体に悪そうなのに実は健康にいいこと

空腹

f:id:kanifkdlljdl:20151103042729j:plain

「ネイチャー」に掲載された論文で「長寿遺伝子」と呼ばれるサーチュイン遺伝子は、腹が減れば活性化すると述べられており注目を集めている

 

貧乏揺すり

f:id:kanifkdlljdl:20151103042750p:plain

貧乏揺すりをすると血行がよくなって軟骨に刺激が与えられる。「エコノミー症候群」にも効果がある。貧乏揺すりは本能によるものだ。

 

日焼け

f:id:kanifkdlljdl:20151103042800j:plain

この100年で生活スタイルが激変した上、日焼け止めで過剰に日焼けを防止するようになった。しかし紫外線はビタミンDを作り出し、あまりに日光に当たらないとやがてビタミンD欠乏症になる。

 

ポップコーン

f:id:kanifkdlljdl:20151103042813j:plain

ポップコーンは、抗酸化剤、たっぷりの食物繊維、300mgのポリフェノールが含まれ、栄養価の高いゴールドフード。実は野菜や果物よりも体にいい。

 

朝の営み

f:id:kanifkdlljdl:20151103042832j:plain

「夜の営み」を朝すると、心地よさをもたらすオキシトシンという化学物質が分泌され、カップルが1日じゅう親密でいられる。朝は男性ホルモンが補充されているので、朝から男性をソノ気にさせるのも実は簡単だという。

 

アルコール

f:id:kanifkdlljdl:20151103042850j:plain

少量のアルコールを摂るとストレスに強くなり、長寿命効果がある。人体と似た遺伝子構成を持つ線虫で実験したところ、飛躍的に寿命が伸びた。

 

4杯のコーヒー

f:id:kanifkdlljdl:20151103042903j:plain

9万人の女性を26年間追跡調査した結果、1日4杯以上コーヒーを飲む人は57%も痛風になりにくいことが分かった。

 

忘れる

f:id:kanifkdlljdl:20151103042916j:plain

異常な記憶力を持った男性が自分の記憶に振り回されたという事例から研究が進み、精神の安定には忘却が不可欠だと分かってきた。

 

間食

f:id:kanifkdlljdl:20151103042929j:plain

上手に間食を摂ることで脳を活性化させ、仕事の効率アップを図ることができる。生産性をアップしてくれる間食向きの食べ物20選。

 

赤肉

f:id:kanifkdlljdl:20151103042944j:plain

鉄分や亜鉛などのミネラルが豊富で、ビタミンBとDを摂取できる。タンパク質の摂取源としては完璧。リンク先で、体に悪いと誤解されているが健康にいいもの6つが紹介されている。

 

大きいおしり

f:id:kanifkdlljdl:20151103042957j:plain

お尻に皮下脂肪が蓄積されることでインシュリンに対する反応がよくなり、糖尿病になりにくいという研究報告がある。

 

ビール

f:id:kanifkdlljdl:20151103043005j:plain

ビールを飲むと女性の歯や骨が美しくなるという研究結果がスペインで報告された。ビールを習慣的に飲んでいる女性のほうが骨密度が高いという。

 

チョコレート

f:id:kanifkdlljdl:20151103043017j:plain

カカオに含まれるポリフェノールは動脈硬化を防ぎ、抗ストレス効果があり、アレルギーやリウマチにも効果があるとされる。

 

仕事中のおやつ

f:id:kanifkdlljdl:20151103043031j:plain

栄養学的観点から、仕事中に小腹が空いた時に食べるとよいおやつをリストアップ。職場の冷蔵庫に入れておきたい。

 

メイプルシロップ

f:id:kanifkdlljdl:20151103043044j:plain

美容、糖尿病予防、ストレス解消に効果的。米研究チームがメイプルシロップに含まれる54種のポリフェノールにより、抗酸化作業や抗炎症作用があることを発見。

 

ビーフジャーキー

f:id:kanifkdlljdl:20151103043122j:plain

タンパク質が多いわりにインシュリンのレベルを上げないため間食に最適。。