人はなぜ老化するのか?さまざまな老化学説を紹介

●さまざまな老化学説

人は生き続けていれば必ず老化する。これは真理である。

 

人はなぜ老化するのか?
その疑問を解明するためにさまざまな実験や研究が行われてきた。現在も行われている。

 

だが、その疑問の明確な答えは、いまだ見つかっていない。

 

だが、現在一定の支持を集めている説はある。

 

その説を紹介しようと思う。
 

続きを読む

深層的自己価値感は児童期初期に形成されてしまう!?

●自己価値観とは「自分は価値ある存在」という感覚

自己価値感とは、「自分に価値があるという感覚」のことです。

 

自分の中に劣った部分があっても、未熟なところがあっても、幼稚なところがあっても、不完全なところがあっても、醜いところがあっても、自分は価値ある存在だ、という感覚です。

 

自分は「価値ある存在でこの世界に存在している価値のある人間だ」という感覚です。

続きを読む

グレープフルーツで薬が効きすぎることがある!?

f:id:kanifkdlljdl:20170722214632j:plain

血圧降圧剤を出されたとき主治医から、
「この薬を飲むときは、グレープフルーツは避けて」
と言われていた。

 

それなのに、すっかり忘れて夕食のデザートにグレープフルーツを1個ペロリと食べてしまった。

 

その後、急に体調が悪くなってしまい、あわてて病院へ。
診察を受けると「血圧が下がりすぎ」と診断された。

続きを読む

恐るべきコンビニの陳列ロジック!ついつい衝動買いしてしまう理由

弁当と飲みものがコンビニには最重要

コンビニのお客は高確率で飲みものを見る

高確率で見てもらえる飲み物を一番奥に置いおけば、その通り道すべての商品を見てもらうことができる。見てもらうことができれば買ってもらえる可能性が高くなる。弁当が奥にある理由のも飲み物とほぼ同じ理由。

f:id:kanifkdlljdl:20151231113441j:plain

 

購入率の高い弁当と飲みものの2つの棚の間に、惣菜やデザートなどのサイドメニューを置くと、サイドメニューの購入率が高くなる。

f:id:kanifkdlljdl:20151231112906j:plain

 

飲みものの前進立体陳列は、商品がいくらでもあるような量の多さを感じさせることができる。商品が多いと感じるとここにくればいつでもこの商品を買えるという安心感を購入者に与えることができる。

f:id:kanifkdlljdl:20151231112200j:plain

確かにこれだけの商品があればいつ来ても買えるという安心を感じることができますね。

 

続きを読む

食べすぎは肥満のもと!食べすぎを抑える方法を紹介

食べすぎを抑える方法

方法1、ストレスを溜めすぎない

ストレスが溜まると過食しやすくなります。ストレスが溜まると感情的になりやすくなるからです。感情的になると欲望をコントロールするのが難しくなります。そのため過食しやすくなってしまうのです。

 

ストレスが溜まると、
ああ、イライラする。
むしゃむしゃバリバリ!

という感じに食べ物を食べてしまいやすくなります。

ストレスが溜まれば溜まるほど食べてしまいやすくなります。

 

だからストレスを溜め過ぎないようにしましょう。

 

続きを読む

睡眠不足(睡眠負債)による健康被害

睡眠負債とは?


日々の睡眠不足が借金のように積み重なった結果、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態のこと。

 

つまり、睡眠不足が積み重なることによって、肉体的精神的に健康を害するリスクが高まること。

 

具体的には睡眠不足のせいでうつ病になったり、糖尿病になったりするリスクが高くなってしまうこと。

 

それを睡眠負債という。

 

続きを読む