独身男性7割「交際相手いない」 「性経験なし」も増加 その問題点を考える

交際相手がいない独身者の割合が男性7割、女性6割と過去最多となったことが15日、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。いずれ結婚するつもりと考える独身者は男女とも9割弱おり、同研究所は「結婚したい意欲は引き続き高いが、積極的に異性を求めないまま先送りしている」と分析した。

 

調査はおもに5年ごとに行われ、今回は平成27年6月に18~34歳の独身者5276人が回答した。その結果、男性の69・8%、女性の59・1%は交際相手がおらず、このうち男女とも約3割は「交際を望んでいない」と回答した。さらに、性交渉の経験がない独身者の割合も男性42%、女性44・2%と男女とも増加。30~34歳に限っても、男性の25・6%、女性の31・3%が性経験がなかった。

 

一方、夫婦を対象とした調査では、結婚生活を15~19年続けている夫婦が生涯にもうけた平均の子供の数(完結出生児数)は1・94人となり、過去最少を更新。夫婦が理想とする子供の平均は2・32人、実際に予定している数は2・01人で、ともに過去最少だった。予定する子供の数が理想を下回る理由は「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」が最多で56・3%に上った。

独身男性7割「交際相手いない」 「性経験なし」も増加 - 産経ニュース 

 

 独身男性が増えると生じる問題点

1、少子化が進む

独身男性の数が増えれば確実に少子化が進む。

 

独身男性の中には離婚して、もう結婚はこりごりだという男性も確実に含まれている。そういう男性が増えるということはシングルマザーも増えるということだ。

 

きちんと慰謝料や養育費を離婚したあともシングルマザーに対して払うならばシングルマザーも貧困に陥らなくてすむだろう。でも、残念ながらすべての男性がお金をきちんと払うわけではない。そういう反社会的な男性もこれから増えていくはずだ。そんな男性が増えればますます少子化は進む。シングルマザーのほうも男性なんてもうこりごりだと思う女性が増えるからだ。

 

男性も女性も結婚なんてこりごりだと思う人は増える。そのため少子化が進む。そういう可能性をこの日本は孕んでいる。

 

日本の経済状態が今より良くなるとは思えない。したがって少子化はますます進む。そこに結婚なんてしない男女が増えればさらに少子化は進む。

 

2、性犯罪は増える

健全な男性は性欲を持っている。若い人ほどそれは強い。これは一般的傾向だ。その性欲を独身男性は結婚している人ほど頻繁に満たせないのが普通だ。(恋人がいる人はその限りではない)

 

お金があるなら風俗などで性欲を満たすことができるだろう。だが、すべての男性が性欲が溜まったら気軽に風俗に行けるくらいお金を持っているわけではない。お金に余裕のない男性だってたくさんいる。おまけに恋人のいない男性もたくさんいる。そんな男性が性犯罪に走る可能性はけっして低くない。

 

高畑佑太のように金や環境に恵まれた男性さえ性犯罪に手を染めてしまうことがあるのだ。独身男性の中に性犯罪に手を染めてしまう人がいてもおかしくない。

 

それに独身男性の中には結婚したくても相手がいないという男性もいる。そういう男性の中には性欲をもてあましている男性もいるはずだ。どういう男性は普通の男性より性犯罪に走ってしまう可能性が高い。

 

3、性病の男性が増える

恋人がいない健全な独身男性がその性欲を満たすために風俗に行く確立は高い。風俗で性行為をすれば病気になるリスクがある。

 

そんな病気になった男性が病気とは知らずに恋人を作ってしまう。そしてその恋人と性行為をしてしまう。結果、その女性は性病になってしまう。独身男性が増えればそういう可能性が高くなる。

 

風俗は必要悪だ。男から性欲がなくならない限りけっしてなくなることはない。たとえ風俗店が定期的に性病の検査を風俗嬢に受けさせたとしても性病になる男性をゼロにすることはできないだろう。たとえ定期的に性病の検査を受けたとしてもその次の日に風俗嬢は性病になっている可能性があるからだ。毎日、性病の検査をしている風俗嬢がいるとは思えない。月2回くらいの検査が一般的だろう。そんな検査回数では残念ながら病気の蔓延を低下させるのは不可能だ。つまり、風俗に行けば性病になる可能性を常に孕んでいるということだ。

 

何回風俗に行っても性病に感染しない男性もいる。だが、たった一回風俗に行っただけで性病に感染する人もいるのだ。

 

独身男性が増えれば、確実に風俗に行く男性も増える。当然、性病になる男性も増える。性病の男性が増えれば、性病に感染する女性も増えるということだ。独身男性が増えるということはそういう可能性を孕んでいるということなのだ。

 

感染率を知りたい方はこちらのサイトをご覧ください⇒風俗での性病感染率について統計をもとに調査した結果 - 性病検査NAVI 

 

独身男性は不特定多数の女性と性行為をする可能性が高い

独身男性は結婚という縛りがないため不特定多数の女性と性行為をする可能性が高まる。そのため性病に感染するリスクも高まる。

 

男性の性的モラルが高ければ、感染リスクを下げることができるが、性的欲求の強い人はどれだけモラルが高くても不特定多数の女性と性行為をしてしまう可能性は高い。

 

やはり結婚は感染リスクを下げるためには必要な行為ではないだろうか?少なくとも不特定多数の女性と性行為をしたり、風俗を利用したりするより結婚相手と性行為するほうが感染リスクは低い。

 

人は聖人君主ではない。感情的な生き物だ。感情的な生き物と言うことは欲望のおもむくままに行動してしまう生き物だということだ。そんな人間がモラルという縛りだけで自分の欲望を抑えることができるとは思えない。やはり結婚と言う縛り、あるいは内縁の妻、恋人という縛りが男の性病感染リスクを下げるには必要な気がする。