ネット依存は精神病の兆候!?ネット依存の現実とリスク

f:id:kanifkdlljdl:20160927203807j:plain

ネット依存は精神病の兆候であり、深刻な問題が隠れている(カナダ研究)
 

インターネット依存はより重度の心の問題の隠れ蓑となっているのかもしれない

インターネット依存はより重度の心の問題の隠れ蓑となっているのかもしれないとする研究結果が報告された。研究者はネット依存が、うつ、不安症、衝動性、飽きっぽさを助長していることを懸念している。特に10代の若者のインターネットの利用については注意が必要であるという。

 

33名がインターネット依存症

カナダのマックマスター大学の研究チームは、254名の大学1年生を対象に、1998年に開発されたインターネット依存テストを実施した。また、インターネット利用方法の変化を調査するために、独自に開発した依存評価も実施した。

 

その結果、33名がインターネット依存症で、107名がその境界にあることが判明した。この数値は全体の55%にものぼる。


ネット依存者はメンタルヘルスに問題をかかえている

依存症と判定されたのは、SNSサイトの閲覧を止めることができず、衝動的に動画を視聴したり、友達にメッセージを送信したりしている人たちだ。彼らは同時に日常的なルーチンワークをきちんとこなすことができず、うつになったり、注意力が散漫だったり、時間の管理ができないという問題も抱えていた。

 

研究の中心人物であったマイケル・バン・アメリンゲン(Michael Van Ameringen)博士は、こうしたメンタルヘルスの問題がインターネット依存症によって引き起こされるのか、それとも心の問題の一症状としてネット依存になっているのか、はっきりさせるには引き続き研究が必要だと説明する。卵が先か、ニワトリが先かという点だ。

 

本研究は21世紀の精神疾患を理解するうえで非常に重要なステップ

本研究は21世紀の精神疾患を理解するうえで非常に重要なステップであると評価されている。インターネットを過剰に利用した場合の影響については、これまであまり研究が行われていない。しかし、軽度あるいは重度の精神疾患を覆い隠している可能性や、衝動的な行動や依存症との強い関連性が疑われている。

引用:ネット依存は精神病の兆候であり、深刻な問題が隠れている(カナダ研究) : カラパイア 

 

 インターネット依存症は精神障害

中国では2008年、インターネット依存症は精神障害であり、未成年の健康を脅かす脅威であると国民に警告しました。その直後、インターネットに依存する少年少女らの治療施設が次々と開設されていきました。

 

施設では軍隊方式の体を鍛える訓練を主体とした、薬物治療、脳に電気ショックを与える治療、心理学者によるカウンセリングなどが行われています。

 

 

中国ではインターネット依存症は、薬物中毒と同等の扱いを受けています。2009年には、施設に入れられた16歳の男子高校生が、指導官に殴られて死亡する事件も起きています。

 

中国のインターネット・ユーザー数は、その人口の多さゆえか、米国の全人口の合計よりも多い3億3800万人で世界で最も多い。また、国営英字紙チャイナ・デーリーが掲載した中国青少年インターネット協会の2008年の調査によると、インターネットを使う10代の若者は約1億人だが、そのうちネット依存症になっているのは1000万人を超すと言われています。これは10人に1人の割合となります。

 

ネット依存の中高生、日本国内に51万人 厚労省推計

携帯電話やパソコンに没頭する「インターネット依存」の中高校生は全国で推計51万8千人に上ることが1日、厚生労働省研究班(代表・大井田隆日大教授)の調査で分かった。

 

調査は昨年10月~今年3月、全国の中学校140校と高校124校の約14万人を対象に実施。約10万人から有効回答を得た。研究班によると、中高生のネット依存に関する全国規模の調査は初めて。

 

調査では「ネットに夢中になっていると感じるか」「使用をやめようとした時、落ち込みやイライラを感じるか」など8項目を質問。5項目以上に該当し、ネット依存が強く疑われる「病的な使用」と認定されたのは8.1%に上った。研究班はこの結果から、ネット依存の中高生が51万8千人と推計した。

 

「病的な使用」とされた割合を男女で比較すると、男性6.4%、女性9.9%で女性が多かった。研究班は「チャットやメールなどに没頭する人が多い」と説明している。

 

「病的な使用」とされた中高生のうち「睡眠時間が6時間未満」と答えたのは43.0%。調査時点の直近1カ月の午前中の体調が「常に悪かった」「しばしば悪かった」と回答したのも24.0%に上り、いずれもネットに依存していない人と比べて割合が1.6~2.7倍高かった。

