「自分はだまされない」 自信満々の高齢者ほどだまされやすい!? 振り込め詐欺への6つ対策

f:id:kanifkdlljdl:20170312171758j:plain

オレオレ詐欺などの「特殊詐欺」に関する初の世論調査を内閣府が11日に発表

●「自分は被害にあわないと思う」と答えた人は39.6%

調査は、内閣府が1月12~22日に実施。
対象は全国の18以上の男女に面接で行い、
1878人から有効回答を得た。

 

結果によると、「自分は被害にあわないと思う」と答えた人は39.6%だった。

 

年齢層別では、
18~29歳の若年層が28.2%、
30代が27.0%、
40代が34.7%と30%台、
にとどまった。


これに対し、
60代では42.9%、
70歳以上は50.7%、
と、高齢になるにつれて「自分は被害にあわないと思う」傾向が高くなる結果となった。

 

この結果から高齢になるほど「自分はだまされない」と考える傾向が強く、認識の甘さが被害を生む要因につながっている実態が浮かび上がった。

 

●高齢になるほど「だまされない自信があるから」と思う傾向が強くなる

被害にあわないと思う理由について「だまされない自信があるから」と答えたのは、50代以下の世代は40%台だったのに対し、60代以上の世代は50%を超えた。反対に「いつも誰かに相談するようにしているから」との答えは、高齢世代になるにつれて低い傾向が出た。

 

高齢世代ほど防犯対策が手薄な状態にあるとの結果も明らかになった。「非通知電話の拒否設定」や「ATM利用限度額の引き下げ」などの防犯対策を一切行っていない世代は、70代以上が23.9%で最も高かった。自分は騙されないという自信が防犯対策を軽視することにつながっているようだ。

 

警察庁が2月2日に発表した調査では昨年1年間の特殊詐欺認知件数は1万4151件だったが、このうち65歳以上の高齢者の被害件数が1万1041件で、全体の78%を占めた。高齢者被害の件数は前年から400件増えていることも明らかになった。

 

この事件の被害者増加には自分は騙されないという自信や防犯対策を軽視する態度が原因している事例もあるだろう。

 

振り込め詐欺への対策・6つのポイント

1.「今日中に振り込んで」は詐欺のサイン

「今日中に振り込んで」は詐欺のサインと考えたほうがよい。
 

警察官をかたり「カードを預かります」とだまし取る手口、息子や孫をかたり「電話番号が変わった」という事前の電話も詐欺の可能性が高い。

 

2.慎重に話を聞いて、必ず本人に連絡をとる

詐欺犯から交通事故などの緊急事態を告げられると、気が動転してしまう。その動揺を詐欺犯は巧みに利用し、嘘話を信用させ、金銭を要求してくる。

 

本当に本人の声か、話のつじつまは合ってるかなど、落ち着いて話を聞くことが重要。

 

疑わしい電話を受けたら、必ず本人の確認をとる。あるいは家族に相談する。

 

3.詐欺犯罪はチームで仕掛けてくる

たとえば「家族が痴漢をした」と示談金を求めてくる場合。被害者の娘、その父親、弁護士など次々と電話に出てくることもある。これは、全員が詐欺仲間だ。複数の人間がもっともらしいことを話してくる。


詐欺犯は、仕事などで本人が不在の時間帯を狙って電話をかけて、本人に確認する前に振り込ませようとする。またATMで送金ができなくなる間際の時間を狙い、「とにかく急いで」と急がされることもある。午前10時から午後2時までの電話には注意しよう。

 

4.詐欺防止の対応と家族との対策

疑わしい電話を受けたら「こちらから行きます。どちらへ行けばいいのですか」と問いただしてみよう。多くの場合、この段階で電話が切られる。
 

●家族でできる対策

電話の相手が本人か確認するために、合言葉を決めておく。

 

シニア層がいる家庭では、あらかじめ対策を相談しておく。

 

緊急事態が起きた場合には、親類など信頼できる第三者に相談する

 

5.警察や弁護士を名乗る電話に注意

詐欺犯は、警察官や弁護士など権威のある人物を装って電話を掛けてくる。詐欺犯の目的は法律用語などをたくみに織り交ぜ、示談に持ち込んだふりをして、お金を振り込ませることだ。

 

警察が示談の仲介をすることはない。
弁護士が交通事故直後などに示談金の振り込みをすすめることもない。


●税金などの「還付金があります」と持ちかけ、ATMに誘導する還付金詐欺

ATMを介してお金を戻すことはない。
「ATMから電話してください」といわれたら、還付金詐欺と思ったほうがいい

 

6.不審に思ったら、警察に連絡

不審に思うことがあったら、すぐに警察に電話をしよう。

 

各警察署では「振り込め詐欺」の相談電話を受付けている。また、「#9110」では、犯罪被害の未然防止など、生活の安全を守るための相談を受付けている。

 

さらに詳しく振り込め詐欺について知りたい方は以下のサイトをご覧ください。

警察庁振り込め詐欺対策HP