全国の信号機の2割は「老朽化」している!? 突然信号機が倒れる可能性アリ! 

信号機の赤青黄の点灯をコントロールする「信号制御機」や、信号を支える柱の老朽化が進んでいる。警察庁によると、制御機の更新時期は設置から19年。全国の制御機の約2割がこの期間を経過し、老朽化したと判断されており、重大事故を招く危険性が懸念されている。

 重大事故・・・突然、信号機が倒れてくることがあるということだ。悠長に信号待ちをしているところに信号機が倒れてくる。そんな場面を想像しただけでも恐怖を感じる。全国各地でそういうリスクがあるということだ。実際にそのリスクが現実になった場合もある。

 

2012年9月、神戸市中央区の国道交差点で、信号の柱が突然折れ、路上に停車中の乗用車に接触。車は破損したが、運転していた男性や通行人にけがはなかった。柱は設置から45年がたっていたが、修理されないままになっていた。

 このような事故が信号機の老朽化が原因で起きている。他にも信号が消えたり、点滅を続けたりするなど、老朽化した制御機のトラブルは14年度に全国で314件起きているそうだ。

 

警察庁によると、「信号機の心臓部」ともいえる制御機は今年3月末時点で全国に20万5千基。うち「老朽化」と判断されたのは約2割の4万3千基。さっさと直せばいいだろうがと思うのだが、お金の問題が原因で直したくても直せないらしい。

 

制御機1基の更新費用は約120万円で、都道府県が負担するそうだ。でも、その費用を出せない自治体が多いそうだ。そのため老朽化していることは認識しているが、予算を確保できず、放置している自治体が多いそうだ。

 

現在、各地で地震が起きる確率が高まっている。そんな状況でお金がないから老朽化した信号を放置しておくのは非常に危険だ。もう少し自治体はその危険性を認識して、早急に対策を練るべきだと思う。事故が多発してからでは遅いのだ。

 

突然倒れる信号機 全国の2割は「老朽化」 ワースト福島に続き2位に兵庫 警察庁 (1/2ページ) - 産経WEST

 

15年度末時点で、福島県は、47都道府県で老朽化の比率がワーストの35・6%。一方、最も低い岐阜県は0・6%にとどまる。33・7%と全国2番目に高い兵庫県は、15年度に確保できた予算のままで更新ペースが続けば、25年度には県内の6割以上が老朽化すると予測している。

f:id:kanifkdlljdl:20161127235015j:plain

信号機の老朽化が進んでいることはわかった。

 

電柱の老朽化は進んでいないのだろうか?信号機より本数が多い電柱が信号と同じように老朽化していたら信号機以上に重大事故の発生率が高くなる。東電はきちんと電柱の管理できているのだろうか?福島原発問題で頭がいっぱいで電柱のことなど考える余裕ないのではないか?

 

東電さん。電柱の管理きちんとしてますよね?