東進 林先生の"落ちこぼれ"に対する授業が心に響く【今でしょ】

なんで入試に出てくるような文章はわかりにくいのだろうか?

(作者は)こういう風にして「オレのことわかってくれ」っていうタイプ。

 

「現代文」という科目は、わからない文章をわかってあげようとする気持ちがあるか見る科目。

 

出題者は、受験生がこのわかりにくい文章を読んで、筆者が言おうとしていることを我慢して受け止める気があるだろうかを見ている。

 

文章がわかるかわからないかっていうのは、どこまで向き合ってその人を受け止めようとしてあげよるかどうか。


勉強って役に立たない?

携帯電話は、みんなが役に立たないって思ってる「理科」を勉強した奴が作ってるんじゃない?

 

全員がやる必要はないかもしれないけど、一生懸命「理科」を勉強した奴が作った携帯電話を君たちは使ってるんだよね。そんなに役に立たないって言いきれるもんでもないんじゃないの?


受験生に入試の一月前に必ずする話がある

あとひと月だね。別に君らががんばろうががんばるまいがオレには関係ない。ただ、このひと月、頑張れるか頑張れないかが一生を決める。

 

一番まずいのは、ひと月頑張らないで合格した奴。
「受かったけど、最後のひと月かんばれなかったな。オレはひと月も頑張ることが出来ない人間なのかという思いで生きていかなきゃいけない。」そうなるかどうかは君たちの自由だよ。
ということを話す。

 

ひと月頑張れるのはすごいこと

ひと月頑張れると一年頑張れる。一年頑張れる人は十年頑張れる。十年頑張れる人は一生頑張れる。

 

これを十代のうちにやっておくことに意味がある。それは、勉強じゃなくてもいい。十代で「オレはひと月頑張れるぞ」って自信を持って生きていくかどうか。


社会において必要な二つの能力

「解決」と「創造」
勉強が好きであろうとなかろうとこの二つにぶつからないことはないでしょう。

 

この二つのために色々頭を使う訓練をするのが、学校っていう場所。

 

自分自身は、学校で培ったことが生きていく中で役立っている。だけど別に学校じゃなくてもよくて「解決」と「創造」ができればいい。学歴がなくても成功している人もいるでしょう。この二つの能力が高ければやっていける。

 

「解決」と「創造」の能力を高めるためには、勉強はできなくてもいいけど、考える能力はたくさん持っていなきゃダメ。ここだけは譲れない。

 

考えて物事を解決したり、考えて物事を創り出す能力は、絶対にどんな人でも高くする必要があるというのがオレの考え。

 

この能力の高め方がわからないなら、過去の人に頼ってみようか。

 

勉強しない奴は責めない。本を読まない奴は嫌い。

 

一人の人間が知恵を絞って命がけで刻んだことをもらって、自分の材料にしたらいいんじゃないの?


林流 「歴史の本の読み方」

歴史って派手に勝ってる奴のほうにイメージがいきがち。あんまりそこは見なくていい。勝つときってとんでもない偶然が起きる。

 

負ける奴って意外と共通だ。

 

これまでの経験から敗因は三つだと考えている。

「情報不足」「慢心」「思い込み」


漢字が読めることの大切さ

漢字が読めないと、人がせっかくくれているヒントとか知恵とかをもらい損ねるよね。

 

自分が悩んでいることを既に百年前に答えを出してくれていることがある。

 

字が読める、漢字がわかることで「これこう考えればいいんだ」ってわかる。


二十代 やりたい放題やっていた

ギャンブルや会社失敗で2000万円くらい借金を抱えた。「なんとかなるさ」「オレならできるさ」って思ってやっていた。大間違いだった。自分ができること、一人の人間ができることなんて限られている。

 

人を教える仕事には自信があった。この仕事を専念して一生懸命やれば、何とかなるだろうと思っていた。ただ、周りの友達が官僚とかで活躍している中、塾で教えるってみじめに思っていた。

 

やりたい事やっててうまくいく奴はラッキー。

オレにはできなかったから、「やりたい事」と「やるべき事」を分けて「これだったら勝てる」っていう教える仕事に賭けた。

 

「努力は裏切らない」って言葉は不正確だ。「正しい場所」で「正しい方向」で「十分な量なされた」努力は裏切らない。

 

オレが「ジャニーズ入りたい。」努力する。これって正しい?正しい場所?違うよね。


仕事って

好きなことは趣味でやればいい。仕事っていうのはお金をもらってやること。お金を払う人に対して責任を取らなければいけない。

 

こっちが好きか嫌いかなんてどうでもいい。向こうがお金を払ったことに対して責任をとれるか。そういうことがちゃんとできているというプライドを持てるか。それだけでいいとオレは思っている。一つの考え方だけどね。

仕事はお金をもらうことだから、自分がやるべきことをやる。

 

何か思いがあったら、語ってしまってほうがいい。何か言ってしまってみることで、「力貸してあげるよ」って人が昔に比べて非常に簡単に現れる時代。夢は書いちゃったほうがいいよ。発表したほうがいい。