泣きたい時におすすめ 感動アニメ「東京マグニチュード8.0」

《あらすじ》
2012年7月21日、土曜日。夏休み初日、中学1年生の小野沢未来は、弟の悠貴のお守りとして、一緒に東京のお台場へロボット展を見に来ていた。最近何かとイライラしていた未来は、「こんな世界、こわれちゃえばいいのに。」とインターネットに書き込む。
その時、マグニチュード8.0の海溝型大地震が発生し、地面が揺れた。レインボーブリッジの崩壊、東京タワーが倒壊するなど、東京が大きな被害を受けている中、未来と悠貴はお台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理の力を借りて、世田谷の自宅へ帰ろうとする。



《感想》
とても現実的なアニメで心から泣けました。
地震の怖さが身にしみてわかりました。

地震への備えの大事さも身にしみてわかりました。
話数も短く、人生の教訓ともなるような素晴らしいアニメです。

ぜひご家族でいっしょにご覧になってください。


東京地震8.0 「悠貴とのかけがえのない日々」

《こんな人におすすめ!!》
本当に感動したい・泣きたいときにぜひ見てほしいアニメ!
アニメではありますが、地震の恐ろしさがわかります。
若い方から年配の方までぜひご覧ください!!

《登場人物/声優》
小野沢 未来:花村怜美
小野沢 悠貴:小林由美子
日下部 真理:甲斐田裕子
小野沢 誠司:中博史
小野沢 雅美:井上喜久子
古市 匡司 :青野武
古市 美佐子:望木祐子
川崎 彩  :野中藍
日下部 ヒナ:山口愛
日下部 和代:水落幸子

○東京マグニチュード8.0【全5巻】
巻数 初動  発売日
01巻 *,509 09.10.28

東京マグニチュード8.0 コンプリート DVD-BOX (全11話, 275分) アニメ [DVD] [Import]

新品価格
¥26,846から
(2016/5/6 12:30時点)


レビュー(アマゾンレビューより)
最終話がとてもよかった、作り手の方々に拍手。
初めは防災の意識を自分の子供たち(小3、年長)にもわかってもらおうと購入しました。

こちらの輸入盤の方が価格が安く、日本語音声が選べるので字幕はイタリア語ですが問題なく見られます。

リアルな内容、子供の兄弟が主人公、ということで、11話も震災後の内容をどのように描いていくのかな・・・と

シナリオ的にどう表現するのか、素朴な疑問がありましたが、最終話を見たらそんな心配はふっとびました。

間違いなく素晴らしいドラマです。もうアニメの域を超えている、と言いますか、最上級のアニメってこんな感じですね。

シナリオもテンポもキャラも音楽もすべてが一体化。その一体化はやがてパワーを帯びて訴えかけます。

確かに震災のことがテーマですが、底に流れているテーマは、

災害そのものが人にもたらす影響、そして、その影響をどのように受け止め前へ進んでゆくか、

その具体的な一つのものがたりを確実に描いているため、そこから派生し、実際に観る人の想像にまかせることで、個々に強烈なメッセージ
として

まさに自分が経験したかのような体験をしたような気がいたしました。

小3の息子と主人、私は最終話に号泣、年長の子も涙をためていました。

これは、震災で直接的に悲しい思いをしたことのない人全てに観てもらいたい、家族で見ると余計に

共感が増します。

観る前は、震災を描いたマンガなんて・・・とイヤイヤだった自分を恥じます。

これほどの力作を作られたアニメーション作り手の方々に敬意を感じます。