お勧めゲーム 「穢翼のユースティア」 登場人物(メインキャラ)

OPムービー

 

登場人物

f:id:kanifkdlljdl:20160507123347j:plain

主人公

カイム・アストレア(Caim Astraea)
声 - 大石恵三 / 近藤隆
本作の主人公。幼いころ《大崩落》に巻き込まれ、母親、兄と離れ離れになった。牢獄にたどり着いた後は娼館の下働きとして生き、女顔をしていたことから、いずれは男娼となる予定だった。しかし《不蝕金鎖》の先代に気に入られ、それからは暗殺者として働いてきた。先代の死亡を機に《不蝕金鎖》を抜け、現在は娼館街の用心棒かつ金で働く何でも屋として生きている。無愛想だが、娼婦たちからの人気は高い。
無反射加工のナイフが武器であり、二刀流で戦うほかに投擲用としても使用される。一般に兵士はそれらの変則的な攻撃に不慣れであり、カイム自身の技量もあって数人相手でも簡単に倒せる。
ナイフの扱いに長ける一方で長剣の扱いは不得手のようで、王城でのヴァリアスとの訓練用の剣を用いた手合わせの際には完敗している。
牢獄の厳しい環境を生き抜いてきたことから非常にシビアな価値観の持ち主で、《大崩落》以前は母親に「人間には誰にでも生まれた意味がある」と言い聞かされ育ってきたが、牢獄で人の命がいとも簡単に失われる様子を見続けたことからその言葉とは裏腹に「人間に生まれた意味なんてない」と諦めに近い思想を持つに至った。ティアがよく口にする「運命」という言葉についても懐疑的で、「どうしようもない過酷な現実を前にした人間が自分を誤魔化すために使う言葉」と認識している。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160507123435j:plain

ヒロイン

ユースティア・アストレア(Eustia Astraea)
声 - 森保しほ / 南條愛乃
誕生日 - 3月14日[3](うお座) 血液型 - A型 身長 - 149.6cm スリーサイズ - 79C/54/80 体重 - 39.1kg テーマ曲「Far Afield -ファー・アフィールド-」
羽化病に罹患している少女。上層で貴族の使用人として働いていたが牢獄に売り飛ばされ、娼婦として連れてこられる途中で起きた惨殺事件に遭遇したカイムにより引き取られる。愛称はティア。ユースティアという名前しか覚えていなかったため、カイムによってアストレアの姓を与えられた。
使用人時代は暴力を受けていたせいか、常におどおどとして自主性に欠け、すぐに謝る癖がある。性格自体は明るく純粋で、やや能天気なところがある。使用人生活が長かったため、家事は一通りこなせる。
オフィシャルサイトで行われた女性キャラクターの人気投票では3位にランクインした。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160507123549j:plain

エリス・フローラリア(Eris Floralia)
声 - 篠宮聖美 / 浅川悠
誕生日 - 2月5日[3](みずがめ座) 血液型 - B型 身長 - 158.8cm スリーサイズ - 92E/56/85 体重 - 46.3kg テーマ曲「Una Atadura -ウナ・アタデューラ-」
娼婦街に住む女医。美人ではあるが愛嬌がなく、沈着冷静で無愛想かつ毒舌。古井戸のような瞳が特徴。
娼婦になる直前だった7年前、カイムに身請けされ、カイムの家に住んでいた。医学の知識を身に着けた3年前、カイムから自由に生きろと言われたが拒否。妥協案として現在は別の家に住み、定期的にカイム宅を訪れては炊事洗濯をしている。しかし家事自体はあまり得意ではない。料理の腕は下手だが、薬の調合は上手。
カイムに親しく近づく女性には敵意を見せる。特にカイム宅に住み、自分の代わりに料理を作ることとなったティアは目の敵にし、「小動物」と呼んでいる。
牢獄では唯一の女医であり、娼婦からは信頼されている。腕は確かだが、代金は生活できる程度しか受け取っていない。
オフィシャルサイトで行われた女性キャラクターの人気投票では、得票数がティアを若干下回ったものの4位にランクインした。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160507123720j:plain

