福島・茨城・栃木などで震度5弱 仙台で1.4メートル・茨城で0.5メートルの津波 1週間程度はM7級の可能性アリ

震度5弱を観測

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があった。気象庁によると、福島県中通り、福島県浜通り、茨城県高萩市、栃木県大田原市で震度5弱を観測したほか、宮城県や山形県などの東北地方や関東地方の広い範囲で震度4を観測した。

 

震源の深さは約25キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4と推定される。気象庁は福島県と宮城県に津波警報を発令し、青森県から伊豆諸島にかけての太平洋沿岸に津波注意報を発令した。

 

1メートル40センチの津波も観測された

気象庁によると、仙台市では22日午前8時3分に140センチの津波が観測された。

 

●その他の津波の規模

福島県相馬市⇒90センチ

茨城県大洗町で⇒50センチ

福島県いわき市⇒60センチ

千葉県勝浦市⇒30センチ

岩手県大船渡市⇒30センチ

 

●津波警報を津波注意報に切り替え&解除

同庁は22日午前9時46分、宮城県と福島県に出していた津波警報を津波注意報に切り替えたと発表した。また、青森県の太平洋沿岸、千葉県の九十九里・外房、千葉県の内房、東京都の伊豆諸島に出していた津波注意報を解除した。

 

1週間程度はM7級の可能性

東北ではこれまでも年1回程度はM7クラスの余震が起きている。今回は地震の規模が比較的大きく、震源が浅いことや、断層が上下にずれたことから津波が発生したとみられる。中村浩二・地震情報企画官は「今後1週間程度、M7クラスの地震が起きる可能性がある」