マスク依存症…マスク女子の心の闇が深そうだと話題に…

マスク依存症

f:id:kanifkdlljdl:20160114104543j:plain

マスクは保湿や喉のために良いと思われがちですが、実は不衛生な環境になりがちであることはあまり知られていません。また、実はマスクが手放せなくなっている場合、コンプレックスを隠す、他人との会話が苦手、表現が下手などの、他人との接触を避ける心理的な壁となっていることがあります。そういったものが一般的にマスク依存症と呼ばれています。

 

 伊達マスクの経験について、10代~70代男女の全体が14.8%であるのに対し、20代以下の女性は41.2%。

 

なんと20代以下の女性は3人に1人以上は伊達マスク経験あり!

 

f:id:kanifkdlljdl:20160114103449g:plain

 

マスクをする主な目的は?

目的の、第1位が「スッピンを隠すため」。第2位は「顔の保温」や「肌の保湿」のため、そして第3位は「小顔に見せるため」だったとのこと。マスクをアゴにズラしてつけると、顔のラインが見えなくなるため、小顔に見えるというのです。

 

「マスクで顔が覆われて目だけ出ているので目がうるんで見えて、キュンとします。元々顔が小さいコだと、さらに小動物っぽくてかわいい!」(30歳/美容師)

 

マスク姿の女子を目にすると、守ってあげたいと思える本能が働き、その女子を可愛いと思ってしまうのです。

 

顔が半分隠れることにより、目の大きさが強調され、マスクを着けている女性はかわいく見えるという男性意見が寄せられました。

f:id:kanifkdlljdl:20160114104733j:plain

 

マスクをする主な目的の裏で働く心理

マスクを付ける心理的背景には、人の視線を避けたい、自信がない、他の人とうまく話せない、マスクがあると安心する、接触されにくい、視線が気になる、などが隠されています。

 

(マスクがないと)人前で極度に緊張する、他人の反応に敏感になる、自分の視線が相手に不快感を与えるという恐怖を抱く、他人の視線が怖くなる、といった 他者との関係における心理的状態から、身体的症状として発汗、震え、筋肉のこわばり、動悸が表れてくることもあります。これらは「社会不安障害」の症状で ある可能性も考えられます。

 

「伊達マスク」の利点としては、コンプレックスをカバーするための心理的な壁(バリアー)を意識的に作り出し、心理的な安定を図れることの他に 顔を隠す物理的な効用があります。

 

マスクは顔の半分以上を覆ってくれますので、コンプレックスを隠すにはもってこいのアイテムだということです。

 

若者世代には「人と話さないで済む」「顔を見られずに済む」という声もあるのだとう。

 

マスク女子=かわいいというイメージがハードルをあげているという意見もある。

 

マスクで顔を隠していると、たしかにコンプレックスからは解放されるかもしれません。しかし、コミュニケーションをとりたい相手に、一番魅力的な表情「笑顔」を見せることができないのです。

f:id:kanifkdlljdl:20160114104931j:plain

 

肌によくないらしい・・・

ずっとマスクをしていると、肌がマスクでこすれてしまいます。
特に乾燥肌の方にとってはこれがニキビを増やす原因になってしまいます。

 

自分の出す息で蒸れることによって、保湿効果が期待できるわけですが、蒸れすぎると皮脂の分泌が盛んになり、最近が増殖してしまいます。これによって、ニキビができやすくなってしまう恐れもあります。

 

病気のリスクもある

マスクを外すことに強いストレスを感じるようになり、強い不安感を感じてしまうのです。こうした心理機序を考えると、一種の不安障害と言ってもいいかもしれません。

 

現実の世界から逃避する引きこもりやアルコール依存症の心理と良く似ています。その先にあるのは、極端にいえば、うつ病や自殺、薬物中毒、アルコール依存など自分と社会を断絶するしかなくなるような最悪の危険性です。

 

いつでもどこでもマスク外せない人は注意したほうがいい

 

不安なことがあるなら,マスクをつけるのではなく不安を対処する方法を考えよう。

 

一度使い始めると、便利でなかなか手放せなくなってしまうマスクですが、用途に応じて正しく使用することが大切です。

 

マスクをしないことによってニキビがよくなるかもしれませんし
病気かな? などの印象を与えるよりは
元気なイメージになって見た目の印象もよくなると思いますよ。

 

「マスクをしているだけでいいなら、それでもいい」のではなく、その背景にある、ストレスや不安というものをきちんと見てあげてください。

 

参考サイト