している時間

コーヒーを飲む

コルチゾールの分泌量が増える

副腎に負担がかかる

副腎機能が低下する

ストレス耐性が低下する

ストレスを感じやすくなる

ストレス解消に飲むコーヒーの量が増えてしまう

カフェインへの耐性がついてしまう。

 

以上のようなプロセスでカフェインへの耐性がついてしまうんです。

 

コーヒーを飲むのにベストな時間帯は?

●午前9時半から11時半がベスト

コーヒーの「飲み時」は、コルチゾールが減少する午前9時半から11時半がベストなのだとか。正午から午後1時、午後5時半から6時半にもコルチゾールが上昇するため、コーヒーを避けた方がいい。

 

●起きてから最低でも1時間経った頃

コーヒーは起きてから最低でも1時間経った頃に飲みましょう。その頃には起き抜けにみなぎっていたエネルギーも落ち着き、コーヒーのおかげで午前中を元気に乗り切ることができます。

 

コーヒーの飲む量はどれくらいがいいのか?

●1時間に1杯を超えないように注意

1日に2杯以上飲む人は、1時間に1杯を超えないように注意しましょう。飲みすぎるとカフェインに対して耐性ができてしまいます。耐性ができると耐性ができる前よりカフェインの量を多くしないと満足できなくなってしまいます。さらにカフェインを取りすぎるとカフェイン中毒になるリスクも高くなります。

 

●一般的には一日3~4杯くらいが適量

食事にも適量があるようにコーヒーにも適量というものがあるんです。その適量は個人差がありますが、一般的には一日3~4杯くらいが適量と言われています。

 

●妊婦さんは1~2杯が適量

妊婦さんは、1~2杯が適量と言われています。妊婦さんはカフェインを摂り過ぎると流産や早産、低出生体重児、発達障害のリスクが高まると言われているからです。

 

できれば妊婦さんはコーヒーを飲まないほうがいいと僕は思っています。飲まなければカフェインによるリスクがゼロになるからです。もちろん、大好きなコーヒーを飲まないとストレスを感じてしまうという妊婦さんは適量を飲んだほうがいいと思います。でも、コーヒーを無理なく我慢できる妊婦さんは飲まないほうがいいと思います。そうすればお腹の赤ちゃんへの悪影響がひとつ減ります。