 

直近1カ月で使ったサービス(複数回答)を尋ねたところ「情報やニュースなどの検索」が69.2%で最も多かった。以下は「動画サイト」(64.4%)、「メール」(62.5%)の順だった。

 

ネット依存が健康に悪影響を与えている

依存が強いほど睡眠時間が短くなることも判明。研究班は「ネット依存が健康に悪影響を与えている」と警鐘を鳴らしている。

 

ネット依存とされるのは、ネットの使いすぎで健康や暮らしに影響が出る状態。悪化すると食事を取らなくなり、栄養失調になることもある。ただ、現在は病気とは定まっていない。

引用:ネット依存の中高生、国内に51万人 厚労省推計:日本経済新聞 

 

日本人の20%が「ネットがなかったら3時間以内に禁断症状」

シマンテックは3月29日、日本人のネットセキュリティに対する意識調査の結果を発表した。

 

調査によれば、日本人は平均して週に49時間(起きている時間の3分の1以上)ネットを利用し、ほぼ全員(90%)がメールのチェックや、ネットショッピングやオンラインバンキングなどのネット決済を行い、ウェブの閲覧(週13.2時間)やSNS上の交流(週6.8時間)に多くの時間を費やしていることがわかった。5人に1人(19%)が、ネットがなかったら3時間以内に禁断症状を覚えるだろうと回答した。

引用:日本人の20%が「ネットがなかったら3時間以内に禁断症状」 - CNET Japan 

 

ネット漬けの生活をしていると脳がポップコーン化、現実社会に適応できなくなる恐れがある(米研究)

「マルチタスク」の刺激に慣れた脳は、ネットよりもペースの遅い現実社会に適応できなくなる恐れがある

メールやチャット、ツイッターやフェイスブックなど、ネットでさまざまな作業が同時進行する「マルチタスク」の刺激に慣れた脳は、ネットよりもペースの遅い現実社会に適応できなくなる恐れがあると、研究者が警鐘を鳴らしています。

 

ワシントン大学のデービッド・リービー教授はこの状態を「ポップコーン脳」と命名。リアルでの用事よりも必要のない携帯メールなどを優先させてしまい、現実生活に支障をきたすという。

人間の感情の読み取り方を忘れさせてしまう可能性がある

スタンフォード大学の社会心理学者クリフォード・ナス氏も、インターネットのマルチタスクは人間の感情の読み取り方を忘れさせてしまう可能性があると指摘する。

マルチタスクの習慣がある人は、人間の顔写真を見せられてもその感情を見極めるのが難しく、物語を読み聞かせられても登場人物の感情を言い当てにくい傾向があることが、実験で判明したという。「人間同士の交流のスキルは学習によって獲得するものであり、学習が不足している」とナス氏。

 

継続的な刺激は、脳の側坐核と呼ばれる快感を感じる部分のドーパミン細胞を活性化させる作用がある

人間の脳は手っ取り早く得られる快感と迅速性、テクノロジーの予測不可能性を求める仕組みになっていると話すのは、ネット端末を手放せないトラブルを抱える人の相談に乗っているカウンセラーのヒラリー・キャッシュ氏。継続的な刺激は、脳の側坐核と呼ばれる快感を感じる部分のドーパミン細胞を活性化させる作用があるという。

 

インターネットを長時間使い続けると、脳の構造が物理的な変化を起こす

インターネットを長時間使い続けると、脳の構造が物理的な変化を起こすという調査結果も最近発表された。中国の研究チームは1日10時間以上ネットを利用する大学生18人の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)を使って調べ、利用時間が2時間未満のグループと比較したところ、脳の思考を司る灰白質が少なくなっていることが分かったと発表している。

ソース:Does life online give you 'popcorn brain'? - CNN.com 

 

ネット依存に関しては現時点で世界的に認められた診断基準はない

ネット依存に関しては現時点で世界的に認められた診断基準はないそうです。ですが、世界的によく使われているスクリーニングテストがあります。自分がどの程度依存しているのか知りたい人は以下のサイトをご覧ください。

 

‹v—¢•lˆã—ÃZƒ“ƒ^ [ bƒCƒ“ƒ^ [ƒlƒbƒgˆË‘¶Ž©ŒÈ•]‰¿ƒXƒP [ƒ‹久里浜医療センター