ブラック企業の社長ブチ切れ 勤務12日なのに損害金払え!と提訴 理不尽な提訴に立ち向かう4人の女性

通知が4人の女性のもとへ届く

「貴殿の突然の退職により甚大な損害を被ったので、損害賠償を求めます」

 

以上のような内容の通知が4人の女性たちのもとへ届いた。

 

わずか12日しか勤めていない会社からの通知だった。

(職場は大阪府内で新規オープンを予定していたヘッドスパサロン)

 

その通知に彼女たちは仰天した。

 

彼女たちが仕事を辞めた理由

社員研修の内容(不親切で丁寧な技術指導がなかった)に不安を覚えたので4人の女性は退職した。

 

反訴状によると、当時の新規採用は4人を含めて計10人。サロンのオープンに向けて研修が始まったが、指導員は1人しかいなかった。質問しても「すでにお伝えしました」と取り合ってもらえず、「実演を1回見て覚えろ」と言われるなど、不満の募る内容だった。

 

度重なる叱責もあった。その結果、研修初日にいきなり3人が退職し、翌日にさらに1人がサロンを後にした。

 

次々に脱落者が出る中、4人は研修を続けたが、何度も叱られるうちに不眠や頭痛、吐き気など体調が悪化。それでもマネジャーから「危機感が感じられない」「お客さまからクレームが来ても会社は責任を取りませんよ。自分で責任を取ってください」と厳しく責められ、辞めることを決めたのだという。

 

 彼女たちの退職にサロンの社長が激怒

その退職に激怒したサロンの社長が激怒してその通知を4人の女性に送りつけたのだ。社長は4人やその親に損害金の支払いを繰り返し要求し、最終的には一方的な集団退職で損害を被ったとして、計約160万円の支払いを求める訴訟を起こした。

 

4人の女性側も「不当な賠償請求をされた」として店側を提訴、激烈な法廷闘争に発展している。

 

現在、激烈な法廷闘争に発展している。

 

反訴した4人の女性たち

反訴したのは20~30代の女性4人。昨年3月、頭皮マッサージやヘアケアを行うおしゃれなヘッドスパサロンに契約社員として雇われた。同4月にオープンするサロンで施術や受付を担当する予定だった。

 

サロンの運営会社は関東や関西など全国に店舗を展開。ホームページによると、新たにオープンした関西の店は「極上のリラクゼーション」が「完全個室」で味わえる施設だ。スタッフ一人ひとりを写真付きで紹介したページもある。4人もこのページに笑顔でコメントを寄せるはずだった。

 

しかし4人は入社からわずか12日間で、サロンを去ることになる。社員研修の内容(不親切で丁寧な技術指導がなかった)に不安を覚えたので4人の女性は退職したのだ。

 

退職までの経緯

●サロン側の言い分

サロン側の訴状をもとに当日の様子を振り返る。

 

「きょう退職するわ。数日間働いた給与分の金を今すぐ払え。払わない場合は入館証は私らのもんや」

 

過激なセリフだ。このセリフを威圧的口調で言ったのが退職した女性A。そうサロン側の訴状には書かれていた。さらにサロン側の訴状には、給与振り込みは毎月20日のため、即日入金できないとマネジャーは説明すると、女性Aは納得せずに店舗内でわめきちらしたうえ、入館証を「持ち逃げ」したと書かれていた。

 

マネジャーは、普段からAら4人はマネジャーを無視したり、反抗的態度を取ったりしていたことから、Aらが入館証を勝手に使い、店舗の破壊や略奪行為に及ぶのではないかと不安になった。このため、特例として給与を4月1日に支給する手続きを整え、振り込みを約束した。Aらは同日中に入館証を返還しにきたが、その際も「給与払われんかったら弁護士使ってでも訴えてやるわ。離職票もとっとと送ってや」と暴言を吐いた。これも訴状に書いてあったことだ。

 

だが、このサロン側の訴状内容に疑いを抱かせるような事実が見つかった。それは録音である。 実は女性側はこのときのやりとりを録音していたのだ。

 

●女性側の言い分

4人の反訴状や録音データによると、4人とマネジャーの会話は以下のようなものだった。

 女性A「今日で退職させていただきます」

 マネジャー「分かりました」

 女性B「私の実力ではできないなあっていう判断です」

 女性C「続けていく自信がないので辞めさせてください」

 マネジャー「はい、分かりました」

 

