誕生日が近づくと憂鬱になる...「バースデーブルー」 誕生日の自殺は1.5倍

誕生日の自殺、他の日の1.5倍 阪大チームの人口動態調査分析で明らかに

 誕生日に自殺する人は他の日の約1.5倍になることを、大阪大の松林哲也准教授(公衆衛生学)らのチームが、厚生労働省の人口動態調査データの分析で明らかにし、1日発表した。

 

 欧米では、記念日を期待通りに過ごせず孤独感などの心的ストレスが増え、自殺が増加するとする「誕生日ブルー」という仮説がある。松林准教授は「文化が違う日本でも同じ傾向が示された。自殺の恐れがある人の誕生日が近づいたら、周囲がいっそう注意、サポートをする必要がある」と話した。

 

 チームが1974年~2014年の人口動態調査データを分析した結果、誕生日に自殺した人は約4100人で、それ以外の日の平均約2700人の約1.5倍だった。交通事故や溺死、転落などによる死者数も誕生日に増える傾向があった。

誕生日の自殺、他の日の1.5倍  - SANSPO.COM(サンスポ)
誕生日前後の死亡リスクの増加傾向を明らかに  - CNET Japan

 

誕生日に自殺が増える理由

誕生日が近づくと「それなりに生きたし、もう終わってもいいかな…」「これ以上生きていてもいいことなさそうだ...」「今年の誕生日もきっと誰も祝ってはくれないだろうな...」などと悲観的なことを考えてしまい、生きる気力が弱まり、衝動的に自殺をしてしまうのだろうと推測されています。このように、人が自分の誕生日前後にブルーな気持ちになる現象を、「バースデーブルー」と呼ばれています。