思考力は「頭」ではなく「手」で鍛える!誰でも出来る方法とは!? 

f:id:kanifkdlljdl:20151104125356j:plain

考えるのが苦手な人は紙に書き出しましょう!

頭の中だけで考え続けるだけでは、筋道が立っているのか否かがわからなくなる。おまけに、考えていた内容自体忘れてしまう。でも紙に書いておけば忘れてもすぐ確認し、再び考え始めることができる。

 

紙に言語化することで考えていることがパッと開け、理路整然とまとめることができる。

 

書くことで思考力がアップする。思考力がアップすれば、きちんとしたまとまりのある文章が書けるようになる。

 

なんで書く事で「思考力」がつくの?

暗算と筆算の違いをイメージしてください。3桁、4桁となると途中で思考停止したり答えを間違えてしまうでしょう。思考もそれと同じに難しくなればなるほど間違える可能性が高くなる。でも、思考の過程をきちんと書いておけばたとえ間違ったとしても間違った場所まで戻って思考を開始することができる。

f:id:kanifkdlljdl:20160203031455j:plain

小学生の頃、暗算より筆算のほうが楽に答えにたどり着くことができた。

間違っても、筆算なら計算の過程を見直すことができ、間違ったところから計算を始めることができた。

 

普通に人が正しい答えに早くたどり着こうと思うなら、思考も頭の中だけで考えるのではなく、紙にその思考過程を書きながら思考するのです。そうすれば間違える可能性が低くなる。つまり、正しい思考ができる可能性が高くなるということです。

 

正しい思考ができる可能性が高いということはそれだけ思考力をアップできる可能性が高いということ。つまりただ頭の中で考えるより、紙に書きながら考えたほうが思考力をアップできる可能性が高いということになる。

 

浅い思考、空回りの思考

頭の中だけで考える人は、自分ではよく考えていると思っても、実際は「考えが浅く」「空回り」することがある。

 

「考えが浅い」というのは、文字通り深く考えておらず、表面的にしか考えていない状況だ。考えが表面的な状態で止まっているので、「それはどういう意味ですか?」と聞かれる と、すぐ詰まってしまう。自分の使った言葉がどういう意味なのか、相手にどう受け取られるのか、どう説明するといいのかを考えていないからだ。こういう場合、説明に窮する以前に、そもそも考え自体が間違っていることも多い。

 

書くことのメリット

日記を書いたら、悩みがスッキリ。どれを選択すべきか迷い、条件を書き出したら解決した。そんな経験ありませんか?書くという行為は左脳で処理するもの、書いている時は、感情が一旦外れる。だから、脳をバランスよく使えるようになるのです。

 

今日を起きたことを紙に書いて、いったん自分の外に出すことで客観的に観察できます。その結果、頭の中では「そうに違いない」と思い込んでいたことも、「ひょっとすると勘違いかも」と冷静な判断を下せるようになります。

 

「エッセー書く行為」が強力な学習ツール。能動的に「思い出す」ことで記憶への経路が強化、記憶が取り出しやすくなる。

 

頭の中だけで考えるのでは難しかった深い思考が可能になる。思考をどんどん深めていくこと、選択肢をあげ尽くし、それを評価して優先順位をつけることなどは、実はウェイトトレーニングと同じで、鍛えれば鍛えるほど力がつく。つまり、書けば書くほど深い思考ができるようになるということだ。

f:id:kanifkdlljdl:20160203034358g:plain

ウェイトトレーニングすればするほど筋肉がつくように書けば書くほど思考力がつく!

具体的に何を、どう書けば良いの?

はじめのうちは日記のように思いついたことを書くことからはじめる。

 

書くことに慣れてきたら、自分で書いた文章を読み返して、何か変だと疑問を感じたら書き直す、これが出来れば一定レベル以上の文章は誰でも書けるようになる。最初に書いた文章が下手でも自分で読んで修正していく事でレベルを上げる・・・つまり読む事と疑問を感じる事、これが重要という事だ。

 

「言いたいこと(主張)」と「その理由(根拠)」をセットにして考えると、思考力を高められる。たとえば、好きな果物について、好きな理由を3つ考えてみる。あるいは「30ー11」の計算をするとなぜ答えが「19」になるのかを、考えてみる。りんごがなぜ木から落ちたのかを考えたニュートンのように考えてみる。その思考の過程を紙に書きながら。

f:id:kanifkdlljdl:20160203040345j:plain

紙に書くことによって思考力を高めれば、ニュートンのような発見にたどり着けるかもしれない

「考え」を紙に書いて、より深い思考力を身につけましょう!

課題が整理され、問題の本質が見え、解決策とそのオプションが浮かび、オプションのメリット、デメリットがわかるようになる。

 

考えたことを正確に書こうとすると、表現の工夫が必要。本を調べるなどによって新しい情報や語彙を蓄積することにつながる。

 

「メモ書き」は、頭の柔軟体操、頭を鍛える訓練法。頭に浮かぶ疑問、アイデアを書きとめると、頭が動き、気持ちも整理される。

 

面倒くさがらず、紙に書いて脱「思考停止」!今すぐ始めましょう!