録音データの中に「きょう退職するわ。数日間働いた給与分の金を今すぐ払え。払わない場合は入館証は私らのもんや」

というセリフはどこにもなかった。当然、

「給与払われんかったら弁護士使ってでも訴えてやるわ。離職票もとっとと送ってや」

というセリフもどこにもなかった。 

 

退職の理由について4人は、研修内容が不親切で丁寧な技術指導がなかったためだとマネジャーに説明した。その後いったん帰宅したが、再度手続きのためにサロンを訪れた際、マネジャーから入館証の返還を求められた。でも4人はすぐには入館証の返還をしなかった。理由はサロンに対する不信感があったからだ。

 

●以下は女性Aとマネジャーの会話

女性A「給料入ってからでないとお渡しできないんです。怖いんですもん。何か一筆書いてもらったら安心できるんですけど」

 

マネジャー「こちらは支払う義務があるから安心していただいて…」

 

女性A「それでも怖い…。いやあ怖いですね、やっぱり。給料すぐ振り込んでくれるんですか? 本当にちゃんと振り込んでくれるんですね」

 

マネジャー「早くて今週中に手続きが済みます」

 

その言葉を信じ、Aらはその場で入館証を返却したという。

 

4月1日には勤務日数分の給与が約束通り振り込まれた。

 

そうして安心したのもつかの間、4人のもとに届いたある文書が、平穏な空気を切り裂いた。「損害賠償請求書」。サロンの社長名の通知である。

 

●「損害賠償請求書」の内容

《当社は貴殿を誠心誠意教育し、指導させていただいたにもかかわらず、一方的かつ突然の退職の申し出により甚大な損害を被っております》

 

《つきましては損害賠償を求めます。期日までにお支払いいただけない場合には、身元保証人にもご請求させていただきます》

 

会社側が支払いを求めたのは、教育・指導費や新規採用経費など1人当たり計59万円。振込口座も記されていた。

 

●4人の女性の反応

4人の女性は代理人の弁護士を通じて「退職届は受理されており、合意による退職で損害賠償義務はない」と回答。

 

●会社側の反応

会社側は4人の身元保証人である親に対しても「支払わない場合は財産や給与を差し押さえる」と追い込みをかけた。

 

4人が応じないでいると、さらに会社側は「賠償金を払わなければ恐喝罪で被害届を出す」とまで通告していた。9月以降には4人を提訴したうえ、身元保証人にも損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした(保証人への請求は後に取り下げ)。

 

●4人の女性の反応

「ブラック企業だ…」。4人とて黙ってはいられない。合意のうえの退職なのに、違法な賠償要求を受けて精神的苦痛を受けたとして、会社側に計約480万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したのだ。

 

悪質な会社側の行動が明らかに!

入館証の返却が遅れた女性Dに対してサロン側は、電話で「警察に突き出す」「人間として終わってる」となじった。さらにサロン側は、Dの父親の勤務先にも社長名でこんなメールを送った。

 

《貴殿の娘が当社を一方的に退職し、入館証を持ち逃げしております。これは窃盗罪、業務上横領となり、被害届を出すことも考えています。父親として至急ご対応いただきたく、よろしくお願いいたします》

 

●精神的に追い詰められる4人の女性

4人は精神的に追い詰められた。会社側から「他の3人を扇動した主犯的立場」とされたAに至っては適応障害と診断された。4人は現在も体調不良に悩んでいるという。

 

今年5月の第1回口頭弁論でAはこう訴えた。

 

「嫌がらせが止まらず、逃げ道がどんどんふさがれた。恐怖で今も定職につけない。もう私のそばに近づかないで」

 

地裁で審理が続いている。

 

ソース:【今週の注目記事】「これはブラック企業だ…」女性社員集団退職にサロン社長ブチ切れ 勤務12日なのに損害金払え!と逆襲提訴(1/5ページ) - 産経WEST
 

ブログ主の意見

突然、会社を辞められて腹が立つ理由はわかる。でも嘘の訴状で女性4人を傷付けるのは社会人として問題があると思う。そんな卑劣なことをする会社がブラック企業と呼ばれるのは当然のことだと思う。なぜ大人の集団である会社が女性を追い詰めるような悪質なことをするのだろう。モラルが低すぎるとしか思えない。この会社の奴らは会社経営をするまえにキリスト教にでも入信してモラル教育を受けるべきだと思う。