「早起き」を繰り返すと健康を損なう!心筋梗塞、脳卒中、糖尿病のリスクが高くなる!?

f:id:kanifkdlljdl:20170311141714j:plain

「早起きが健康に良いものだと思っているのならば、それは大きな間違いです。朝6時に起きて、日課のジョギングを1時間ほどこなしてから、余裕をもって会社に向かい、9時から仕事に取りかかる。誰もが理想的だと考えるそんな生活が、重大な病気を引き起こし、命取りになることもあるのです」

 

ポール・ケリー博士は言った。彼は英オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員。睡眠のスペシャリストといっても過言ではない人物だ。

 

そんな人物が【早起き】が体に悪影響を及ぼすと言った。

 

さらにケリー博士は言う。

 

「世界中のあらゆる人たちの睡眠パターンを分析して、年齢層ごとの推奨すべき起床時間と起床後の活動開始時間をはじき出すことに成功しました。それによれば、個人差はあるものの、起床時間は青年期(15~30歳)であれば朝9時、壮年期・中年期(31~64歳)なら8時、高年期(65歳以上)だと7時となっている。

 

また起床後の活動開始時間は青年期11時、壮年期・中年期10時、高年期は9時が最適だと分かっています。この数値を見れば明らかなように、すべての年齢層の人に言えることは、6時よりも前に起床することは人間として本来あってはならないということです」

 

●理想の起床時間

個人差はあるものの、
起床時間は青年期(15~30歳)であれば朝9時、

壮年期・中年期(31~64歳)なら8時、
高年期(65歳以上)だと7時

 

●理想の起床後の活動開始時間

起床後の活動開始時間は

青年期11時、

壮年期・中年期10時、

高年期は9時

 

ケリー博士が研究から導き出した意見だ。

 

このケリー的理想の起床時間、理想の起床後の活動開始時間より早く活動すると以下ようなリスクがあるとケリー博士は言う。

 

●ケリー的理想の起床時間、理想の起床後の活動開始時間より早く活動したときのリスク

メタボリックシンドローム

・糖尿病

・高血圧

・心筋梗塞

・脳卒中

・心不全などの循環器疾患

・HPA(視床下部-脳下垂体-副腎皮質)機能不全によるうつ病

・脳の機能低下による精神疾患

 

●早起きが病気になりやすく理由

ケリー博士によれば、その原因は「人間の体内時計の『ズレ』」にあるという。

 

体内時計とは、「概日リズム」とも呼ばれる、生物に生まれながらにして備わった生命活動のサイクルである。これがあるおかげで、人はもちろん、あらゆる生物は意識しなくても活動状態と休息状態を一定のリズムで繰り返すことができる。

 

ケリー博士はこの体内時計の周期と人間の実生活における行動周期とにズレが生じることが、人の身体に悪影響を及ぼすものだと考えている。そして早起きこそが、このズレを生むのだという。

 

「体内時計は身体のあらゆる部位に存在します。例えば脳の視交叉上核という場所に体内時計が備わっていますが、早起きすることによってこれがズレてしまうと、著しく脳の機能が低下します。すると集中力や記憶力、コミュニケーション能力などが著しく減退してしまうのです」

 

「脳に加えて、心臓や肺などのあらゆる臓器にも体内時計は備わっています。ただでさえ早起きをすることによってこれらの体内時計にズレが生じる上に、そのズレは年齢を重ねるごとに自然と大きくなります。そうなると、必要以上に臓器を酷使してしまうことになり、病気を誘発するリスクがさらに高まるのです」

 

早起きが原因で体内時計にズレが生じる。そのズレが原因で病気になりやすくなる。さらに年齢を重ねるごとにそのズレは自然と大きくなる。そのため病気になりやすくなる。

 

高齢者の理想的な起床時間である7時以降(ケリー理論)
それよりも早い6時以前に起きている人は、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患の発症リスクが最大で約4割、糖尿病やうつ病といったその他の病気に関しても2~3割高くなり、またその多くが重篤化しやすいという驚きの結果が出た。

 

ケリー博士は特に日本社会に対して危機感を抱いている。

「統計的にも、日本人は世界中で突出して睡眠時間が短い。加えて早く起きる人の割合も多い。しかも学校や政府、企業がそれを主導しているように思えます。『早起きは三文の徳』ということわざが日本にはあるようですが、とくに高齢の方には、それは科学的に間違いだということを十分理解してもらいたいです」