ケジメとらんかい! ベッキーを潰したゲスの極み乙女。川谷絵音、業界追放も!?

f:id:kanifkdlljdl:20160113120335j:plain

 ベッキーとの不倫交際疑惑が持ち上がった人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が“業界追放”の危機 に直面しそうだ。7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で明らかになった2人の不倫交際。当の本人たちは「友人関係」と釈明しているが、同誌では2人の生々 しいLINEのやりとりやツーショット写真など“動かぬ証拠”が完全掲載されている。

 好感度タレントから転がり落ちたのはベッキーで、抱えるCM10本、レギュラー番組10本は絶望的。損害額は「軽く5億円以上」(代理店関係者)というからシャレにならない。

 他方、好感度より楽曲やライブパフォーマンスが評価される音楽業界においては、川谷のダメージはベッキーほど深刻ではないと見られているが……。

「いやいや、それは業界が許さないでしょう。ベッキーは所属事務所サンミュージックの稼ぎ頭で、他の芸能プロの重鎮からもかわいがられている。それを台無しにしたのだから、相応のケジメが求められます」(芸能プロ関係者)

  既婚者であることを告げずにベッキーに近づき、文春記者に妻のことを聞かれ「友達です」と即答するあたりは、まさに“ゲスの極み”。音楽関係者によると 「川谷が昨夏に一般女性と結婚したことは、バンドメンバーも知らなかったそうだ。メンバーに知らせると、お目当ての女性に結婚の事実が漏れ伝わる可能性が ありますからね。かなり悪質です」。

 業界では川谷に対し、なんらかの処分を求める声が上がっており「最悪の場合、バンドは解散。川谷は業界追放になるかもしれません」(同)という。

 13日には新アルバム『両成敗』(ワーナーミュージック・ジャパン)をリリース。3月からはワンマンツアーもスタートするが、今後の展開によっては中止もありうる。まさに「両成敗」でなくてはならないのが、業界のおきてなのだ。

 

 ソース

 

業界から追放・・・

それ以前にこんなふざけた男が作った音楽など心から聴きたいと思う人がいるのか?

今は興味本位でこの男の曲を聴く人が増えてるだけ。

時間の経過とともに確実にこの男の曲を聴く人は減っていく。

そうなれば自然とこの男は業界から消えていくのではないか?

あの小室哲也でさえ一度ついたマイナスのイメージを消すことがいまだにできていない。この男に小室哲也ほどの才能があるとは思えない。

この男は確実に消えていく。

僕はそう思う。