和田アキコ紅白落選 NHKは長年紅白を支えてきた人をあっさり切り捨てる なぜそんなことができるのだろうか?

「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。ただ、今までトリも務めさせて頂き、司会も務めさせて頂き、紅白歌合戦には色々と勉強させてもらいました」

f:id:kanifkdlljdl:20161128132640j:plain

和田さんは通算40回目の出場を目指したNHK『紅白歌合戦』に落選した後、文書で以上のような言葉を公表した。書面だけ見ると、悔しさをにじませながらも“大人の対応”に終始しているように感じる。

 

でも、歌を愛する和田は心の奥では尋常ではない悔しさを抱いているのではないかと思う。NHKに対してどうして私を落選したんだと怒りをぶつけたいくらいの悔しさを抱いているのではないかと思う。

 

NHKはどうして長年NHK紅白に貢献してきた人をあっさり落選させることができるのだろうか?和田さんクラスの貢献をしてきた人は相撲の横綱みたいに自分の意思で紅白引退を表明することができるシステムにすべきではないか?それくらいの権利を貢献してきた人の与えてもいいのではないか?あまりにNHKの度量の狭さに怒りを感じるのは僕だけではないはず。