女性のほうが男性より20分以上長く眠る必要がある!?なぜ女性のほうが長く眠る必要があるのか?

男性よりも女性の方が長く睡眠時間が必要

f:id:kanifkdlljdl:20160628123315j:plain

英ラフバラー大学睡眠リサーチセンターの理事であるジム・ホーン教授のチームは、中高年世代の男女210名ずつを対象に「睡眠時間と脳の関係について男女の比較実験」を行った。これにより「女性は男性よりも長く眠ることが必要である」という興味深い結果が示された。

女性のほうが男性より脳を酷使している

ホー ン教授は「女性の脳は男性の脳よりも複雑で、日中より活発に働きます。女性はマルチタスク、つまり複数のことを並行してこなすことが可能と言われますが、 これは同時に女性が脳を酷使し、脳が多大なストレスを受けていることを意味します。この疲労した脳を回復させるため、女性はより多くの睡眠時間が必要にな るということがわかったのです」と明かす。

女性には男性よりも長い睡眠時間が必要(英) - エキサイトニュース

 

でも日本の女性には、寝不足に悩んでいる方が多いです。

なぜ寝不足に悩む女性が多いのでしょうか?

 

女性の寝不足の主な原因

1、忙しい

仕事が忙しい

世界の女性と比べ、日本人女性の睡眠時間は短いといわれています。特に、働いている人は平均睡眠時間が7時間33分という結果が出ており、先進国のなかでも短い状況です。

 

家事・子育てで忙しい

日本人男性も平均睡眠時間が7時間52分と、海外の人たちに比べると短いです。でも女性よりは長いです。この結果は、男性の家事進出が遅れていることが原因ではないかと考えられています。

 

主婦の寝不足を解消するには、家族の協力が必要不可欠。旦那さんの協力があるだけでも、奥さんの負担も軽減されるはずです。

 

2、生理中の基礎体温の低下

体温が下がると人は熟睡できません。生理中は基礎体温が下がる事により、自分では気づかないうちにいつもよりも熟睡できていないときがあります。

 

女性の睡眠不足が惹き起こす問題

1、肌の衰えるスピードが速くなる

寝不足が女性にとって恐ろしいのは表面に見える肌荒れでは無く、寝不足による肌の回復力の衰えです。

 

強い紫外線を夏の間浴び続けた肌は通常、睡眠中に回復する能力が備わっています。でも、日頃から寝不足が続いている女性の肌はそうでない女性より著しくハリ、弾力性が損なわれてしまいます。肌の弾力性が損なわれると、深いシワや肌の黒ずみなどが出来やすくなってしまいます。

 

早い女性で1週間、寝不足が続くと肌の衰えがみられる人もいるそうです。

 

エストロゲンというホルモンの分泌量も減る

寝不足はエストロゲンという女性ホルモンを減らしてしまうといわれています。エストロゲンというホルモンの分泌量が減ると、肌のハリ・ツヤがなくなったり、身体から女性らしさがなくなったりというデメリットがあります。

 

2、太りやすくなる

“グレリン”と“レプチン”という2つのホルモンがあります。

 

グレリンは、「お腹が空いたから食べて!」と命令を出す食欲促進ホルモンです。

レプチンは、別名“脂肪制御ホルモン”とも呼ばれる食欲をも抑える役割を担っているのです。

 

この2つのホルモンは睡眠に大きく左右され、1日6時間未満という睡眠不足の女性にはグレリンが多く発見され、レプチンのレベルも低いのだそうです。つまり寝不足が続くと、お腹が空きやすく食欲が増すということです。

 

寝不足が酷くなればなるほどお腹が空きやすくなり、食欲が増す。そうなればついつい食べ過ぎてしまう。食べ過ぎれば必然的に太りやすくなる。さらに寝不足が続くと代謝力も低下するのでさらに太りやすくなる。太らないためには我慢しなければならない。でもホルモンバランスが乱れているせいで我慢することができない。食べてしまう。食べ過ぎてしまう。そして太ってしまう。これ以上太らないように我慢しよう思う。でも寝不足によるホルモンバランスの乱れのせいで我慢できない。食べてしまう。そしてますます太ってしまう・・・そんな負のスパイラルに陥ってしまう可能性が寝不足にはあります。

 

3、脳力を低下させる

睡眠不足は集中力、認識力、問題解決能力を全て低下させると共に、睡眠中に私達の脳は日中に得た情報を記録したり、削除する作業をしているので、それさえもままならなくなり、必然的に記憶力もと下がる事になります。

 

4、炎症が生じやすくなる

5年間に渡り700人の睡眠状態を調査したアメリカの研究によると、心筋梗塞など、冠状動脈性心疾患を患う女性は、1日の睡眠時間が6時間以下と短かったり起きる時間が早すぎたりすると、炎症が危険なほどに悪化することが明らかになった。ただし、男性には睡眠時間と炎症の関連性は見受けられなかったという。

 

※このデータは、心筋梗塞など、冠状動脈性心疾患を患う女性を調査したものです。健康な女性を調査したものではありません。

 

ですが、寝不足が続くと抵抗力が落ち、病気になりやすくなるというのは事実です。なので健康な人でも寝不足が続けば抵抗力が落ち、炎症を起こしてしまう場合があると思います。