ゲーム(主にドラクエ&FF)が人生に必要なものを教えてくれた。ゲームが教えてくれた生きる知恵8つを紹介

ゲームが教えてくれた生きる知恵

1、新しい情報を手に入れる

f:id:kanifkdlljdl:20161117105942j:plain

RPGでは情報を聞いて周り、新しい情報を手に入れないと、ストーリーが前に進みません。

 

ゲームには情報収集をしなかったせいでストーリーを進められなかったり、ボスを攻略できなかったりするという場合があります。それと同じようなリスクが現実にもあります。たとえば上司の性格を知らなかったせいで失言をして怒られてしまうとか仕事上必要な情報を収集してなかったため失敗してしまうなどの場合があります。

 

仕事でのリスクを減らしたり、人間関係を円滑したりするためにも情報は不可欠なものなのです。ゲームを円滑に進めるにも情報が不可欠なように現実世界でも人生を円滑に進めるために情報が不可欠なのです。情報不足・情弱は損をするリスクが高いのです。

 

2、眠ることによって回復する

f:id:kanifkdlljdl:20161117105749j:plain

RPGでは宿屋で眠ることによって体力や魔力が回復します。ゲームによっては毒・麻痺などの状態異常も治してくれます。

 

現実でも眠ることによって体力を回復したり、病気を治したりすることができます。

 

睡眠不足が続くと活動力が低下したり、意欲が低下したり、病気になりやすくなったりなどの不都合が生じます。

 

3、欲望を抑えないと酷い目に遭う

f:id:kanifkdlljdl:20161117110404p:plain

 ゲーム内では欲望を抑えないと酷い目に遭うときがあります。たとえばドラクエ1ではラスボスが世界の半分をやるから仲間にならないかと言ってくる。その誘いに「はい」と答えるとゲームオーバーになってしまう。

 

またドラクエには「ぱふぱふ」というハニートラップが存在します。綺麗な女性に「ぱふぱふする?」と言われ、「はい」と答えぱふぱふすると、翌日に有り金全部奪われているとイベントが発生することがあります。

 

ハニートラップイベントは、他のゲームでもよく登場するイベントです。僕は何度もそのトラップに引っかかって酷い目に遭いました。

 

人生でも欲望に負けたためゲームオーバーになることがあります。ハニートラップにひっかかり酷い目に遭うこともあります。

 

4、経験を積むとレベルアップする

f:id:kanifkdlljdl:20161117111720g:plain

RPGは敵を倒して経験値を手に入れることのよってレベルアップすることができます。地道に敵を倒し経験値を集めることによってどんどんレベルアップします。弱い敵より強い敵を倒したほうがたくさん経験値をゲットすることができます。レベルアップするとできなかったことができるようになります。倒せなかった敵が倒せるようになります。

 

現実にもそれと同じような原理が働くことがあります。勉強を地道に続けていれば、学力が尽くし、運動を地道に続けていれば体力が向上します。さらに難しい課題をクリアしたとき大きな成長を遂げることができることがあります。できなかったことができるようになることもあります。

 

5、個々の能力を生かすことで、物事を円滑に進めることができる

f:id:kanifkdlljdl:20161117114404j:plain

RPGの世界を冒険する仲間(パーティー)には個性があります。その個性を生かすことによって冒険を円滑に進めることができます。でもその個性を生かさない冒険の仕方をすると円滑に冒険を進めることができなくなります。たとえば魔法使いに攻撃ばかりさせたり、僧侶の回復魔法を使わなかったりするなどキャラクターの個性を無視した冒険の仕方をしていると冒険を円滑に進めることが難しくなります。

 

現実でも人の個性を無視したやり方で何かをしようとすれば、いろんな問題が生じます。適応障害の人が増えたり、不満を抱く人が増えたり、退職者が増えたり、入社希望者が減ったりなどの問題が発生します。

 

ある人の個性を生かすことによって、ある人の欠点をカバーできることもあります。個性を生かすことによって思わぬアイデアが浮かぶこともあります。

 

6、目標があるとモチベーションを維持できる

f:id:kanifkdlljdl:20161117122600p:plain

ゲームには、「ラスボスを倒す」「中ボスを倒す」「レアアイテムをゲットする」「レアモンスターを探す」「女の子とデートをする」「冒険の進行に必要な鍵を手に入れる」などの目標がゲームの世界には無数に存在しています。そんな目標があるおかげでゲームを遊び続けることができます。

 

現実世界でも明確な目標があるほうがモチベーションを維持しやすい。目標があるとそれに向かってがんばろうという気になれるからです。

 

さらに目標を達成すると達成感を味わうことができます。またその達成感を味わいたいという気持ちがモチベーションとなり、再び目標を設定してがんばろうという気にもなれます。

 

7、大きな目標を達成するためには小さな目標の達成を積み重ねなければならない

f:id:kanifkdlljdl:20161117135144j:plain

ゲームでは大きな目標を達成するためには小さな目標達成を積み重ねなければなりません。たとえばラスボスを倒すまでには膨大な量の小さな目標の達成が必要です。ボスを倒すのに必要なアイテムを手に入れたり、ボスを倒せるレベルまでキャラを育成したり、ボスにたどりつくまでの道順を覚えたり、僕の弱点を見つけたりなどの目標達成を積み重ねなければなりません。そうしなければ大きな目標、ラスボスを倒すという目標を達成することができません。

 

現実世界でも同じです。たとえば有名大学に合格するためには無数の小さな目標を達成しなければなりません。一日単語10覚える、数学の公式をマスターする、歴史の年号を20個覚える、理科の教科書の15~20ページを復習するなどの小さな目標をいくつも達成しなければ有名大学には合格できません。

 

プロ野球手のイチローが以下のような言葉を残しています。この言葉には「小さな目標をクリアしていくことの大切さ」という教訓が込められている気がします。

 

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

 

☆イチローの名言集

イチローの名言

 

8、あきらめずに続けることの大切さ

f:id:kanifkdlljdl:20161117140718j:plain

「こんなゲーム、クリアするのは不可能だ」と思ってしまうようなゲームがあります。でも、そんな難しいゲームでもあきらめずにプレーを続けているとクリアーしてしまうことがあります。

 

現実でも難関大学受かるはずないと思っていた人があきらめずに勉強を続けていた結果、合格してしまうことがあります。