聖女イレーヌ(Saint Irene)
声 - 遠野そよぎ / 岡嶋妙
誕生日 - 10月20日[3](てんびん座) 血液型 - A型 身長 - 155.3cm スリーサイズ - 80B/55/82 体重 - 42.7kg テーマ曲「Saint Twinkle -セント・トゥインクル-」
《ノーヴァス・アイテル》唯一の宗教組織「聖イレーヌ教会」、その信仰の頂点に存在する第29代目の聖女。通称《盲目の聖女》と呼ばれ、歴代の聖女の中でも群を抜いた人気がある。上層にある大聖堂の聖殿に住んでいる。本名はコレット=アナスタシア。
先代の聖女が《大崩落》の責を、自らの命を持って償った後、現在の地位に就いた。聖女に即位してすぐに大熱で盲目となったが、聖域ではなぜか眼が見える。信仰心にあふれているが、負けず嫌いなど年相応のところもある。頑固で、一度決めたことは梃子でも動かない筋金入り。神官長とは常に衝突しており、仲が非常に悪い。常に側にいるお付きのラヴィリアには、辛く当たることも多々ある。
学習能力は高く、チェスで同じ失敗をすることはないが、カイムにはいつも負けている。カイムとアイリス曰く、「才能はあるが、手が安直過ぎる」とのこと。
オフィシャルサイトで行われた女性キャラクターの人気投票では、5位にランクインした。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160507123818j:plain

リシア・ド・ノーヴァス・ユーリィ(Licia de novus Yurii)
声 - 海老原柚葉 / 中村繪里子
誕生日 - 8月16日[3](しし座) 血液型 - AB型 身長 - 146.0cm スリーサイズ - 73A/52/76 体重 - 37.7kg テーマ曲「Innocence -イノセンス-」
《ノーヴァス・アイテル》を統治するノーヴァス王家の第一王女。現国王である父ゲオルグ・ド・ノーヴァス・ハドリアヌスⅢが幼少のころより病床に伏しているため、代わりに政を執り行っている。
下々の生活を知りたいと、時々召使に扮し、掃除・洗濯などを自ら行っている。しかし、ヴァリアスに見つかり叱咤されるも突っぱねることも。牢獄で過ごしてきたカイムの話に興味持ち始める。下々の生活が知りたいと言ってはいるが、実際は執政公ギルバルトや堕落した貴族の報告をそのまま鵜呑みにしており、牢獄での実情を全く知らないでいた。
オフィシャルサイトで行われた女性キャラクターの人気投票では得票数が僅差でフィオネを上回り、1位の栄冠に輝いた。

 

f:id:kanifkdlljdl:20160507123937j:plain

フィオネ・シルヴァリア(Fione Silvaria)
声 - 橘桜 / 斎藤佑圭
誕生日 - 11月9日[3](さそり座) 血液型 - O型 身長 - 162.6cm スリーサイズ - 87D/57/83 体重 - 48.9kg テーマ曲「Rain -レイン-」
防疫局強制執行部特別被災地区隊の隊長。羽化病を発症した人々を保護(隔離)し、治癒院へ送る仕事であり、牢獄では「羽狩り」と呼ばれている。清廉な性格の持ち主で、自らの仕事については寸分の疑いも挟まず、常に正論を口にしている。その性格ゆえ、頑固で融通が利かない。住居は下層にある。母は3年前に他界。父は財務局の人間ですでに退官している。兄も元隊長だったが殉職している。
当初は「羽狩り」と呼ばれることを嫌い正式名称である「防疫局」と呼ぶように反論する場面が多々ある。しかし現在の仕事については、完全に割り切れていない。防疫局では周りが男性であったため、防疫局の制服と祭典用の服しか持っておらず、オシャレというものに無知だった。
オフィシャルサイトで行われた女性キャラクターの人気投票では、得票数が3位のティアを大きく引き離したものの僅差でリシアを下回り、2位となった。

 

つづく