緑が死亡率を低下させる!?自然の緑の驚くべきパワー!

f:id:kanifkdlljdl:20160716042007j:plain

緑が死亡率を低下させる

緑の多い生活と死亡率の関係 死亡率に12%もの差

2000~2008年に10万8000人のアメリカ人女性の情報の分析が行われ、緑に囲まれた環境に住んでいる女性は、ほとんど緑がない環境に住んでいる女性に比べ、約12%も死亡率が低いということが分かった。

 

呼吸器関連の死亡率に関しては約34%も違いがみられ、がんの死亡率の比較でも、前者の女性では13%も低かった

 

 ソース:アレに囲まれた生活をおくる人の死亡率が12%下がった!楽に寿命を延ばす方法 - Spotlight (スポットライト)

 

なぜ緑が死亡率を下げるのか?

まず第一に自然の多い環境のほうが自然の少ない環境より人体に悪影響を与える物質が少ないということ。自然が多いところのほうが人が少なく、汚染物質の放出量が少ないから死亡率が低いということです。でも、それだけの理由で死亡率が低くなっているわけではありません。その他にも死亡率を低くしている理由があります。その理由には植物の特性が関係しています。

 

植物には以下の特性がある

1・植物は、二酸化炭素を吸収すると同時に室内の有害物質ホルムアルデヒドやカビ、細菌も吸収し、人体の健康に有効な成分フィトンチッドや酸素を放出してくれます。

 

2・近年、キレやすい人が増加しています。その原因のひとつにプラスイオンの刺激があります。街なかにある電飾や家庭内にある様々な電化製品から出るプラスイオンが人々を刺激しキレやすくしていると言われています。

 

+イオンを除去するためにマイナスイオンが存在します。本来-イオンは自然の恵み(鉱石や植物など)から得られます。ほとんどの植物は-イオンを放出します。その-イオンが+イオンを除去してくれるおかげで自然に囲まれた人はキレにくい状態で生活することができます。キレにくいということは精神的に安定しているということです。精神が安定しているということはストレスが少ないということです。ストレスが少なければ、病気になるリスクも下がります。

 

以上のような植物の特性のおかげで死亡率が低くなっているのではないかというのが専門家の意見です。

ソース:植物の5大メリット!

 

でも、自然の特性は人体に悪影響のものを除去してくれるだけではありません。自然には、もうひとつ素晴らしい特性があるのです。

 

緑は人の精神にも良い影響を与えてくれる

日本では107人の高等技術専門学校(高専)の生徒に対し、学校内で休み時間を過ごした場合と、公園に行った場合での気分の変化を調査している。その結果、緊張や抑うつ、怒りなどの負の感情は公園利用により低下し、活気は公園利用により上昇した。

 

また、一般の人と学生に対して、ショッピングセンター、公園を利用した前後での気分の変化の調査では、公園利用の方が負の感情をより減少させたが、活気の上昇はショッピングセンター利用後の方が大きかった。

 

この結果から、公園などの緑のある場所に行くことによるリラックス効果が確認された。さらに、ショッピングなど他のストレス発散方法に比べると、緑の中にいることは負の感情をより減少させ、精神を安定させる効果がある事が分かった。

 

なぜ緑は精神を安定させてくれるのか?

 1/f(揺らぎ)

心地よい風に揺られた枝葉のさわめきが、1/f(揺らぎ)という人にとって気持ちのいい周波数を持っているため、精神安定をもたらし、安らぎを与えてくれるそうです。

 

 1/fゆらぎ とは?

1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ) とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ただしfは0より大きい、有限な範囲をとるものとする。

 

ピンクノイズとも呼ばれ、自然現象においてしばしば見ることができる。具体例として人の心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、物性的には金属の抵抗、ネットワーク情報流、蛍の光り方などが例として挙げられる。

 

ヒーリング・ミュージックの効能の説明にも使われる言葉であり、規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で、人に快適感やヒーリング効果を与えると主張される。

 

1/fゆらぎが一部の人間の声にも現れると主張されることがある。代表的な例としてMISIA、美空ひばり、宇多田ヒカル、松任谷由実、徳永英明、Lia、吉田美和などが持つとされる。また、声優の大本眞基子、花澤香菜、俳優・ナレーターの森本レオやモノマネ芸人の青木隆治、更にはダチョウ倶楽部の肥後克広が森本の声真似をしているときの声も該当すると言われる。

引用:1/fゆらぎ - Wikipedia 

 

1/fゆらぎ動画集

 

 

 1/fゆらぎヒーリング音楽

 

森林の緑色にもリラックス効果がある

f:id:kanifkdlljdl:20160711120610p:plain

緑色という色は安定や調和を表す色で、非常に安心感を与えるという心理的効果があります。インテリアやオフィスに緑を取り入れるのも緑のリラックス効果を得るためです。


緑は暖色にも寒色にも属さないいわゆる中間色でありバランスのとれた色彩で、感情面での慰めを与えてくれます。

 

 

緑には、精神的な癒し効果だけではなく、肉体的なプラス効果もある

・ ストレスホルモンを減少させ、「緊張」「うつ」「怒り」「疲労」などの状態を緩和させる
・ 副交感神経の活動が高まり、リラックスした状態を作る
・ 最高血圧、最低血圧、脈拍数を低下させる
・ 交感神経が抑制され、精神的な緊張を和らげる
・ 自律神経の調整
・ 抗がんタンパク質が増加する
・ ナチュラルキラー細胞が活性化し、免疫機能がUP!

 

以上のような肉体的プラス効果が緑にはあります。

 

緑には素晴らしい効果があることがわかって頂けたと思います。みなさん、時間を見つけて森林浴に行きましょう。そして緑のパワーを存分に浴びて元気になりましょう。