女性には男性よりも長い睡眠時間が必要らしい ホントに?調べてみた。

女性には男性よりも長い睡眠時間が必要(英)

人間は平均7時間の睡眠が必要とされる。「寝る子は育つ」と言うが、私たちの脳は睡眠時にどのような働きをしているのだろうか? 『independent.co.uk』が伝えている。

 

英ラフバラー大学睡眠リサーチセンターの理事であるジム・ホーン教授のチームは、中高年世代の男女210名ずつを対象に「睡眠時間と脳の関係について男女の比較実験」を行った。これにより「女性は男性よりも長く眠ることが必要である」という興味深い結果が示された。

 

ホーン教授は「女性の脳は男性の脳よりも複雑で、日中より活発に働きます。女性はマルチタスク、つまり複数のことを並行してこなすことが可能と言われますが、これは同時に女性が脳を酷使し、脳が多大なストレスを受けていることを意味します。この疲労した脳を回復させるため、女性はより多くの睡眠時間が必要になるということがわかったのです」と明かす。さらに「女性は睡眠時間が足りないと精神的に不安定になり、うつや激しい怒り、相手に対して敵意をむき出しにするなどの症状が顕著に現れます。これは男性には見られない症状です」と語る。

 

脳の中でも睡眠を必要としているのは、思考、記憶、言葉と深くかかわりがある大脳である。この大脳を睡眠で休息させないと脳のメンテナンスが滞り、日中の活動に支障がでる。女性は男性より1日平均20分ほど多く眠ることでリフレッシュできるという。

 

しかし例外もあるようだ。ホーン教授によると「男性でも常に政策決定に関わる仕事をしている人、既存の概念にとらわれず視点を様々に変えて問題解決する(“水平思考”と呼ばれる)人ほどより多くの睡眠が必要であることがわかっています」とコメントしている。脳をきっちり休ませるにはやはり睡眠が不可欠と言えよう。

引用:女性には男性よりも長い睡眠時間が必要(英) - エキサイトニュース

 

「女性の脳は男性の脳よりも複雑、マルチタスク、複数のことを並行してこなす。そのため女性は脳を酷使し、脳が多大なストレスを受けている。そのストレスによる疲労を回復するため、女性は男性より多くの睡眠時間が必要になる」

 

そうホーン教授は言っている。さらにホーン教授は言う。

 

「女性は睡眠時間が足りないと精神的に不安定になり、うつや激しい怒り、相手に対して敵意をむき出しにするなどの症状が顕著に現れる。これは男性には見られない症状だ」

 

●僕の意見

“女性はマルチタスクが得意”本当か?最新調査で否定された脳の性差 というサイトの記事にこう書かれていた。
 
以下、引用。

解剖学的みかたでは、男女の脳にはほとんど違いはないようだ。イスラエルのテルアビブ大学心理科学部のダフネ・ジョエル教授らが昨年11月末に「Proceedings of the National Academy of Sciences」に発表した研究論文によれば、性による違いは脳のごく一部にみられるものの、個々の脳に大きな男女の差は存在していないという。

 

ロザリンド・フランクリン医科学大学による同様の研究によると、6,000件を超える脳のsMRI(構造的核磁気共鳴画像法)検査の結果をメタ分析した結果、脳の海馬の大きさに男女差がないこと、また左右の大脳半球をつなぐ脳梁の大きさにこれまで定説とされてきた男女差がなく、男女の脳に半球による言語処理方法に違いがあるという説が間違っていることが判明したという。

 

男女の脳にはほとんど違いがない!これが本当なら女性のほうが長い睡眠が必要という理論は否定されることになる。

 

ジョエル教授は1,400人以上の脳をMRIでスキャンした。注目したのは、脳の働きよりも脳のさまざまな部位における組織の厚みや重さなど解剖学的特性だった。

 

分析の結果は個々の脳が男女どちらかに明確に分けられるケースはほとんど見当たらなかった。

 

つまり、解剖学的には、男女の脳に大きな違いは見つからなかったということだ。

 

教授は、過去に5,000人以上の被験者に対して行なった、2つの研究を見直し同様の分析を行ったが、結果は同様だったと語った。

 

さらにロザリンド・フランクリン医科学大学による研究で、脳の海馬の大きさに男女差がないこと、また左右の大脳半球をつなぐ脳梁の大きさにこれまで定説とされてきた男女差がなく、男女の脳に半球による言語処理方法に違いがあるという説が間違っていることが判明した。

 

これにより脳の厚み・重さ・海馬の大きさ・脳梁の大きさには、男女の脳に大きな違いはないことの信憑性が増した。

 

もちろん、この分析からわかったことは脳の厚み・重さ・海馬の大きさ・脳梁の大きさだ。脳の質についてはわかっていない。

 

だから女性のほうが男性より脳を酷使するという説を否定することはできない。

 

だが、ジョエル教授は今回の調査結果から「人間の脳は、男性脳、女性脳という、2つの明確なクラスには分類できない」と、結論づけている。世間一般にいわれる性差は、社会における男女の扱いの違いが大きく影響しているのではないかというのが、教授の見解だった。

 

社会における男女の扱いの違いが性差の原因となっている。これが本当なら、女性のほうが睡眠時間を長く必要なのも社会における男女の扱いの違いが原因ということにもなる。

 

確かに教授の言うことには一理ある。

 

現代社会は男女平等と謳っているが、残念ながら男女平等の社会ではない。まだまだ不平等はたくさん残っている。そういう不平等が女性にストレスを与え、同時に脳にもストレスを与え、それが原因で疲労が溜まり、男性よりも睡眠が必要になるという可能性は否定できない。

 

でも、それだけが女性の睡眠時間を長くする理由とは思えない。体力的理由や精神的理由も女性の睡眠時間が長い原因になるはずだ。それに脳の質的違いが女性の睡眠時間が長い原因となっている可能性だってある。

 

まあ、今の段階では、その可能性を調べることはできない。だから、教授の主張を否定することはできない。同時に肯定することもできない。

 

男女の脳の違いが睡眠時間の差を作り出している。これが真実かどうかを明らかにするのは、まだまだ先のようだ。