SMAPの中居正広も子供の頃は貧乏だった・・・ハングリー精神が仲居くんを支えていた!?

今や誰もが認めるトップ芸能人、SMAPの仲居正広さん。彼も子供の頃は貧乏だったという。

 

「吉野家の牛丼が高級品で食べることができなかったと、バラエティー番組で話していました。また水道代節約のため、風呂は週2回限定。その他の日は、玄関前の水道にホースをつなぎ、水で洗髪していたそうです」(放送関係者)

【アイドル赤貧列伝】引退表明した乃木坂46橋本だけじゃなかった…秋元才加、森口博子、中居正広の壮絶エピソード(2/2ページ) - 産経ニュース

 

仲居君が吉野家の牛丼が高級品だと思っていた。今の中井君からは想像できないような感性だ。さらに水道代、風呂代の節約していたなんて信じられない。

 

でも、そんな貧乏生活があったから仲居くんはハングリー精神を養うことができたのだと思う。そのハングリー精神がなかったら、芸能界のトップに上りつめることはできなかったと思う。

 

この記事を読んでいるあなた。一度、中井君レベルにまで貧乏になってみませんか?そうすれば中井君のようなハングリー精神を身につけられるかもしれませんよ。

 

ちなみにかつて仲居くんと某番組で共演していた森口博子さんも子供の頃は貧乏だったという。

 

「風呂もなくボロボロなみどり荘というアパートに住んでいることを友達に言えず、“グリーンハイツ”と言い張っていたそうです」(放送関係者)

 

グリーンハイツと言っておけば、友達にマンションに住んでると思ってもらえる。子供の頃の森口さんはそう思ったのかもしれませんね。泣けますね。