ホントはヤバイ飲酒アルコールの悪影響まとめ

◆アルコールの悪影響〜発がん性◆

飲酒により生成されるアセトアルデヒドは極めて毒性が強い。

 

アルコールが体内に入ると、まずアセトアルデヒドに分解されますが、この物質は極めて毒性が強く、顔面の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。

 

日本人の約半数はアセトアルデヒド分解能力が弱い。
ALDH(アルデヒド脱水素酵素)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があります。日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けています。

 

アセトアルデヒドには発がん性がある

アルコール飲料の摂取によって体内で生じるアセトアルデヒドには発がん性がある。
建築材から放出されるアセトアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質のひとつとして問題視されている。アセトアルデヒドはたばこの煙にも含まれている。

 

飲酒はがんの原因となる。

 

WHO(世界保健機関)では、飲酒は口腔癌・咽頭癌・喉頭癌・食道癌・肝癌・大腸癌と女性の乳癌の原因となるとして注意喚起を行っている。飲酒は喫煙と同じく深刻な健康被害をもたらすため、多くの人々に問題を知らせ、極めて有害であるアルコールの真実を効果的に伝える必要があるとし呼びかけを行っている。


◆適量を飲んだほうが健康に良いとは言えない◆

お酒を飲まない人のグループの中に昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪くて飲めない人などが含まれている。

 

今回の調査では、ときどき飲む人よりも、飲まない人の方が、がん死亡率が高くなっていました。 この結果は、ときどき飲むことががんの予防につながったためという可能性もあります。けれども、より可能性が高いのは、お酒を飲まない人のグループの中に、昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪て飲めない人などが含まれているからだと思われます。

 

米誌「New York Times」の記事によると、これまでの様々な研究において、適量飲酒と死亡リスクに因果関係があることを証明したものは存在しない。


◆アルコールの悪影響〜依存性◆

アルコールは、麻薬、覚せい剤、タバコ、睡眠薬などと同じく、依存性のある薬物の一種。

 

アメリカ国立薬物乱用研究所の評価によるとアルコールによる切望感はニコチンを超え、禁断性、陶酔性はヘロイン、コカインを越える。


◆アルコールの悪影響〜脳への影響◆

飲酒量が増えるほど脳が萎縮する。

 

最近の調査によれば、飲酒量と脳萎縮の程度には正の相関が見られることが報告されています。すなわち、飲酒量が増えるほど脳が萎縮するということです。一方、飲酒による脳萎縮は断酒することによって改善することも知られています。萎縮以外の影響としては、アルコールが加齢による記憶、学習低下を促進することが動物実験では証明されています。

 

飲酒量が増加することで自殺リスクが高まる。
多量飲酒者(1日当たり日本酒換算で2合以上)の自殺リスクは、非現在飲酒者(非飲酒者+過去飲酒者)と比べて3.3倍高く なりました。さらに、1日1合未満の少量飲酒者においても自殺リスクが1.7倍と高いリスクが示されました。また、飲酒量が増すにつれ、自殺のリスクが直 線的に高くなりました。


◆アルコールの悪影響〜身体への影響◆

アルコールの分解の過程で中性脂肪の合成を促進させる酵素を発生させてしまう。
そのため肝臓での中性脂肪の合成が進み、肝臓での中性脂肪が増えるのです。また、アルコールを摂取すると、肝臓で中性脂肪が合成されるのですが、その中性脂肪の合成のピークはアルコールを摂取してから12時間後です。さらに中性脂肪が肝臓から運び去られるまでには12時間かかります。毎日アルコールを摂取していると、肝臓が中性脂肪を処理しきれなくなり、中性脂肪が肝臓にたまってしまうのです。

 

アルコールは筋肉の成長を阻害する。

 

筋肉を成長させ、大きくするホルモンにテストステロンというものがあります。
これはいわゆる男性ホルモンなのですが、アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまうんです。またアルコールを飲むとコルチゾル(コルチゾン)という物質の分泌量が増えますが、このコルチゾルには筋肉を分解する働きがあります。
大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下するというデータもあるので、飲みすぎれば深刻な影響が出ると考えられます。


◆アルコールの悪影響〜社会的影響◆

飲酒は貧困問題の原因となっている。

 

飲酒と貧困 には、世界の貧困問題と不可分である。世界的に、学歴が低く、低所得、失業中などの人において飲酒率が高いことが多数の統計的研究によって裏付けられている。複数の研究では、貧しい国の中には家計の約18%が飲酒に費やされていることもあると指摘されている。そのため、少ない所得から食費・健康管理費・教育費などがさらに削られ、栄養不良・医療費増大・早死・識字率低下をもたらし、社会階層の固定化に影響している(WHOによる)

 

アルコールの飲み過ぎによる社会的損失は年間4兆1483億円に達する。
アルコールの飲み過ぎによる社会的損失は年間4兆1483億円に達する、という厚生労働省研究班の推計がある。 2008年のデータを基にした推計で、内訳は、肝臓病・脳卒中・がんなど飲み過ぎによる病気やけがの治療に1兆226億円。 病気や死亡による労働損失と、生産性の低下などの雇用損失を合わせて3兆947億円。 自動車事故・犯罪・社会保障などに約283億円。

 

二日酔いによる一人当たりの年間平均損失額は¥44,258。
二日酔いによって、翌日の仕事の能率が下がったと感じている人は90%
15.4%の人が10万円以上の所有物を損失していた
意に添わない出費をしている人が35%・・・1回あたり平均出費は¥8,433