電通「鬼十則」 突っ込みどころが多すぎる こんな馬鹿げた十則を考えたヤツの顔が見たいわ!

単体では世界最大の広告代理店である「電通」

 

電通には、通称「電通マン」の行動規範とも言える「鬼十則」と呼ばれる非常に有名な言葉があるそうです。

 

これが噂の「鬼十則」だそうです。

f:id:kanifkdlljdl:20161108091440j:plain

 

以下に記載するのが「鬼十則」の中身です。

 

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

どれも過激な精神論です。同時に突っ込みどころの多い精神論でもあります。

 

「鬼十則」の突っ込みどころ

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

よほどの才能がある人でないかぎり仕事を創り続けるのなんて不可能です。この「鬼十則」は、不可能を可能にしろと言っているものです。

 

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

後手のほうが有利な場合もあるでしょ。偏った意見を押し付けるなよ。

 

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

小さな仕事を積み重ねることによって大きな仕事にたどり着けることもあります。このこの「鬼十則」はそれを否定しています。

 

それに多くの人が小さな仕事こつこつこなすことによって社会を支えています。この「鬼十則」はそういう人たちの努力を否定しています。

 

地道に努力する人たちを否定するような言葉を社員に押し付ける電通は傲慢です。そんな傲慢な会社だから人を過労死させるまで働かせることができるのだと思います。


4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

難しい仕事を成し遂げることは確かに素晴らしいことです。でも基礎的な仕事や定型の仕事をこなすことも自分を成長させるためには必要なことです。

 

地道な仕事は会社の底辺を支えてくれます。その基礎を無視して難しい仕事ばかり取り組んでいたらいつかその会社は破綻します。

 

さらに難しい仕事ばかり取り組んでいたら、失敗が多くなります。会社で失敗するということは損をするということです。

 

そんな損をする可能性の高い難しい仕事ばかりしろというのは無謀です。

 

そんな無謀なことを社員に押し付ける電通は馬鹿としか言いようがありません。

 


5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

しつこい人は嫌われますよ。

 

それに失敗するリスクの高い仕事にずっと取り組み続けるのは馬鹿でしょ。

 

これはダメだと見切りをつけることも仕事では大事です。

 

でもこの電通ルールでは目的完遂まで仕事し続けろと言っています。どんな仕事でも目的完遂するまで仕事を続けろと言っいます。

 

電通は何を考えてるんでしょうか?素人でもわかるような無謀なことをルールにするなんて。このルールを考えた人の人格を疑います。まともな人格の人が考えたルールなのでしょうか?


6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

周囲を引きずり回すことを推奨している・・・わがままに仕事することを推奨しているようなものではないか。独断専行を許しているようなものではないか。ワンマン社長のような独裁的なやり方を許しているようなものではないか。

 

ときには周りに引きずられなければ成り立たないこともあるだろうに。


7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

短期計画が長期計画になることもあるだろうに。あいかわらず地道さを否定するルールが多いな。この会社のルールには。


8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

自信があったとしても、拷問みたいに仕事をさせられて、疲労困憊になればその自信は消えてしまう。

 

拷問のような仕事量をさせておいて、自信を持てときたものだ。電通が人の自信を奪っているんだろうが。理不尽な会社だ。


9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

頭を常にフル回転できるわけないだろう。それは常に全力疾走しろと言っているようなものだ。この世界に常に全力疾走できるヤツいるか?いないだろう。それと同じように常に頭をフル回転するのも不可能だ。

 

ホント、電通、馬鹿なのか?


10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

摩擦を恐れるからそれを避けるために成長しようとする場合もあるだろうに。

 

なんで電通の考え方は偏っているんだ?

 

感想

まともな大人が考えたとは思えないような「十則」だった。

 

かつて日本が戦争に向かって進んでいたときもこんな精神論が人の心を支配していたのだろうな。支配する側にとってこんな精神論は都合がいい。自分たちの利益につながるからだ。でも支配される側はたまったものではない。そのいかれた精神論のために命をかけて努力し続けなければならないからだ。

 

こんないかれた「十則」を電通が本当に守っているとしたら、電通もいつか戦争に敗北した日本のように大きな打撃を受ける日が来るだろう。